ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

永代供養のメリットとは?お墓を決めるなら知っておきましょう。

お弔いに関する人々の考え方はその時その時の世相などを反映するものです。
そうした中で近年注目を集めているのが、永代供養です。
これは、少子高齢化・核家族化といった我が国における社会状況が影響しているものと考えられています。
 
 
従来、故人に対する供養は家単位で行われるのが一般的で、亡くなった人の子や孫などがお墓を守り、僧侶等を招いて自ら法事を主催して代々その役目を引き継ぐという形式をとっていました。
これに対し、永代供養ではお寺や霊園といった施設の管理者が、埋葬されている故人の供養を永代にわたって行います。
従来の形式であれば万が一子孫が絶えた時は供養する人がいなくなってしまい、そのお墓が無縁となってしまうおそれがありました。
しかし、永代供養であればこのような心配は要らなくなります。
つまり永代供養を選択すれば、子孫にとって負担が軽くなるというメリットがもたらされるわけです。
 
 
代々お墓を守り続けることは、かつては当たり前のこととして行われてきました。
しかし、現代においては必ずしも簡単ではありません。
進学や就職等によって移動が頻繁になり、先祖伝来の土地から離れた場所に暮らすという生活スタイルは今やごく普通のことになっています。
そうした人たちにとっては、遠隔地のお墓を維持管理していくことは決して容易ではありません。
かといって、引越しのたびに改葬するというのも手間がかかり過ぎて現実的ではありません。
また、子孫を絶やさないということが結婚や出産といった人生のイベントに対して心理的なプレッシャーを与える可能性もあります。
 
 
しかし家族に代わって末永く供養を行ってくれる者を確保することができれば、子孫は物理的・心理的な負担から解放されることでライフスタイルの自由度を高めることができます。
そしてこのことは、いずれは供養される側に回る自らの「子孫に面倒をかけたくない」という心理的負担をも軽くしてくれることとなります。
 
 
また、経済的なメリットについても見逃すことはできません。
永代供養には、個別のお墓を建てる以外にもさまざまな埋葬形式があります。
個別のスペースを持つものの、他の故人の遺骨と同じ施設の中に安置される「お墓の集合住宅」とでもいうべき納骨堂型や、遺骨を一緒に埋葬する合祀型などがその具体例です。
こうした埋葬形式であれば、独立した墓地区画を確保し、お墓を建立するよりも低廉な費用で埋葬・供養を行うことができます。
施設によっては、生前に自ら申し込み、費用を前払いすることで子孫に経済的な負担をさせないようにすることも可能です。

永代供養のデメリットを一般的なお墓と比べながら解説します。

寺院や霊園が遺骨の管理、供養を行ってくれる永代供養は、遺族やお墓の後継者にとってメリットしかないと思ってしまいがちではないでしょうか。
しかし、どんなものでもメリットばかりだということはありません。
そこでどんなデメリットがあるのか事前に知っておくことで、後悔することの無いお墓選びができるはずです。
 
 
永代供養墓の多くは合祀墓になりますので、一般的なお墓のように我が家だけのものだという感覚が持ちづらいことはデメリットの一つだと言えます。
墓石やその周辺を綺麗に掃除し、お花を活けたり線香を供えたりといった一般的なお墓参りをすることは難しく、出来ない場合が多いので注意が必要です。
お墓参りは、遺族にとっては故人を思い出して懐かしむ大事なイベントでもありますので、一般的なお墓参りが出来ないことに抵抗がある場合はあまりおすすめ出来ません。
 
 
永代供養墓は合祀墓であるため、見ず知らずの家族ではない人の遺骨と一緒に納骨されるということでもあります。
寺院や霊園によって合祀されるタイミングは異なりますが、17回忌や33回忌などを目安に合祀されることが多いでしょう。
そうなると合祀後は遺骨を取り出すことが出来ません。
合祀後に「新しいお墓を作ることにしたから」などという理由で遺骨を取り出したいと思っても、取り出すことができないことは、最大のデメリットだと言っても過言ではありません。
一度合祀されてしまっては、遺骨をどうすることも出来ないということを頭に入れておきましょう。
 
 
お墓参りが出来なかったり、遺骨を取り出すことが出来ないなどの理由から、家族や親族の同意を得ることができないデメリットもあります。
いくら便利だとは言っても、先祖代々続いてきた大切なお墓を放棄するような状況になってしまうので、抵抗感を持つ人は少なくありません。
まだまだお墓と言えば、家族や親族だけのプライベートなものだという感覚を持っている人が多いので、永代供養墓を選ぶ際は、家族や親族の同意を得ておくことが必要不可欠です。
独断で決めてしまっては、後々トラブルになることは容易に想像することが出来ます。
 
 
永代供養は今後少子高齢化社会を迎える日本にとって、必要不可欠な供養の方法とも言えますが、このようなデメリットもあります。
一般的なお墓とどちらにするか悩ましいかもしれませんが、家族や親族とも相談し、熟慮してからの決断が大切です。
お墓は誰にとっても大切なものですので、家族間でトラブルになったりして後悔することの無い供養の方法を選びましょう。

永代供養をするうえで知っておくべき注意事項とは?

ライフスタイルの変化や少子高齢化が顕著な現代社会では、あらゆることにおいて一昔前とは変化が起きています。
お墓も間違いなく、そうした変化が現れているものの一つだと言えるでしょう。
先祖代々守り継がれてきたお墓も、少子化で後継者がいなくなってしまった場合は少なくありません。
後継者がいても生まれ育った土地から遠く離れた場所に住んでいるなどして、日常的にお墓の管理が出来ないということはよくあります。
 
 
そのため近年注目を集めているのが、永代供養です。
寺院や霊園が代わりに供養してくれますので、後継者がいない場合や子孫にお墓の管理の負担を負わせたくない方には特に人気を集めています。
良いところばかりに目がいきがちですが、注意事項もありますので事前に必ずチェックしておくことが大切です。
 
 
まずは永代供養の埋葬方法は大きく分けて、一般的なお墓のように個別型のものと最初から合祀されるものがあります。
個別型のものは一般的なお墓のようなプライベートな感じがあるので人気ですが、個別型を選んでいても17回忌や33回忌、50回忌などに合わせて合祀される場合が非常に多いのが実状です。
そして合祀後に遺骨を取り出したいと希望しても、それは出来ませんので注意しましょう。
後から改葬や分骨を希望しても、遺骨を取り出すことが出来ないということは最も重要な注意事項だとも言えます。
 
 
永代供養は遺族にとっては安心感のある埋葬方法であるため、あまり深く考えずに決めてしまうこともあるかもしれません。
けれどお墓には違いがありませんので、設備の充実ぶりや料金ばかりに目がいきがちですが、まずは寺院や霊園の宗旨や宗派を確認することは欠かすことができません。
近年は宗旨・宗派を問わない永代供養墓が増えてきていますが、特定の宗旨や宗派の信徒だけに限っているところもありますので、宗教に関わる条件の有無は一番に確認しましょう。
 
 
永代供養をして貰えれば、遺族はお墓に行く必要は無いと思ってしまいがちですが、決してそのようなことはありません。
確かに一般的なお墓のように、こまめに掃除などをして管理する必要はありませんが、納骨の際や法事の際などで、何度か訪れる必要があるはずです。
そのためただ景色が綺麗だから、設備が整っているから、という理由であまり遠方の場所を選んでしまうと後々大変になります。
特に法事では家族親族が集まりますが、遠方であったり行きづらい場所であれば不満が出て来やすいものです。
アクセスのしやすさも非常に重要だということを頭に入れておきましょう。

永代供養のお布施にはどれくらいの値段がかかるの?

現在はお墓を持たない人が増えています。
理由は子供世代が結婚をしていないことや、孫がいないことなどが挙げられますが、それだけではなくお寺との付き合いを避けたがる傾向があることも事実です。
 
 
菩提寺がある場合はお盆にお彼岸に年末年始に、お布施やお寺の手伝いをしなくてはいけません。
そうしてお寺を支えながら先祖供養をすることを、日本は伝統にしてきました。
しかし核家族化が進み、住宅事情などもあって出身地から遠く離れて暮らすこともめずらしくなくなりました。
お寺まで車で2時間以上かかる場所に住んでいるなど、交通の問題もあって菩提寺の手伝いやお墓参りが疎遠になってしまう例もあるでしょう。
 
 
そんな現在ではお墓を墓じまいして、永代供養に切り替える家庭が増えています。
遠くの菩提寺ではなく、公共交通機関で通える永代供養に切り替えることにより、自分自身も残された家族への負担も減るのです。
お墓に比べればリーズナブルな価格もあり、新たに墓地を購入する場合も永代供養を選択肢にするケースが増えてきています。
 
 
さて永代供養にはどれぐらいの費用がかかるのでしょうか。
これはその土地や宗派によってもまちまちなのが正直なところです。
一律の値段というわけにはいきません。
しかし大体の相場があり、20万円から100万円ぐらいまでの費用帯が一般的なようです。
自分が眠りたいというお寺を見つけたら、運営企業やお寺に問い合わせをして詳細を聞いてみることが重要です。
 
 
実際にお寺に足を運ぶことでイメージがより明確になります。
運営会社の従業員の人柄や、宗派の特徴と住職の人間性などを知ることが出来るでしょう。
 
 
永代供養にはいくつかのタイプがあります。
墓石安置型や個別安置型などの個人をそれぞれに納める個別型と、集合安置型や合祀型という集合型の供養方法があります。
お寺によっては供養方法を選べるようになっていますが、通常は集合型の供養方法が一般的となっております。
 
 
それぞれのメリットがありますが、共通するメリットはお寺や運営会社に供養と管理を任せられることです。
宗派や宗教を問わない場所が多いために、誰でも安心して申し込みが出来ます。
交通の便が良いことが多く、公共交通機関を利用してお参りすることが出来ます。
駅から離れた場所にある場合は、送迎バスなどが用意されていることが多いのも特徴です。
 
 
お墓に対してこだわりがない場合や、子孫に対しての負担を掛けたくない場合など、一度検討してみることがオススメです。
いくつかのタイプがあり、値段も様々なために、よく調べてから実際の購入をしてください。

永代供養ではどのタイミングでおよそいくらの費用がかかるの?

かつてはご家族のどなたかが代々お墓を守る役割を担当し、建立するための費用や管理費、お掃除などのお手入れ、節目節目の供養を行うのが一般的でした。
しかし、昨今では核家族が進んだりライフスタイルの変化から供養に対する考え方も大きな変化を見せており、永代供養を検討する方が増えています。
 
 
永代供養は原則として初回の手続きを行えば、ご家族による管理費の支払いやお手入れの必要もなく、管理会社の方でお掃除をしてもらえるだけではなく、お経をあげてもらったりお参りの代行をしてもらうことも可能です。
以前は檀家さんのみしか受け付けていない、あるいは申し込みを期に檀家さんになることが条件である施設が多い傾向にありました。
最近では宗派宗旨問わず受付をしているサービスが増えています。
 
 
そんな永代供養はど、もしも遺言が残されていたのならそれが最速のタイミングと言えます。
自身がこの世を去った後に残された家族に費用面はもちろんのこと、わざわざ墓地まで足を運ぶような手間を掛けたくないという考えから遺言で永代供養をするように一言残す方もいらっしゃいます。
もうひとつは元々は一般的なお墓を用意していたが少子高齢化などの問題から、お墓を守るのをお願いするご家族やご親族が居ない場合はその後の世代の方に負担をかけないために永代供養に切り替えるケースもあります。
 
 
そこで費用がいくらかかるのか気になるところです。
金剛宝寺では供養代、戒名、施設使用料、管理費などすべて込みで初回に支払う金額が約40万円で、その後一切の費用は発生しないシステムです。
また、オプションサービスも提供されており、遠方に住んでいるご家族でもまるですぐそばに居るかのように供養することが可能です。
 
 
お経は施設内で定期的にあげる他にも、命日やご家族の思いのある日など特別な日に別途お経をあげたり、お墓参りの季節にどうしても用事があって行けない場合はお墓参りの代行サービスがあり、ご家族に代わってお墓のお掃除をして故人が好きだった食べ物などのお供え物を供えたり、心を込めたお参りを致します。
 
 
実際にお参りをしてきたことをご家族の方に報告するために、インターネットの動画配信サイトでライブ中継を実施するほか、撮影した動画をDVDにしてお渡しすることも可能です。
これらのサービスは代行を依頼するごとに個別の料金が発生するケースが多い中で、金剛宝寺では初回にお支払い頂いた料金のみでこれらのサービスをご提供しているため安心してご利用頂けます。

永代供養の相場をお墓や形式の違いから紹介

永代供養を考える場合、気になるのは金銭的なところでしょう。
今回は永代供養の方法と金額を、それぞれの形式から紹介していきます。
 
 
もしあなたの家にお墓がある場合、お墓の処分も含めて考えなくてはなりません。
この場合は離壇料というお寺に対して支払う費用と、お墓から魂を抜く閉眼供養のお布施が、そしてお墓の処分費用がかかります。
また、市区町村の役場で「改葬許可書」が必要になるのでそれも準備しましょう。
この相場としては、離壇料には相場などはありません。
お墓の処分費用の相場は1平方メートル当たり10万円ともいわれていますが、地域差が激しい傾向があります。
 
 
気をつけたいのが離壇料です。
実は寺院によっては多額の離壇料を請求されることもあり、これがトラブルになりやすいでしょう。
もし100万円以上の高額を請求された場合は気をつけてください。
閉眼供養のお布施については10万円から20万円が相場です。
また、人数や規模、お寺との付き合いによって考えていいかもしれません。そのほか、
ご供養のために来ていただいた場合はお車代を包むのも気遣いです。
 
 
一方、お墓がない家の永代供養には方法がいくつかあります。
ひとつは色々な人と一緒に供養される、合同墓です。
もう一つは自分だけの墓や夫婦だけの墓などを持つ、個人墓・夫婦墓でしょう。
 
 
基本的にいろいろな方法があるものの、相場から考えると安いのが合同墓です。
自分だけのお墓というものはありませんが、こちらなら10万円から20万円程度の金額で済むでしょう。
合同墓の場合は自分だけのお墓ではないのです。
代わりに、その分色々な人が参ってくれるというメリットがあります。
また、納骨時に骨を混ぜてしまう「合祀」の方が安くなりますが、お骨を二度と取り出せないなどのデメリットもあるのです。
 
 
一方、自分だけのお墓や夫婦墓の場合、墓地を借りる利用料などがかかり、全体的に高額になる傾向があります。
この場合はお墓そのものの費用や土地を借りる利用料などが発生し、おおむね200万円ともいわれているのです。
ただし、場所や区画を選ぶ、寺院ではなく公共の墓地を借りるなどすることで、費用を抑えることもできるかもしれません。
大規模な物よりも小規模でささやかなものにすると、比較的安く済む傾向があります。
 
 
一般的に、費用が安いものはその分シンプルに粗末になってしまう傾向があるのです。
また、意外な点が至らなくなったり、葬式で困ったことが起こる可能性も出てくるかもしれません。
特に永代供養の場合は期限を区切ったり、割り切りが必要な場合も少なくないのです。

永代供養において利用されるお墓、その種類とは?

永代供養の種類とは、遺骨がどのように納骨されるかによって異なります。
例えば、合祀型であれば他の人の遺骨と一緒に納骨されます。
管理者が一括で管理することが出来ることや土地の面積も一般的なお墓に比べて少ないため、費用が安い特徴があります。
ただし、他の人の遺骨と一緒に納骨されているため、後々遺骨を取り出したいと思っても取り出すことは出来ません。
移動させることも難しいため、注意が必要でしょう。
 
 
次に個別型です。
合祀型とは異なり、遺骨を個別に管理してもらうことが出できます。
納骨堂などはこのタイプに分類されています。
納骨堂の場合、個別にお墓を建てるということは少なく、専用の場所で管理されることがほとんどです。
また、契約期間というものが定められていることが多く、この期間終了後には他の人の遺骨と一緒に納骨される可能性があります。
契約期間が終了する前に契約を更新することにより、個別に管理し続けてくれるところもありますので、事前に確認をすることが必要です。
費用は管理の方法や場所によって大きく異なります。
 
 
納骨堂にもいくつかの種類があります。
専用のカードを機械に通すことで遺骨がお参りスペースに移動してくるタイプ、遺骨を複数同じスペースに収蔵することが出来るロッカータイプ、位牌と遺骨が別のところに配置されているタイプ、上段は仏壇・下段は遺骨というように分かれている仏壇タイプがあります。
納骨堂のほとんどは屋内型なので、天候に左右されること無く参拝することができますし、全ての管理を任せる事ができるメリットがあります。
都心ではアクセスの良いところにあるということも特徴として挙げられるでしょう。
 
 
お墓と聞くと、先祖代々というイメージがあります。
しかし実は、お墓を建てた故人が一人だけで入る個人墓があります。
お墓を受け継ぐ必要はなく、契約期間もない事がほとんどです。
夫婦二人だけが入る夫婦墓と呼ばれるタイプもあります。
こちらも個人墓と同様に契約期間が無いことが多いようです。
ただ、お墓を建てるための費用は一般的なお墓を建てるのと同等もしくはそれ以上になることもあります。
 
 
近年、人気を集めているものとして、樹木葬があります。
これは、その名の通り樹木の下に遺骨を埋葬するものです。
お墓を建てるわけでは無いため、費用を安く抑えることができます。
また、お墓を建てるのではなく、散骨という方法も永代供養のひとつとして分類されることが多いです。
海洋散骨だけではなく、故人に縁のある場所や山、宇宙などに散骨をする場合もあります。

永代供養とはどのようなものか、その方法について解説

永代供養とは遺族や親族がお墓を引き継ぐことが出来ないときに、遺族や親族の代わりに霊園や寺院が故人を供養したりお墓を管理してくれたりすることです。
家族や親族がいない方や、お墓のことで家族に迷惑をかけたくない人は、このような方法を選ぶのも良い方法の1つになります。
 
2019217125234.JPG
 
遺骨を永代供養で埋葬することを選ぶと祖先や自分の遺骨を供養するのを霊園や寺院に委ねることになる訳です。
ですのでどのような方法で供養されるのかが、気になるという人は少なくありません。
どのように供養されるのかを知っておくことで自分にとって適しているかどうかを判断する基準にするのも良い方法です。
 
管理している霊園や寺院、宗派により永代供養で遺骨を供養する方法は色々違います。
法要を毎月執り行ってくれるところもあれば年2回のお彼岸とお盆の法要を執り行うところもあるのです。
そして遺骨を骨壷で個別に安置して供養してくれる霊園や寺院では3回忌や17回忌など仏教の節目になる法要を執り行っている場合もあります。
この回忌法要を執り行ってもらうときには霊園や寺院に対して、お布施を別途支払うことが必要です。
 
ちなみに永代供養は幾つかのタイプに分類することが出来ます。
自分や先祖の遺骨を安置することになるため永代供養で遺骨を埋葬するときは各タイプの特徴を理解しておき後悔しないようにすることが必要です。
 
合祀墓は共同で遺骨を埋葬しますが、共同とは親族とだけではなく他人と共同で埋葬されることになります。
ですので合祀墓に一度埋葬してしまうと、他人の遺骨と入り交じるので特定の遺骨を取り出すことが出来ません。
 
納骨堂とは遺骨を安置することが可能な屋内の施設のことを指します。
ですので納骨堂では遺族ごとに場所が確保され同じ場所に遺族の遺骨を納めることが可能なことが多いです。
 
集合墓は大きな1つのお墓に遺骨を納めます。
故人ごとに遺骨を別々の場所に納めるため、合祀墓とは異なり故人の遺骨を取り出すことも可能です。
大きなお墓が中央に設けられていて、その周辺のエリアを区画で分けている場合が一般的となっています。
集合墓は一定の期間を過ぎると、他の故人の遺骨と一緒に埋葬される訳です。
供養は遺骨を管理している霊園や寺院が法要を執り行いますが、法要をいつ行うのかは管理する霊園や寺院によって異なります。
 
個別墓は見た目上は普通のお墓と同様ですが、納骨してから事前に決めておいた期間が経過すると、原則として他の故人の遺骨と共同で埋葬されるため要注意です。
お墓への参拝は普通のお墓と同様に参拝することが出来ます。(スタッフ)

共同であることで生じる永代供養のデメリットって?

永代供養は、共同墓で供養してもらうシステムになっています。
アクセスのよい場所にあったり、個人墓と違ってお墓の管理をする手間がかからないメリットがありますが、デメリットも認識しておく必要があります。
 
2019217125141.JPG
 
まず、最も懸念すべきデメリットが、他の遺骨と合祀されて取り出せなくなるという点です。
遺骨を個別に管理してもらうことができないので、もし永代供養墓を利用するのであればきちんと親族で話し合っておかないと、トラブルになってしまう可能性があるでしょう。
 
ただし、合祀されるタイミングはそれぞれ異なります。
33回忌や50回忌などとしているところもあれば、管理する期間は相談で決める形になっているところもあります。
こちらについてもどのくらい分骨管理してもらうかを考えて、共同墓を選んでいきましょう。
最近はホームページやパンフレット等で永代供養を運営している霊園が詳細を説明しています。
また、直接電話やメールでの問い合わせにも対応しているため、それらを基にして正確な情報を集めておくべきです。
 
親族の理解を得にくい点もデメリットかもしれません。
確かに最近は弔い方の多様化によって、永代供養自体が増えてきています。
しかし、まだまだ伝統的な家のお墓に入るという考え方を持っている人も少なくなく、これを受け入れてもらえないケースも考えられます。
自分の入るお墓を共同墓にしたい場合は、しっかりと残される家族や親族のことも考えつつ、理解をもらえるように説得していく必要があるでしょう。
すでにあるお墓を移すケースでも、移したい側が他の親族をしっかりと説得していかなくてはなりません。
 
管理の仕方は運営元によって多様なので、しっかりと確認しておきましょう。
個人墓で弔うことのできるところもありますが、いずれにしても期間は定まっています。
永代という言葉が入っているため、未来永劫と思ってしまいがちですが、これはそういう意味ではありません。
前述のとおり、一定期間を経過した後は合祀されて一緒のお墓に管理されるようになるわけなので、その辺は事前にきちんと理解しておかなく必要があります。
 
費用は個人墓を建てるよりはかかりません。
ただ、初めから合祀されるタイプと分骨するタイプでは、後者の方がコストがかかる分費用が高くなっています。
もちろん、個人の墓石を購入するよりは安いので、比較すれば安いといって問題はありません。
あとは、運営元次第で料金は変わってくるので、様々な事情と料金を加味して、どこを選ぶべきかを考えておくと良いです。
ネット上には多くの情報があり、参考になります。(スタッフ)

手間の削減にもつながる?永代供養のメリットについて

永代供養とはお寺や霊園などにご遺骨を預けて供養や管理を委託するもので、ライフスタイルや供養に対する考え方の変化に加えて、少子高齢化や核家族化によりお墓を引き継いでくれる家族や親族がなかなかいないなどの事情から新たな供養方法として選択する方が増えています。
 
2019217125036.JPG
 
また、自分が死亡した後に残されたご遺族に迷惑を掛けたくないと言う思いから、遺言状にもしも供養が必要になった時には永代供養にして欲しいと記すケースや、生前に既に契約を済ませていたり費用を積み立ててあるケースもあります。
そんな永代供養のメリットは何と言っても日頃のお墓の管理をお寺や霊園に任せることができ、お掃除からお供え物の用意はもちろんのこと、節目にはお経をあげて頂けます。
したがって、ご家族の方がお墓参りをすることが無くても無縁仏になることが無いのも重要な要素です。
 
一般的にお寺や霊園に埋葬する場合は家族や親戚の方が訪問して掃除をしたり、お供え物を備えたり、お坊さんにお経をあげてもらうために依頼するなど煩雑な手間や費用が発生します。
その一方で一旦契約してご遺骨を預ければ、ご遺族の方はお墓の管理や現地に訪問する必要も一切無く、お寺や霊園、管理会社などが行ってくれる手間の大幅な削減にもつながります。
費用面では最初に一括払いをしてその後一切の費用が発生しないケースや、月額払いをするケースもあります。
手続きと埋葬を済ませたら、あとは自身の都合が良いときに訪問して手を合わせたり、親族の方が集まれた時や故人の命日などに依頼すれば別途お布施を支払ってお経をあげてもらうことも可能です。
合同墓に合祀して頂くケースでは既に用意されているお墓に埋葬するため、お墓の購入代金や区画の使用料なども必要ありません。
 
昨今の少子高齢化による人口減少から宗派や宗旨に限定してしまう利用者が極度に減ってしまうという現状や、宗教の理念から全ての方へ手を差し伸べるという意思もあり、ここ数年で多くの永代供養墓は宗派や宗旨を問わないことを宣言しており、他の宗派や宗旨の方、無宗教の方でも利用することができます。
ただし、一部には以前からの檀家さんしか受け付けていなかったり、契約時に檀家に入ることが条件になっているケースもあるため、あらかじめ確認しておきたいところです。
また、永代供養を受け付けているお寺や霊園では葬儀会社と提携するケースが増えており、個別に直接申し込むのと比較して柔軟なプランが提供されていたり割引サービスを受けられる場合もあり、積極的に利用したいところです。(スタッフ)
ページ上部へ