ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

永代供養のデメリットと対策としてできることとは?

「永代供養を検討しているけど、どんなデメリットがあるのだろう?」
「デメリットの対策方法はあるのか?」
など、永代供養のデメリットについて懸念を抱いていませんか?
 
本記事では、永代供養のデメリットと対策としてできることについてお伝えします。
 
2018122410718.JPG
 
□永代供養とは
永代供養とは、霊園や寺院がお墓の管理を行ってくれるものです。
近年日本では、核家族化や少子高齢化が進行していて、代々受け継いできたお墓を管理できなくなってしまうようなケースが増えてきています。
そのような社会の変化に対応するように永代供養が普及し始めて、近年人気になってきているのです。
 
永代供養は管理を任せられるということ以外にも、暮石代がかからないので個人で新しく暮石を立てて供養するのに比べると、はるかに安く供養することができるというメリットもあります。
 
しかしながら、永代供養も良いことばかりではなく、人によってはデメリットがあり、そのデメリットを許容できるレベルではない場合もあるので、どんなデメリットがあるのか見ていきましょう。
 
 
□デメリットと対策
*ご遺骨を取り出せなくなる(合祀型)
永代供養には合祀型の供養の方法があり、このやり方では、亡くなった方のご遺骨を不特定多数のご遺骨と一緒にまとめて埋葬することになります。
従って、合祀後に特定の亡くなった方のご遺骨を取り出そうとしても、2度と取り出すことはできません。
ですので、今は永代供養墓にご遺骨を安置したいが、後々になって新しく建てる家族のお墓に一緒に入れたいと考えている場合などは要注意です。
 
 
対策としては、合祀型は納骨後すぐに合祀するわけではないので、どのくらいの期間でご遺骨を合祀されるのか、事前に確認しておくと良いでしょう。
その期間の長さによっては、一度永代供養してから、ご遺骨を取り出すこともできるので安心して永代供養を行えるでしょう。
 
 
*一般的なお参りができない
永代供養のお墓は共用のお墓になりますので、暮石を磨いたり、お供え物をするといった一般的なお参りができません。
永代供養は管理してもらえて手間がかからない一方で、親族にお参りの際に色々してもらいたいという方にとっては物足りなさを感じる一面もあるので注意が必要です。
 
対策としては、費用はかかりますが、永代供養の中にも個別で暮石を立てて供養してもらう方法もあるので、そちらを検討してみると良いでしょう。
 
 
 
□最後に
永代供養のデメリットとしては、ご遺骨が取り出せなかったり、一般的なお参りができないという点があります。
 
しかし、それらのデメリットはオプションを選択することで取り除ける場合もあります。
 
何れにしても、実際に寺院と相談・確認することが大切でしょう。(スタッフ)

永代供養の予算感について種類ごとにご紹介します

「永代供養を検討しているけど、どんな種類があるのだろう?」
「永代供養は種類ごとに予算感に違いはあるのかな?」
など、永代供養の費用についての疑問を持っていませんか?
 
本記事では、永代供養の予算感について種類ごとに紹介していきます。
 
2018122410629.JPG
 
□永代供養とは
永代供養とは、何かしらの理由でご自身やご家族でお墓を管理できない場合に、霊園や寺院が永代に渡って管理を行ってくれることです。
元来永代供養とは、長年に渡って先祖を供養するような意味合いでしたが、現在ではお墓を受け継ぐ子孫などがいない場合などに、霊園や寺院に管理を任せるという意味合いが強くなっています。
しかし、永代といっても永久にお墓を管理してもらえるわけではありません。
一定の期間が過ぎると、ご遺骨はその他たくさんの方のご遺骨と一緒に供養されます。
この期間は大体13〜33回忌を目安に行われます。
 
そして、通常のお墓にも様々な種類が存在するように、永代供養にもいくつかの種類が存在し、ご自身のライフスタイルに適した形を選択することが重要です。
 
 
□種類と予算感
*合祀墓
永代供養の中では最もポピュラーな埋葬方法です。
亡くなった方のご遺骨が不特定多数のご遺骨とまとめて埋葬される方法です。
一度にまとめて埋葬するため、安価な費用が特徴的です。
しかし、注意点があり、数年ほどは個別にご遺骨を安置してもらえるのですが、その後は共同にご遺骨が納められるので、2度と特定の故人のご遺骨が取り出せなくなります。
従って、合祀墓を検討している方は十分理解した上で選択しましょう。
 
予算感としては、おおよそ3万円〜50万円になります。
 
 
 
*納骨堂
屋内にある納骨堂にご遺骨を埋葬する方法です。
天候の影響を受けずに、お墓参りができる点が魅力的です。
納骨堂の中には、ロッカー型といって個別にご遺骨を安置できるスタイルもあります。
ですので、霊園や寺院にお墓を管理してもらいたいけれど、合祀墓のようにご遺骨をまとめて埋葬されるのは嫌だという方には人気です。
しかし、一定の期間が過ぎたら、共同の合祀墓にご遺骨が入れられるところも存在するので、事前確認は必ず行いましょう。
 
予算感としては、おおよそ50万円〜100万円となっており、合祀墓に比べると費用がかかります。
 
 
□最後に
永代供養では、上記で紹介した以外にも様々な種類の供養の方法が存在しまが、費用を大きく分ける共通のポイントがあります。
 
それは、ご遺骨を共同で埋葬するか、個別で埋葬するか、という点です。
 
ですので、ご自身の許容の範囲と予算を照らし合わせながら、どのスタイルを検討するか決定していきましょう。(スタッフ)

テレビ熊本 「英太郎のかたらんね」さんに取材されました!

テレビ熊本 TKUの「英太郎のかたらんね」さんに修行の取材をしていただきました!

新年初の取材ですが、この時期は芸人さん達を始め水行が盛り上がる時期でもあります。

201919101240.jpg

 

今回は、元吉本の安井まさじさんが厳しい修行にチャレンジしておられます。流石は芸人さん、適応力と根性は人一倍でした。

厳しい修行の裏側で、何故このような修行をするのか、本当は何を会得すべきなのか。仏教の極意は裏側でしっかりと語らせていただいています。

 

20191910139.jpg

 

仏教の哲学はシンプルにして奥深い。
tvではなかなか伝える事が出来ませんが、お時間がある方はどうぞ番組をご覧くださいませ。

 

201919101345.jpg

 

最後は定番の記念写真です。

 

20191910146.jpg

 

11日金曜 朝9時50分から
TKUテレビ熊本「英太郎のかたらんね」
どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

201919101432.png

永代供養の値段は宗派によって異なるものなのか?

「永代供養を検討しているけど、宗派によって値段は異なるのかな?」
など、永代供養の料金面での疑問を抱いていませんか?
 
本記事では、宗派の違いで永代供養の値段に変化はあるのかをお伝えします!
 
2018122410531.JPG
 
□永代供養とは
永代供養とは、霊園や寺院が永代に渡って供養や管理を行ってくれるものです。
現代の核家族化や少子高齢化が進行している社会においては、なかなか代々受け継いできたお墓を管理するのが難しいくなってきており、永代供養はそのような時代の流れに応じて普及してきました。
 
 
□相場・費用
永代供養では申し込むときに支払いが行われます。
その時の支払いに管理費やお布施代なども含まれているので、基本的にはその後の追加料金は必要なく、安価にお墓を維持することが可能です。
 
しかし、永代供養は様々な埋葬方法が存在し、どの埋葬方法を選択するかで相場は変動してきます。
 
*納骨堂
寺院の納骨堂や本堂などに設けられた場所に、ご遺骨を安置し永代供養してもらう形です。
屋内でお墓参りを完結できるので、天候に左右されずにお墓参りをすることができます
納骨棚はご遺骨を納められるのが、1人分〜複数人分まで幅広いサイズがあります。
 
ですので、そのサイズによっても相場が変動するので、約10万円〜80万円と幅があります。
 
*合祀型
合祀型とは、たくさんの方のご遺骨をまとめて埋葬する方法です。
手間が少ない分、費用は安価に抑えられます。
しかし、まとめて埋葬するがゆえに、2度と特定の故人のご遺骨を取り出すことが出来ないという注意点もあります。
ですので、合祀型を選択する際はそのようなリスクを認識した上で行いましょう。
 
*個人墓
暮石と1人用のお墓の区画を購入し、そのお墓を他とは別に個人的に永代供養していただきます。
お墓を継ぐものがいないので管理はして欲しいけど、たくさんの方のご遺骨とまとめて埋葬されるのは不快に感じる方にとっては魅力的な方法です。
個人墓の場合は区画と暮石の料金が必要なので、ほかの方法と比べて相場は高くなっています。
 
 
□宗派による違いは?
永代供養は、ほとんどの寺院が生前の宗派を関係なく受け入れてくれます。
ですので、永代供養の費用に関しては、宗派による違いはあまりないでしょう。
 
宗派よりも地域や、永代供養の中でもどのタイプの埋葬方法を選択するかによって価格が上下することになります。
 
また寺院によっては、申し込みの際に支払った永代供養費以外にも管理費や年会費が必要になることもあるので、事前確認は欠かせません。
 
 
 
□最後に
永代供養は宗派によっては値段が変わることは、ほとんどないでしょう。
 
しかし、どのスタイルの埋葬方法を選択するか、どの寺院に任せるかでは値段が異なるので、検討されている方は、ぜひ事前確認を行いましょう。(スタッフ)

永代供養業者が解説、真言宗である場合にはいくら?

「真言宗の永代供養の費用っていくら?」
「真言宗の永代供養の種類は?」
など疑問を抱いている方はいませんか?
 
本記事では、永代供養業者が真言宗である場合にはいくらか解説します。
 
2018122410244.JPG
 
□真言宗の永代供養
真言宗は空海によって伝えられ、曼荼羅による壮大な宇宙観がよく知られています。
そのような真言宗が今では核家族化や少子高齢化などの影響により、永代供養を行う寺院も増えてきています。
 
これはどういうことかと言うと、核家族化の影響で田舎から東京などに出てくることが増え、なかなか仕事の都合などで田舎に帰ってお墓の管理が出来ない家庭が増えてきます。
その際に、お墓をほったらかしにはできないので霊園や寺院にお墓の管理を任せる永代供養を行う家庭が増えるのです。
 
 
また、少子高齢化では、お墓を受け継げなくなり、代々受け継がれてきたお墓が無縁墓になってしまうのを防ぐために永代供養という手段を取ることがあります。
 
このような時代の流れに寄り添うように真言宗でも永代供養を行うようになったのです。
 
 
□主な種類
*ロッカー型
ロッカー型とは名前の通り、ご遺骨がロッカーの中に保管されています。
ご遺骨がそれぞれ個別で保管されていたり、バリアフリーな室内にあるケースが多いので、高齢者の方もお墓参りがしやすいようになっています。
さらに、費用も安くなっていることが魅力の一つです。
 
*仏壇型
上の段が仏壇になっており、その下の段にご遺骨を安置するという形です。
仏壇型は亡くなった方と向き合ってお参りができるので、思い入れが強い方には魅力的な形です。
 
*合祀型
合祀型は血縁に拘わらず、他のご遺骨と一緒に埋葬する方法です。
ですので、注意点としては、2度とご遺族のご遺骨を拝むことができなくなる点です。
 
合祀型の最大のメリットは費用が安くすむことです。
 
 
*集合型
集合型はご遺骨が集められて安置される埋葬の方法ですが、個々に分けられるので、ご遺骨が取り出せないことはないという点が合祀型との違いです。
 
集合型も合祀型と同じように安価に行うことができます。
 
 
 
 
□費用
永代供養の費用の相場は大体10万円〜150万円です。
基本的にはこの費用に管理費が含まれているのですが、中には別途管理費や年会費が発生するところもあるので、事前確認を怠らないようにしましょう。
 
 
 
□最後に
本記事では、真言宗の永代供養の種類やその費用をお伝えしましたが、紹介した費用は相場であって、実際には寺院によって費用に幅があります。
 
従って、永代供養を行うこと検討している方は、事前に霊園や寺院に確認をしましょう。(スタッフ)

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます

昨年は様々な方々からご支援や応援いただき大変充実した一年であったと思います。

お坊さんを取り巻く環境も時代に合わせて急速に変わっていっている実感があります。お釈迦様は「世界は変わり続ける永遠なものはない、常に変わり続け精進し続けなさい」とおっしゃられています。

自分も世の中の課題を解決して、変化し続けるよう一層の精進をして行く所存です。時には非常識と批判されることもあるでしょうが、誰が為に何を成すのかという志をしっかりと持って改革に挑みたいと思います。

今年もよろしくお願い致します。

金剛宝寺 井上仁勝

20191211421.jpg

永代供養の相場は月額でどのくらいになるのか?

「永代供養が気になっているけど、どのくらいの費用がかかるのだろうか」
「お寺に料金のことは聞きにくい」
など永代供養の料金についてお悩みではないですか?
 
本記事では、永代供養の相場や月額で必要な料金はあるのかなどをお伝えしていきます!
 
2018122410135.JPG
 
□永代供養の相場
*永代供養は安い
永代供養のお墓にかかる費用は、一般的なお墓を購入するよりも安い場合が多いです。
理由は、埋葬の仕方が関係しています。
永代供養の埋葬方法は、合祀されることが多いです。
合祀というのは、血縁関係なしに様々な人のご遺骨を一緒に埋葬する方法です。
 
個別に暮石を設ける必要もないですし、共有のお墓なので料金が安くなります。
 
 
*初期費用
初期費用として永代供養料がかかります。
永代供養料とは、永代に渡って供養してもらうための費用です。
最初に支払ってしまえば、その後の維持・管理費を払わなくても供養してもらえます。
そして永代供養料には、刻字するための費用や納骨式のお布施代などの費用も含まれています。
おおよその相場は「10万円〜150万円」くらいです。
 
 
□別途費用
基本的には永代供養の場合、永代供養料以外は必要がありません。
しかしながら、場所や地域によってはその他必要になる費用もありますので確認しておきましょう。
 
*お布施代
法要時や入檀の際にはお布施代を支払うことになるかもしれません。
 
多くのお寺では永代供養料の中にお布施代が入っているのですが、個人的にオプションとして個別で法事をしてほしい場合には、別途お布施代が必要になります。
 
入檀料とは、お寺の檀家になるためにかかる費用です。
最近では檀家の制度が弱まってきており、入檀料を取らない寺院も多いです。
 
相場として、入檀料はおおよそ10万円〜30万円程度、お布施代がおおよそ3万円〜10万円程度です。
 
 
*年会費や管理費
永代供養では、一般的に管理費も含まれているのですが、場合によっては別途料金がかかることもあります。
特に生前予約をした場合などは発生しやすいです。
ですので、心配な方は事前にしっかりと確認をしておきましょう。
 
相場はおおよそ、5,000円です。
 
 
*月額
永代供養では、月額費用不要なところが多いです。
月額で費用が取られるとすれば、管理費用がかかる場合です。
先ほどお伝えしましたが、管理費用はかかるとしてもおおよそ5,000円ですので、それを12ヶ月で割った料金になるでしょう。
 
 
 
 
□最後に
永代供養の相場はお伝えしましたが、実際にはお寺やご自身が選択するプランなどで、価格は大きく変わります。
 
ですので、もし永代供養を検討される場合は、お寺に相談に行くことが大切です!(スタッフ)

永代供養とはどんなもの?その基礎知識について解説

日本社会はこの数年で大きく変化し、それに伴って人々のライフスタイルや価値観も大きく変化しています。
従って、従来のように昔からあるような先祖代々継承していくお墓の管理スタイルも減少傾向にあります。
ですので、現代では自分のライフスタイルに合った供養の形を選択していくことができます。
 
本記事では、供養の形の一つとして永代供養とは何か、その基礎知識をお伝えします!
 
2018122410035.JPG
 
 
□永代供養とは
お墓参りが何かしらの理由によってできない人の代わりに、霊園や寺院が供養や管理などを行ってくれる一種の埋葬方法です。
永代と聞くと、永遠に管理してくれるのかと思われますが、実際には17~50回忌を目安として、一定の遺骨の安置期間が定められています。
この安置期間はかなり幅がありますので、依頼する所としっかりと相談した上で決めるようにしましょう。
 
ちなみに、永代供養と似た言葉で、永代使用という言葉がありますが、両者は全く異なったものです。
永代供養が永代に渡って寺院や霊園が遺骨を預かり供養するというのに対し、永代使用は永代に渡って永代使用料を払ってお墓の権利を取得することです。
 
 
 
□墓じまいとの違い
*墓じまいとは
墓じまいは文字通り、霊園や寺院からお墓そのものをなくすものです。
墓じまい後は、永代使用権を霊園や寺院に返して、お墓があった場所を更地に戻します。
 
墓じまいを決心するケースとしては、引き継ぐお子さんがおられなかったり、一人娘で嫁いでしまったために、管理するものがいなくなるといったものがあります。
 
墓じまいは墓を解体・撤去することであるので、ネガティブなイメージが持たれがちですが、子供達に出来る限り負担をかけてあげたくないなどのポジティブな気持ちがあっての決断であることも多いです。
 
 
*永代供養との違い
墓じまいは暮石そのものを撤去するものの、その後改装できるので、遺骨を記念の場所に移したり、新しく生活する所に移したりと、新たな供養の形を選択する余地があります。
 
しかし、永代供養は供養の管理を霊園や寺院に託してしまうので、その後に供養の形を選択する余地はありません。
ですが、メリットとして、亡くなった後に遺族に手間をかけてしまったり、管理するものがいないために無縁墓になってしまう可能性を取り除くことができます。
 
 
 
 
□最後に
永代供養は、何かしらの制約のためにお墓管理を行うのが難しいという方にとってはメリットの大きい供養の形であると言えます。
 
今回ご紹介した供養以外にも様々な供養の形がありますので、ご自身のライフスタイルと照らし合わせて、最も適した形をとっていきましょう。(スタッフ)

永代供養においてお供えは何にすればよいのか?

「永代供養」という新しい形の供養をご存じでしょうか? 今までの供養のスタイルではお墓の管理やお参りが難しい家族向けに登場した、お墓の管理や供養をお寺が行ってくれる新サービスのことです。とはいえ、もちろんご家族でお参りをすることも可能です。しかし、その際、永代供養ならではの注意点があります。それが「お供え物」です。そこで今回は、永代供養墓をお参りする際に気をつけておきたいお供え物に関する情報をお伝えします。
 
20181127132929.JPG
 
□ 永代供養ではお墓が共用のケースが
 永代供養の場合、従来同様1家族に1つの墓石があり、各々が管理するタイプのプランもあるのですが、多くの方が、1つの墓石に多数の家族の遺骨が入った「共同墓」に合祀されています。ですので、従来のお参りと同じケースを想定してお供え物を持って行くと、そもそもお供え物を置くスペースが十分にないというケースが考えられます。ですので、永代供養の場合、お供え物を持って行かないお参りが一般的となっています。
 
□ お供え物をする場合はどうすればいいのか
 とはいえ、やはり大切な故人のお参りですのでお供え物をしたいという気持ちもあるでしょう。その際は、お花など比較的管理の簡単なお供え物に留めておきましょう。お花であれば、他の共同墓利用者が不快に感じることもないでしょうから大変安心です。
 
□ 生もののお供え物は避けよう
 他の方も利用される共同墓の場合、生ものをお供えするのはマナー違反です。また、永代供養を利用されているということは、頻繁にお墓を管理できないということでしょう。中々管理できない状況において生ものをお供えした後どうなるかは明らかです。他の利用者のみならず、普段から管理してくれている業者の方に多大な迷惑を与えてしまいます。お供えするのであれば、ペットボトルや管入った飲み物や袋詰めされたお菓子など処分のしやすいものに限定しましょう。
 
永代供養は新しいサービスであるため勝手がよく分からず、思わぬ行動が他人にとって迷惑となってしまう可能性があります。特に、共同で利用するお墓は慎重に利用しなければ他の利用者とのトラブルに発展しかねません。故人を偲び、故人が好きだったものを備えたいという気持ちは山々でしょうが、お墓を好きに利用したいという場合は個別墓を契約し、納骨するようにしましょう。永代供養の場合でも、追加で料金を支払えば、一定期間個別墓を利用することができるため、そちらもご検討ください。(スタッフ)

永代供養をしてくれる期間っていつまでなの

新しい供養のスタイルとして普及している永代供養。まだまだその歴史が浅いこともあり、具体的にどんな契約内容をかわし、どのようにして遺骨が扱われるのか知らないという方も多いのではないでしょうか。中でも疑問として多いのが「永代供養っていつまでやってくれるの?」という疑問です。この先遺骨がどう扱われるのか分からないというのは不安ですよね。そこで今回は、永代供養っていつまで供養してくれるのか、永代供養の契約内容について詳しくご紹介します。
 
20181127132820.JPG
 
□ 永代供養の契約ってどうなってるの?
 永代供養とは具体的にどのようなサービス内容で、遺骨はどう扱われるのでしょうか。
 結論から申し上げますと、遺骨は永代供養の契約を交わしたお寺がずっと管理してくれます。しかし、永代供養の契約には確かに「期間」の問題がつきまとうのも事実です。ではこの「期間」とは一体何の期間なのでしょうか?
 
□ 契約者は「個別墓」の期間を選ぶことができる
 永代供養の契約者は、「どれくらいの間、遺骨を個別墓に納めるか」を決めることができます。永代供養の場合、最初の数年間を個別墓で供養、その後遺骨を共同墓に移して合祀するという流れが一般的です。ですので、この「最初の数年間」を具体的に何年にするかを決めるのが、永代供養における「期間」の問題なのです。
 
□ 具体的に何年くらい個別墓に入るの?
 では、具体的にどれくらいの期間個別墓を利用するのが一般的なのでしょうか?一般的には三回忌や七回忌、十三回忌と言った節目の行事まで個別墓で供養、その後は共同墓に遺骨を移して合祀という流れが一般的なようです。しかし、三十三回忌までといった長期間個別墓を契約するパターンや最初から合祀してもらい、個別墓は一切利用しないというケースも多々見られます。
 また、当然ではありますが、個別墓に入る期間が長ければ長いほど多くの費用が必要となります。ちなみに、個別墓の種類は数多くのタイプから選べるお寺が多く、選ぶ墓石に応じても料金が変動します。
 
ご覧頂いた通り、永代供養では、どれくらいの期間「個別」を利用するかが料金やお参りのプランを考える上で重要な要因となります。これは納骨堂タイプの永代供養でも同じことが言えます。今後何年くらい個別墓を利用するのか、また何年肝くらいであれば無理なくお墓を管理できるのかなど各ご家庭の事情を十分考慮した上で、最適な個別墓利用期間を選べるよう家族でしっかりと話し合っておきましょう。(スタッフ)
ページ上部へ