ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

永代供養にすることによってどのようなメリットを得られるのか?

近年、永代供養という言葉をよく耳にします。
永代供養は従来の墓石で故人を供養するものとは異なり、寺院や霊園が代わりに供養してくれるものです。
皆さんはその永代供養のメリットについて知っていますか。
「永代供養の仕組みについては知っているけど、何がメリットなのだろうか」
「永代供養のメリットについて少しは知っているけど、あまり詳しくはないな」
こんな方もおられるのではないでしょうか。
そこで今回は、永代供養のメリットについて詳しく説明します。
 
20181029103041.JPG
 
□墓地の手入れが不要
永代供養では寺院や霊園が墓地の手入れをしてくれます。
従来の墓地のように掃除をする手間がありません。
 
□一般的なお墓を建てるよりも安価
永代供養では、他の人とお墓を共有する合祀墓というものがあります。
合祀墓であれば、個人で墓石を建てません。
ですので、その分だけ費用が安くなります。
 
□無縁仏にならない
お墓を供養する人がいなくなった場合、無縁仏とみなされてしまいます。
無縁仏となった場合、墓石が撤去されてしまうことがあります。
しかし、永代供養では寺院や霊園が代わりに供養してくれるので、親族や縁者がいなくなったとしても無縁仏になることはありません。
 
□宗旨・宗派が問われない
檀家になることを条件とされることが稀にありますが、一般的に永代供養では宗旨・宗派が問われることがありません。
 
□交通アクセスが良い
従来のお墓の場合、街から離れた場所まで足を運ぶ必要があります。
ですが、永代供養の施設は交通アクセスの良い場所に建てられていることが多いのです。
 
□生前に契約ができる
永代供養は生前に申し込みができます。
事前に料金を支払うことが可能なので、親族や縁者に迷惑をかける心配がありません。
 
□お布施が不要
永代供養では契約時に永代供養料を支払うことで、以降のお布施は必要ありません。
管理や法要などにかかる費用はすべて永代供養料に含まれています.
 
□まとめ
永代供養のメリットについて説明しましたが、いかがでしょうか。
永代供養のメリットについてまとめてみましょう。
 
*墓地の手入れを代わりにしてくれる
*墓石を建てないので安い
*無縁仏になる心配がない
*宗旨・宗派が問われない
*交通の便に優れている
*生前に契約し、料金を支払うことができる
*追加でお布施をする必要がない
 
永代供養にはこのように多くのメリットがあります。
永代供養を検討される際には、こういったメリットが得られるということをしっかりと把握しておきましょう。

永代供養の一環である天空陵の合同供養祭を行いました。

気持ちの良い秋空の中、今年も天空陵合同供養祭が行われました。

金剛宝寺会館で丁寧にご供養のお経をお唱えしてから、すぐ側の天空陵でお経を唱えている光景です。

紅葉の時期が若干、早かったので一部散っておりますが来年あたりは紅葉祭として一番いい時期に開催したいと思っております。

2018111410537.jpg

 

お墓の中央モニュメントでお経を唱えておりますが、この時参列された方々は自分たちのお墓の前で手を合わされています。

 

2018111410316.jpg

 

天気が良かったので皆さん気持ちよく参列できたかと思います。
 

201811141043.JPG

 

たまたま、お墓の関係者が親族をつれてお参りされている方もいました。

 

2018111410447.JPG

 

ご供養が終わって会館の食堂にて、お弁当を食べる前に竹田の銘菓「荒城の月」を出しながら住職がお抹茶を振舞っています。大学時代、表千家茶道部部長をしていたのですが随分長らくお茶を立てていなかったので大勢に出すのに少し時間がかかりましたが来年はもう少しスムーズに出せるかと思います。

50人とか参列されると、一人じゃ無理かもしれません(汗
スタッフと連携して頑張ります。

2018111410518.JPG

次回は紅葉が一番美しい時期に開催したいと思いますので、紅葉を愛でに是非お参りに来てください。(住職)

永代供養のデメリットと押さえておきたい注意点

「永代供養のデメリットって何があるのかな」
「永代供養を検討中だけど、どんなことを注意すればいいのだろうか」
このようにお悩みの方はおられませんか。
永代供養は身寄りにお墓参りをしてくれる人がいない、後継ぎがいないといった方にはぴったりなのです。
しかし、永代供養にはデメリットもいくつか存在します。
そこで今回は、永代供養のデメリットと注意点について説明します。
 
20181029102954.jpg
 
□永代供養のデメリット
他の人の遺骨を同じお墓で供養する「合祀」というものがあります。
永代供養では、一定の期間を過ぎると合祀されてしまうことがあります。
合祀されることで2つのデメリットが生じます。
 
□お墓参りができない
合祀をする場合、従来のようなお墓参りができなくなってしまいます。
 
*注意点
お墓参りが出来なくても良いのか、家族や親戚などと相談しましょう。
 
*お墓参りをしたいなら
お墓参りをしたい場合は、家族墓を検討してみてはいかがでしょうか。
家族墓では家族で一つのお墓を共有できます。
ですので、一般的なお墓と同じようにお墓参りができます。
 
また、納骨堂はお墓を建てるわけではないのですが、別々のスペースで供養されます。
ですので、納骨堂でもお参りができます。
 
□遺骨が取り出せない
家族墓や納骨堂で供養してもらえば、遺骨を取り出すことは可能です。
しかし、合祀墓を利用する場合、遺骨を取り出すことはできません。
 
*注意点
家族墓や納骨堂を利用していても、一定期間が過ぎれば合祀される場合があります。
合祀されてしまうと、遺骨を取り出すことができなくなってしまいます。
 
□お墓を継承できない
永代供養はお墓を継承することができません。
代々受け継がれてきたお墓がある場合、そのお墓が無縁仏(お墓の管理者がいない状態)となってしまうかもしれません。
 
*注意点
この問題は、親族とのトラブルの原因ともなるので、永代供養を検討する場合はしっかりと相談しましょう。
 
□まとめ
永代供養のデメリットと注意点について説明しましたが、いかがでしょうか。
永代供養は合祀墓を利用することが多く、従来のようなお墓参りができません。
家族墓や納骨堂を利用すればお参りはできますが、一定の期間が過ぎれば合祀され、お参りができなくなる場合があります。
また、遺骨を取り戻せない、お墓を子孫に継ぐことができないといったデメリットもあります。
永代供養を検討される場合は、こういったデメリットが存在することを念頭に置いておきましょう。
そして、永代供養をしてから後悔することのないようにしましょう。

永代供養の失敗事例で浮かび上がる注意事項って?

「永代供養をしてもらいたいけど、失敗したくないな」
「永代供養で起こりうるトラブルは事前に把握しておきたい」
このように考えている方はおられませんか。
永代供養は多額の費用がかかります。
また、故人としてしっかりと供養してもらいたいものです。
ですので、永代供養に関する失敗は必ず回避したいですよね。
そこで今回は、永代供養に起こりうる失敗事例を2つ紹介し、その中から浮かび上がってくる注意事項について説明します。
 
2018102910284.JPG
 
□料金についての失敗事例
 
*事例
「永代供養を100万円で契約した。
家族で同じところに埋葬してくれるそうだ。
法要や読経にかかる費用もすべて込みで、後払いはしなくてもよいとのことだった。
ところが先日、テレビCMで永代供養のコマーシャルを見たのだが、その価格を見て驚いた。
自分が契約した内容とほぼ同じで、価格は半額の50万円だったのだ」
 
これは、永代供養の料金に関する失敗事例です。
この事例で露見された問題は「料金が高すぎるところで永代供養を契約してしまった」という点です。
 
*原因
永代供養の相場は幅広く、安いものでは数万円、高いものでは数100万円もの費用がかかる場合があります。
つまり、永代供養の値段は相場に相応しいかどうかを判断するのがとても難しいのです。
 
*注意事項
永代供養を検討する場合は、できるだけ条件の似通ったところと値段の比較をしましょう。
 
□期間についての失敗事例
*事例
 
「仕事で忙しく、お墓参りにあまり行けそうにないので、親戚の人を永代供養してもらっていた。
先日、三十三回忌の法要が行われたのだが、出席できなかった。
そのため、後日、お参りをすることにした。
しかし、お参りをした時にはすでに合祀(ほかの人の遺骨と合わせて埋葬すること)されていて、遺骨はもう回収できないと言われた」
 
これは、永代供養の期間に関する失敗事例です。
永代供養に期限があることを知らず、知らない間に遺骨が合祀されてしまったのです。
 
*原因
一般的に永代供養では、寺院や霊園が存続している限りは供養をしてもらえます。
しかし、ある一定の期間を過ぎると合祀墓に移されてしまうこともあります。
 
*注意事項
永代供養の契約をする前に、供養してくれる期間について確認しておきましょう。
 
□まとめ
永代供養の失敗事例とその注意事項についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。
契約する際に永代供養の内容について詳しく説明されるので、その内容をしっかりと把握することが重要です。

永代供養の値段はどのようなことで変動が生じるのか?

永代供養では、寺院や霊園が遺骨や位牌を長期間管理・供養します。
お墓の手入れをしてくれる身寄りがいない方のために、代わりに供養してくれるのです。
永代供養の相場は安いものでは数万円、高いものでは数100万円となっており、価格帯が広くなっています。
「どうしてこんなに金額に差があるのかな」
「安いものと高いものでどんな違いがあるのかな」
このように考えている方はおられませんか。
今回は、永代供養の値段が変動する仕組みについてご説明します。
 
20181029102654.JPG
 
□値段が安い永代供養の仕組み
永代供養の相場の中でも比較的安いものがありますが、安いからと言って質が悪いわけではありません。
値段が安くなることには理由があります。
 
*合祀墓
永代供養の供養方法の一つに合祀墓というものがあります。
合祀墓は多くの故人の遺骨を一つの大きなスペースで管理する供養方法です。
石のお墓を建てることはありません。
また、読経や法要といった行事を一括で済ませることができます。
上記の理由から、合祀墓は比較的値段が安くなるのです。
 
 
□値段が高い永代供養の仕組み
永代供養の値段が高くなってしまう理由について説明します。
 
*墓石を建てる
永代供養で墓石を建てる場合、一般的な墓石と同じぐらい費用がかかるので、値段が高くなってしまいます。
例えば、家族墓と言って、家族で共有の墓石を建てて永代供養をする仕組みがあります。
この場合、墓石にかかる費用と墓石を建てるためのスペースの使用料がかかるので、値段が高くなってしまいます。
また、墓誌(故人の没年月日などが記入された石の板)を建てるための刻字料がかかってしまい、さらに値段が高くなります。
 
*納骨堂で供養してもらう
遺骨や位牌を納めるスペースを大量に設けられた建物を納骨堂と言います。
納骨堂では遺骨や位牌はそれぞれのスペースで個別に管理されるので、合祀墓よりも値段は高くなります。
ですが、墓石を建てるほどの料金がかかるわけではありません。
納骨堂は市街地などのアクセスがしやすい場所にあります。
それは、値段が高くなる理由の一つとなっています。
 
□まとめ
永代供養の値段が変動する仕組みについて説明しましたが、いかがでしょうか。
永代供養は値段が安いものから高いものまで様々な種類があり、合祀墓は比較的安く、墓石を建てる場合や納骨堂で供養する場合は比較的高くなります。
永代供養を検討する場合は、供養の方法によって値段が大きく変化することに十分に注意しましょう。

永代供養っていくらかかる?その内訳について解説

「永代供養をしてもらいたいけど、どのくらいの費用がかかるのかな」
「永代供養の費用は何に使われているのだろうか」
このような悩みを抱えている方はいませんか。
永代供養は長期間にわたって遺骨や位牌を管理するので、ある程度の費用がかかってしまいます。
そこで今回は、永代供養にかかる費用とその内訳についてご説明します。
 
20181029102428.JPG
 
□永代供養料の内訳
永代供養料とは、その名の通り永代に渡って遺骨や位牌を供養するために必要な料金です。
永代供養料の内訳は大きく分けて3つあります。
 
*供養にかかる費用
遺骨や位牌を管理するための墓地や納骨堂などの利用費が必要です。
さらに、永代供養では遺骨や位牌の供養のために、読経や法要をします。
長期間にわたって遺骨や位牌を管理、供養するため3つの中でも比較的費用がかかるのが特徴です。
 
*納骨式のお布施
一般的な納骨式では、読経や法要部屋の使用などのためにお布施を納める必要があります。
永代供養においても納骨式は行われます。
ですので、そのための費用がかかります。
納骨式のお布施は一般的なお墓では約数万円かかるものですが、永代供養においては永代供養料の中に含まれています。
 
*刻字料
お墓のそばに建てられる石の板を墓誌と言います。
墓誌には故人の名前や没年月日、戒名(亡くなった後に付く名前)などが刻まれています。
刻字料とは、墓誌にこういった文字を刻むためにかかる費用です。
刻字料も永代供養費の中に含まれています。
 
□永代供養料の相場
永代供養料の相場は約5~200万円となっています。
永代供養の形態によって大きく価格が変化する仕組みとなっております。
例えば、遺骨を共有のスペースで管理し供養する合祀墓では比較的費用は安くなります。
また、家族墓などは墓石代によって費用が高くなります。
 
□その他の費用
一般的なお墓では管理費などを継続的に支払う必要があります。
ですが、最初に永代供養料を支払うことで、そのあとの料金はかからないという形態が多いです。
永代供養の契約をする前に、後日料金が必要になるかどうかをしっかりと確認しておきましょう。
 
□まとめ
永代供養料の費用とその内訳についてご説明しましたが、いかがでしょうか。
永代供養では長期間に渡って遺骨や位牌を管理、供養してくれます。
永代供養料の相場はとても幅広く、安いものでは約5万円、高いものでは約00万円程度となっています。
永代供養を検討される場合は、しっかりと予算と相談しましょう。

宗派によって異なる?永代供養にかかる費用の相場

近年、永代供養という言葉をよく耳にします。
「永代供養という言葉を聞いたことがある。だけど、相場についてはあまり詳しく知らない」という方が多いでしょう。
そこで今回は、永代供養の相場について解説いたします。
 
□永代供養の相場は宗派によって違う
あまり知られていないことですが、実は永代供養は宗派によって相場が変化するのです。
今回は代表例として、浄土真宗についてご紹介します。
 
20181029102333.jpg
 
*浄土真宗
実は、浄土真宗の考え方では供養という概念は適切ではないので、永代供養ではなく永代読経が行われることが多いのです。
永代読経とは、お経を永代に渡って読むということで、仏様の教えが受け継がれるようにという願いが込められています。
永代読経のためのお布施が「永代経懇志」と言われるもので、相場は約10万円前後とされています。
 
もちろん浄土真宗でも永代供養を受け入れている寺院はありますので、永代供養を検討している方はお問合せすると良いでしょう。
 
□永代供養の相場
永代供養にかかる費用は、その供養の仕方によって大きく異なります。
永代供養の方式の違いについて、3つのタイプに分けてご紹介します。
 
*合祀墓
多くの人の遺骨や位牌を一つの墓で共有して埋葬し、供養する方式を合祀墓と言います。
合祀墓は永代供養の3つのタイプの中でも比較的費用が安く抑えられます。
相場は約20万円前後です。
 
*家族墓
一定期間だけ一般的なお墓にて供養され、期限が過ぎれば合祀墓に移される方式のことを家族墓と言います。
合祀墓に移された後もお寺に供養が引き継がれるので、無縁仏になる心配がありません。
家族墓はお墓の使用料がかかるので、永代供養の中でも比較的費用が高くなります。
価格は30万円前後で済むものもあれば、100万円を超えてしまうものもあります。
 
*納骨堂
遺骨が納められた骨壺を室内で管理する方式を納骨堂と言います。
納骨堂は比較的手入れが簡単で、交通アクセスの良い地域にあることが多いです。
相場は10~100万円前後とされています。
 
□まとめ
宗教によって異なる永代供養の相場についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。
今回は浄土真宗についてご紹介しました。
永代供養の代わりに永代読経を行うという特殊なタイプが浄土真宗では主流となっています。
宗派によって永代供養の相場が変動しますが、寺院や霊園によって異なります。
ですので、永代供養を検討される場合は、価格についてお問い合わせすると良いでしょう。

永代供養とは何なのか?その起源とともにご紹介

「お墓を管理してくれる人がいない。自分のお墓をどうしよう」
「親族の手を煩わせるのは嫌だな」
このようにお悩みの方におすすめなのが、永代供養です。
 
「永代供養ってどんな仕組みなの」
「永代供養のシステムはいつからあるの」
こういった疑問に答えるために、永代供養とその起源について解説します。
 
2018102910227.jpg
 
□永代供養について
*永代供養とは
「忙しくてお墓参りに行けない」
「身内にお墓参りに行ってくれる人がいない」
このような方に代わって遺骨や位牌を長期間にわたって管理し、供養することを永代供養と言います。
また、一般的に宗教を問わず供養してくれるので、どのような宗派であっても安心して遺骨を預けることができます。
さらに、生前に契約することも可能なので、親族に負担をかけないで済むというメリットもあります。
 
ある一定の期間が過ぎると、合祀墓(共有の墓で遺骨を管理)で供養される場合があります。
「ずっと個別で供養されると思っていたのに、知らない間に合同の墓で供養されていた」
ということにならないように、契約する前に期間について確認しておきましょう。
 
*費用
永代供養は、お墓を建てるスペースやお墓を建てるための費用がかかりません。
ですので、永代供養にかかる費用は、一般的なお墓にかかる費用よりもお安くなります。
さらに、追加料金は請求されないことがほとんどです。
例外的に管理費などが必要な場合もあります。
契約前に確認しておくと良いでしょう。
 
□起源
*歴史
多くの寺院で江戸時代に書かれた「永代台帳」というものが発見されました。
このことから、永代供養の仕組みは江戸時代から存在することが分かります。
また、江戸時代では檀家制度という制度によって寺院が保護されていました。
檀家制度とは、檀家が寺院を支援する代わりにお墓の供養などをその寺院に任せるという仕組みのことです。
寺院の宗旨宗派を信仰している近隣に住む人々が、檀家としてお布施を納めていました。
 
*現代の永代供養の始まり
現代で行われている永代供養は1985年、滋賀の比叡山延暦寺大霊園「久遠墓」
で初めて行われました。
当時、お墓は代々継ぐべきものとされていたので、永代供養はあまり浸透しませんでした。
 
□まとめ
江戸時代から存在する永代供養とその起源についてご説明しましたが、いかがでしょうか。
寺院や霊園が代わりに供養してくれるので、身寄りのない方や忙しくてお墓参りに行けない方におすすめです。
さらに、高価な墓石を建てる一般的なお墓よりも費用が安いという特徴があります。
ぜひ永代供養をご検討してみてはいかがでしょうか。

永代供養の代金っていくらなの?損をしないための準備をしよう!

先祖が大切に守ってきたお墓。
もちろん大事にしたいですよね。
しかし、自分ではもう管理しきれない、自分が最後の子孫という状況に陥ることもあるかもしれません。
 
そんな時に頼りになるのが永代供養です。
利用を検討されている方もいるのではないでしょうか。
利用する際にはできれば損したくないですよね。
今回は、永代供養の代金で損をしないために知っておきたいことをご紹介します。
 
□永代の正しい意味を知る
永代は確かに、永遠や永久と似たような意味を持っています。
ところが、永代供養は永遠に供養するという意味ではなく、「ほぼ」永遠に供養しますよという意味です。
33回忌や50回忌で処分してしまうのが一般的であり、これよりも短いこともあります。
 
また、この年数が長ければ長いほど、支払う代金も高くなるのが普通です。
永代の意味を勘違いしていると、「え!なんでお墓がなくなってしまうの?」という事態が起きかねません。
もしそうなると、本来損をしていないはずなのに損をしたかのように感じられてしまいます。
申込みの前に遺骨を安置する期間はどのくらいでその代金がいくらなのか聞いておきましょう。
 
201892395229.JPG
 
□追加料金はどんな時に発生するか?
永代供養をするときに最低限払わなければない料金のことを一式料金と言います。
一式料金に含まれるのは主に、永代供養料、お布施、刻字料の3つです。
基本的に、申込みをするときにこれら3つの料金を払っておけば、後から追加で請求されることはありません。
 
しかし、業者が提供するプランによっては年間の管理料金を必要があったり、個別の法要に対しては追加料金を求められたりします。
代金を払う前に契約内容をよく確認するようにしましょう。
ちなみに永代供養料や法要料などの宗教行為に消費税はかからないと決まっています。
これも頭に入れておくといいでしょう。
 
□何人埋葬するのかをチェック
合祀にする場合は、2人なら2人分、3人なら3人分と、埋葬したい人数分の代金になるので注意です。
また、家族で一緒のお墓にするときは、納骨スペースの広さと何人分入るかをチェックしておきましょう。
もし、全員分入れるつもりだったけど入りきらないとなると、余分にお墓が必要になります。
安さを重視して永代供養にしたのに、気づいたら一般のお墓より高くなってしまっていたなんてことにならないよう気をつけたいものです。
 
以上が損をしないために知っておきたい内容です。
これらを知っておけば、
「もっと安いと思っていたのに・・・」
「思っていたのと違う」
このように感じることは減るはずです。
参考にしてみてください。(スタッフ)

永代供養のメリットとは?あなたのお墓選びをサポートします!

近年、終活を行う人が増えてきたこともあり永代供養が注目されています。
永代供養とは寺院や霊園が遺骨を預かって、みなさんの代わりに供養や管理を行う供養方法です。
一体何がいいのか気になりませんか?
今回は、皆さんのお墓選びをサポートできるように永代供養のメリットをお伝えします。
 
□お墓の管理人や継承者が不要
「お墓の管理が今後できない」
「お墓を継いでくれる人がいない」
こういった悩みを抱えてらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
永代供養にすれば、これらの悩みから開放されます。
 
なぜなら供養や管理は寺院や霊園が行ってくれるため、遺族の方がしなければならないことが特にないからです。
生前に永代供養を利用することを決めておけば、将来自分のお墓が無下に扱われたり、無縁仏になったりする心配もありません。
お墓の管理人や継承者が必要なくなることは永代供養の一番のメリットと言っても過言ではないでしょう。
ただし、供養が行われる頻度は管理先によって異なるので注意が必要です。
この日に供養してほしいとか供養の回数を指定したいという場合は事前にそういった希望ができるかの確認をとる必要があります。
 
201892395142.JPG
 
□通常のお墓より安い
永代供養には合祀墓や個人墓などいくつかお墓の種類がありますが、ほとんどの場合、自分でお墓を建てるよりも費用を抑えられます。
特に、初めから合祀墓にする場合は他の人と同じ墓に入るため墓石代もかからず、他のタイプのお墓と比べても費用がかからないのがメリットです。
 
□宗派は関係ない
一般にどんな宗派でも永代供養を利用できます。
仏教だけでなくキリスト教でも受け入れてくれるところもあります。
しかし、場合によってはその寺の檀家になる必要があるところもあります。
 
□お参りに行きやすい
永代供養を行なっているところの多くは電車や車で行きやすいところにあります。
交通の便がいいので多少家から遠くてもお墓参りに行きやすいのがメリットです。
 
□生前に申し込める
先ほど少し述べましたが、永代供養は生前に申し込めて自分のお墓をどんな風にするかを決められます。
また、お金は申し込み時に払います。
そのため自分の墓のことで息子や娘に手間や心配をかけさせたくないという方に人気があります。
 
以上、永代供養のメリットを5つご紹介しました。
簡単にまとめると、宗派を問わず安価で生前にも申し込めて管理をしなくていいのが永代供養の良いところです。
みなさんも検討してみてはいかかでしょうか。(スタッフ)
ページ上部へ