ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

永代供養の相場はどれくらい?熊本の業者が解説します!

子供をつくらない家庭や独身の方が多くなったことで、後継ぎがいない家庭が増えています。
そうなるとお墓を継ぐ者もいなくなるので、無縁仏が増えてしまいます。
自分の死後、自分のお墓が無縁仏にならないためや遺族に大変な管理をさせないようにするために生前に永代供養を選ぶ人もいます。
受けられる恩恵は多く、嬉しいサービスですが、どのくらいの費用がかかるのか気になる方も多いでしょう。
今回は世間の人が永代供養にいくら使っているのか、その相場について熊本の業者が解説します。
 
全体的に見ると5万円〜100万円程度使っている方が多いですね。
しかしこれはあくまで全体の数値です。
もう少し細かく分けて見ていきましょう。
 
201892394714.jpg
 
□合祀墓
いろんな人の遺骨を一つにまとめて埋葬するお墓で、合葬墓と呼ぶこともあります。
合祀墓では他の人と同じお墓に入ります。
遺骨の扱いで注意したいのが、埋葬した後に取り出せるかどうかです。
将来、環境や気持ちが変わって遺骨を別のお墓に移動させたいと思うと仮定しましょう。
お墓には遺骨を取り出せるお墓と取り出せないお墓があります。
合祀墓では他の人の遺骨と混ざるため、特定の人の遺骨を他に移すことは不可能です。
このようにお墓を共有しているので、故人ごとの墓石を建てなくて済みます。
そのため他のお墓に比べて費用は最も安く、数万円〜30万円程度が目安になります。
 
□集合墓
合祀墓とよく似たお墓ですが遺骨を故人ごとに分けて埋葬する点が異なります。
そのため埋葬した後でもご遺骨を取り出すことが可能です。
個別になる分、費用は合祀より少し高く、20万円〜30万円程度です。
 
□納骨堂
墓地にある一般的なお墓とは違って遺骨を屋内に収蔵します。
見た目は異なりますがお墓としての機能は変わりません。
ロッカー式や仏壇式など収蔵方法や設備はさまざまで、業者によって異なります。
屋内の良いところは天候に左右されずいつもできれいで、お参りにも行きやすいことです。
費用は10万円〜100万円程度で場所や設備によって差があります。
 
□個人墓
通常のお墓と同じように故人一人ひとりに対して暮石を建てます。
占有のスペースと墓石が必要なので、費用は万円100万円〜200万円と他の方法よりも高くなります。
 
以上、お墓のタイプ別に費用の相場をご説明しました。
どのタイプを選ぶかによって費用が大きく異なります。
また供養プランにもいろいろあるので永代供養にする際の費用はそれらも合わせて考えるといいでしょう。(スタッフ)

永代供養とは?お墓についてのお悩みを解消します!

高齢化や少子化が進むにつれてお墓に関する問題が増えています。
近年は、核家族化が進んで親や祖父母とは離れて暮らしており、里帰りの際にお墓参りに行く人が多いのではないでしょうか。
実家が今住んでいる場所から遠く離れている場合、お墓を管理し続けるのは大変です。
また生涯独身のままの人も増えてきたため、以前のように先祖代々お墓を受け継いでいくことは難しくなっているのが現状です。
お墓の供養や管理に困った場合には永代供養がおすすめです。
今回は永代供養とは何なのかを説明し、お墓に関する悩みを解消します。
 
□永代供養(えいたいくよう)とは?
お墓参りに行っている時間がない、お墓を管理できない、お墓の継承者がいないなどのケースは多々あります。
しかし、故人のためにも遺骨は誰かが供養してあげたほうがよいです。
永代供養では、寺院や霊園が上記のような状況に陥った方の代わりにご遺骨の管理や供養をしてくれます。
「永代」という漢字から「永遠にやってくれるの?」と思われるかもしれませんが、永遠ではありません。
一定の期限が決められていて、その間遺骨の管理を行います。
利用する場合は事前に連絡して期限を確認しておく必要があります。
 
201892394553.jpg
 
「期間が終わると遺骨はどうなるの?」
これはよくある質問です。
答えとしては、合祀されて他の遺骨と一緒に永代供養墓で供養が行われることが多いです。
合祀とは合わせて祀ることであり、今まで骨壷に入っていた遺骨を他の方の遺骨と一緒にして埋葬する方法のことを言います。
ただ、必ず合祀にされると決まっているわけではありません。
遺骨の全部または一部のみを土に埋葬する方法を採用する業者もあります。
 
「永代供養墓にはどんな種類があるの?」
これも多くの方が気になるところでしょう。
先ほど説明した合祀墓の他に、集合墓、個人墓、納骨堂などがあります。
集合墓は合祀墓と似ていますが、遺骨が故人ごとに骨壷で分けられています。
複数の骨壷が石碑付近のスペースに区画ごとに納められます。
個人墓は霊園や寺院が故人ごとにお墓を立てて管理してくれるものです。
納骨堂は屋内のお墓で、墓地にある普通のお墓とは見た目は異なりますが機能に違いはありません。
 
今回は永代供養についてご説明しました。
最近は生前に自分のお墓を用意するケースもあり、子供に負担をかけたくないという思いから永代供養を選ぶ人もいます。
お墓に関する悩みや困っていることがある方は永代供養を検討してみはいかかですか。(スタッフ)

お坊さんが密かに話す戒名に対する本音とは?

業界では1文字10万円ともささやかれている戒名料。しかし、仏教の本質がよくわかっている僧侶が戒名について語っている文章にはなかなか出会えません。大抵は、各宗派から見た見解が大半なのでよっぽど仏壇屋さんや葬儀社さんが説明した戒名の説明の方がわかりやすいのです。

ただし、仏教の専門家としては一般の方が書かれた説明は少し物足りないものでもあります。

私の仏教の定義は以下のようなものです。

1.世界のどんな人であっても通用する考え方、哲学

2.どんな時代でも通用する法則的なもの

3.実際に人や社会の問題を解く考え方

これらをしっかりと踏まえた上での仏教の専門家としての戒名の解釈をしています。なので、各宗派の戒名論とは一線を画しているのではないかと思います。
 

金剛宝寺 大師堂 写真
 

まず、戒名の役割とは本質的にはどういうものでしょうか?

どこが人を豊かに幸せにする仏教的要素があるのかということから考えますと、まず戒名を見た時に多くの人は人の名前と同じくどんな字が使ってあるかを見てしまうものです。当然、その字のイメージと亡くなられた故人を重ねてみてしまいます。イメージが合えば在りし日の素晴らしい思い出が戒名を見るだけで思い出され、お参りする人の心を一瞬にして穏やかにし、理想のご供養の気持ちを作りだします。人が思ったことはかなりの部分で現実に影響を与えていきます。

多くの方が実感があるかと思いますが、心地よい状態の人に接すると自分も心地よくなり、イライラしている人に出会うとそれだけで自分もイライラしてしまうというものです。それだけ人の感情や思いは無意識に人生に影響を与える要因です。笑顔で生活している人に良いことが起りやすいのはその為です。

戒名も見た人の感情や思い、イメージに影響を与える為に運気が良くなる戒名とそうでない戒名に分かれます。そのあたりは人の名前とまったく同じ原理ですね。この要素と仏様の弟子となってに守られるようにと仏様にまつわる字を組み合わせます。具体的なつけ方各宗派によって異なる部分がありますが、宗派を超えた戒名の意義というのはそこにあると自分は思っています。

さっこん、高額なお布施が社会問題となっておりその中一翼を担っている戒名の不要説が一般の方を中心にささやかれています。ここで考えなくてはならないのが戒名料という高額なお布施がなく、強制でなければ戒名を授けるという行為は喜ばれる行為となりえるのではないかという事です。

実際に、当寺では6文字戒名料は無料です。関係者が望めばしっかりとヒアリングして生前に決めておく場合も多々あります。せっかくなら自分が納得する戒名をというものです。また、自分は候補を必ず3つ挙げて色々な角度からその人の生き様を戒名に反映させていきます。それこそ、本人以外が見ているその人の人生そのものであるように、後々のご供養に良い影響を与えられるようにしっかり考えていきます。

また、3文字だけで自分が納得できない戒名を授けられているときにも変えるのをお手伝いさせていただいており、お陰様で多くの方から戒名のご依頼をいただいております。同時に戒名を無理につけなくてもいいという方の多数おられるのでお墓にそのまま受け入れているケースもあります。

当寺は自由を重んじるお寺です。これからも皆様の生活が豊かで自由になるお手伝いをさせていただきたいと思います。(住職)

井上仁勝 写真

戒名に関するお薦めのサイトもご紹介いたします。

エンパーク お布施の目安早見表
https://en-park.net/books/8133

・エンディング関連の情報が充実していますので、詳しくお布施の常識などを知りたい方はこちらで勉強されるとよいかと思います。知識があれば、納得できる法事や葬儀、戒名などを手配することが出来ますよ。

お坊さん便
https://obousan.minrevi.jp/

・800以上のメディアから取材されている注目のお坊さん派遣サイトです。高額なお布施や、頼み方がよくわからないお坊さんに、一般の方が間に入って明朗な会計でお薦めの人材を派遣してくださいます。戒名についての相談もできるようです。

小さなお葬式

http://www.osohshiki.jp/

葬儀の受注数が日本一の定額葬儀ブランドです。全国4000以上の葬儀場から選べますので、あらゆる地域で安心の葬儀や法事をお願いできます。また、お坊さんの派遣や、戒名、派遣法事などにも対応しているので安心して相談できます。

戒名料無料、法事は一律5000円の天空陵

https://www.tenkuryo.jp/

関わった人を豊かに自由にするという理念のもとに、熊本地震をきっかけに負担の少ないお墓として天空陵を作りました。全国対応しております。永代供養5万円~


 

 

仏教の本質に沿ってお彼岸のご供養をさせていただきました。

年2回のお彼岸ですが、今回もしっかりご供養させていただきました。

当寺の関係者もお参りができない場合でもこうやって毎年永代にご供養をさせていただきますので、子孫がお参りできなかったり、忙しくてなかなかお参りできなくても眠られている方々に丁寧なご供養を届けさせていただいております。

ご供養の一番大事なことは、故人に対してどんな気持ちをもってお参りするかです。儀式やお供え、お参りの作法など様々な要素はありますが、これらはもともと個人に対する気持ちを整える為の方便に過ぎません。

2018924121742.JPG

どんなに豪華な祭壇を作り、最高のお供えをして多くの関係者を動員しても、お参りしている人の気持ちがズレていればズレた結果にしかなりません。目をしっかり見開いて、法事後のその人たちの人生をよくよく見ていただきたいと思います。良い法事は多くの人の人生を好転させますが、中身のない法事は特になにも変わらないどころかもう二度とやりたくないという関係者の気持ちを作るだけです。

201892412180.JPG

難しいことはさておき、仏教とは心を整え、正しい結果を導きためのものです。ご供養を通じて皆様が豊かで自由な人生を送り続けることが出来るようこれからも精一杯精進させていただきたいと思います。(住職)

 

僧侶が薦める山野草といえばこれ!という人気の山野草を愛でる

当寺の天空陵は実は標高1000mあります。これだけの高地ですと境内に咲く花は貴重な山野草が咲き乱れることになるのですが実はそんなに山奥ではありません。なぜならば、観光地の中なので、え?ここ標高1000mもあるの?というくらいアクセスがいいです。地味にバスも近くで止まります。(九州横断バス)

山野草の良さは、小柄で野生の風情を残しながらも鑑賞としても人気なものを指しています。山野草に限らず植物はその土地にあった植物が自生しておりここでしか見れないという山野草も実はたくさんあります。同じ花でも場所の土、気候などで色が違ったりするのです。

実際にどんな人気の山野草が自生しているか、一部ご紹介いたします。

・ナデシコ
ナデシコ科ナデシコ属の多年草です。日本では秋の七草の一つであり、万葉集にも歌が詠まれるほど古くから愛されていて境内の端の方で毎年咲いています。
 
2018922165651.jpg
 
・ハナシノブ
ハナシノブ科ハナシノブ属の春に開花する山野草です。九州の阿蘇くじゅう国立公園内にしか自生していない貴重な山野草です。当寺でもたまーに人目の付く場所で咲きますが、基本的にはひっそりと咲いていることが多いようです。
 
20189221767.jpg
 
・サクラソウ
サクラソウ科サクラソウ属の春を代表する山野草です。名前の由来は桜の花のような花びらをしている為です。古くから多く人に愛されている人気の山野草ですが当寺では天空陵の石垣の側に群生しています。
 
201892217168.jpg
 
・スミレ
スミレ科スミレ属の花です。とても馴染みのある春の花ですが、当寺で咲くスミレは黄色の黄スミレが多い気がいたします。境内の芝の合間に咲いています。
 
2018922172319.jpg
 
 
・ホタルブクロ
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、ガーデニングで人気の山野草です。初夏に大きな釣鐘型の花をぶら下げるように咲きます。当寺の生け花にもよく使われているので開花の時期には室内で楽しむことができるかもしれません。
 
2018922172639.jpg
 
・リンドウ
リンドウ科リンドウ属で濃い青紫色の秋の山野草です。当寺のちかくの小学校の名前がりんどうヶ丘小学校というのがあるくらい代表的な花です。林の中も含め色んな場所で咲いてます。
 
201892218209.jpg
 
・カタクリ
ユリ科の山野草です。当寺が神事をしている法華院の開山祭の時期に境内の林の中で開花します。まるで雪解けを待っていたかのような咲き方をする貴重な山野草です。
 
2018922183017.jpg
 
実物を知ってらっしゃる方はおわかりでしょうがとても小さくひっそりと咲くので知る人ぞ知る天空陵の楽しみ方です。写真機片手に貴重な山野草をゆっくり散策されてみてはいかがでしょうか?(住職)
 
最後に、詳しく山野草の事を知りたいという方の為にお薦めのサイトをご紹介いたします。
 
・みんなの趣味の園芸(NHK出版)
https://www.shuminoengei.jp/
 
植物図鑑で山野草の詳しい説明や育て方など役に立つ情報満載です。山野草のテキストなどもあるようです。 2018年10月号 大特集/秋の山野草入門 第2特集/ベゴニア 葉を主役に楽しむ、などがあります。
 
・四季の山野草
https://www.ootk.net/shiki/
 
花の名前がわからなくても様々な条件で該当する山野草を探すことができるサイトです。スマホなどで撮った写真を片手にどんな山野草なのかを調べるのに重宝しそうです。
 
・山野草・早分かり写真辞典
 
ただ、山野草を紹介されるだけではなく貴重な山野草を実際に保護しつつ愛でる為の活動にも力を入れておられます。自宅で飾ったり、育てたりする花は、花屋さんで買うことにしましょう。
 
山野草を楽しめる大自然で眠る 天空陵
 
阿蘇くじゅう国立公園内にある天空陵は貴重な山野草の宝庫です。四季折々の自然を楽しみながらここでしか味わえない山野草の散策ができます。
 
 

お坊さんがこっそり教える経済的にもっとも効果のある終活とは?

すっかり定着した感がある終活という言葉ですが、供養、お墓などの分野で専門家といえるお坊さんから見て終活を始めとした学んで準備しておく重要性はとても高いです。

どのくらい重要かというと、費用面では10倍くらいは軽く変わってしまうという事をご理解していただきたいです。

日本の葬儀からお墓までの平均費用は現在、363万円と言われています。(2017年度 エンディング関連費用   出典:財団法人日本消費者協会)もし、関係者が亡くなって何もわからず葬儀社さん、お寺さん、霊園になどにお任せしますと言えばまずこの費用以上がかかると思っていいでしょう。この費用や苦労を一度でも味わってしまった方や、周りから聞いたことがあるという方がしっかりと学んでおこうという事で終活をしていくのです。

お坊さんが伝える経済的にもっとも効果のある終活とは?

1.事前によく相談して納得のいく葬儀、法事のプランを選んでおく(生前契約も含む)

2.エンディングノートなどを用意してしっかり関係者に準備していることを知らせる(子孫に負担を残さない)

3.負担がかかるお墓などを墓じまいして整理する(維持費の軽減)

これだけ意識するだけでも費用は約10分の1になります。

具体的に自分がお勧めしている業者さんも紹介いたします。

2018922131939.png

 

小さなお葬式
http://www.osohshiki.jp/

家族葬や火葬式などをとても良心的な価格で提供してくださる全国対応の葬儀グループネットユーザーを中心に多くの支持を得ています。葬儀実績15万件以上。葬儀14万円~

・田舎などで葬儀社を選ぶとそもそも選択肢が少なく費用も上がりがちです。こういった全国組織の葬儀社を間に入れることで追加費用や、ローカル価格に巻き込まれることなく安心して定額で想定した金額の葬儀を行うことが出来ます。もちろん、費用面でも国内トップクラスの負担軽減になります。

 

きみと終活とわたし
https://www.shuukatsu.blog/entry/endingnote

エンディングノートや終活ノートなどについて終活カウンセラーさんが丁寧に説明しているページです。

・エンディングノートといっても現在はとても多くの種類があります。その多くのエンディングノートを実際に専門家として手に取って精査してこれがお勧めという1冊までご紹介くださっています。エンディングノートって何?という人から何がいいか迷っている人まで色んな方にお勧めのページです。

 

イオンの墓じまい
https://www.aeonlife.jp/rebury/

墓じまいとは、お墓からご遺骨を取り出し墓石を解体し、更地に戻すことを言います。墓じまいをするには、行政手続きやお墓の工事業者のやり取りなど、時間と労力がかかり、大きな負担となります。安心して墓じまいができるよう必要なものがすべて含まれています。墓じまい198,000円~
 
・ご存知スーパーを始めとするイオングループさんの墓じまいです。なぜお薦めするかというと、墓じまいの実際はとても専門的な要素が多く、地元の信頼できる石材店さんと相当な手間と時間をかけて行う場合が多いのです。また、お寺が高額な離檀料を請求してきたり、石材店が遠く予定より費用がかさんだり、行政手続きが煩雑で費用がかかったりなどの想定外のトラブルでも大手なら対応が安心です。
 
負担の少ないお墓 天空陵
 
お墓の管理はすべてお寺におまかせ!年間管理費0円、永代供養込み 全国対応可能 5万円~
阿蘇くじゅう国立の自然に還ることが出来る永代供養の樹木葬です。
 
・当寺が運営している霊園です。福岡の老舗石材店さんと熊本地震でお困りの方の経済負担を下げるために作りました。当寺だけでも全国平均の10分1の費用ですべてを行うことが出来ます。
 
もちろん、これらの情報だけでは対応できない終活の問題も多々あります。そういう場合は自分もシニアライフカウンセラー講師もしておりますので、気軽に相談していただければ様々な業者の方も含め皆様の終活のサポートをさせていただきます。これからも関わった皆様が豊かで自由な人生になるよう全力でお手伝していきたいと思います。(住職)
 
 

永代供養の予算感気になる方へ、種類ごとに解説

その安さと、便利な管理体制で注目を集める永代供養。都心近郊にあることも多く、手軽に訪れることができると近年人気が急上昇しています。
中でも最も魅力的なのはその低価格です。
価格の安さから現在検討中という方も多いのではないでしょうか。
 
しかし、永代供養には様々なプランが存在し、プランに応じて価格も変動します。
そこでここでは、永代供養の種類別予算についてお教えします。
 
2018825105527.JPG
 
・予算はお墓の種類に応じて大きく変動
永代供養において価格に最も影響するのはお墓の種類です。
低価格な永代供養として皆さんがご想像するのは「合祀」タイプの永代供養墓です。
これは、赤の他人と同じお墓に用骨をするというプランです。
 
合祀を選択すると、自前の墓石を購入、レンタルする必要がないため価格を大幅に抑えることが可能となります。
このプランの永代供養費平均予算は5万円から15万円ほどです。
 
続いて紹介するプランは「集合墓」タイプです。
こちらのプランは、納骨スペースは分かれているが、それぞれは小さな石碑や石塔などを建て、それを集合させて1つのお墓にまとめているというプランです。
こちらのプランの平均予算は15万円から25万円ほどとなっています。
 
最後にご紹介するプランは「単独墓」タイプです。
こちらは、通常のお墓と同様、個別のお墓をレンタル、建立して納骨をするプランです。
合祀と比べると、墓石代の分だけ価格が上積みされるので費用も自ずと高くなります。
こちらのプランの平均予算は35万円から50万円ほどです。
 
・納骨期間も予算変動の要因に
集合墓や単独墓タイプで、お墓をレンタルするという場合はお墓に納骨される期間に応じて価格が変動します。
これらのプランでは13回忌や33回忌などの節目までは個別に納骨され、指定された期間を超えると最終的に合祀されるという運びになります。
もちろん個別墓に入っている期間が長ければ長いほど多くの予算を用意する必要があります。
 
ご覧頂いた通り、一口に永代供養といっても、そのプランに応じて価格は大きく変動します。
また、価格を変動させる要因は他にも多くあります。
 
宗教や宗派によって価格は大きく変動しますし、お墓の立地も価格変動の一因となります。
永代供養だから必ず20万円以下の低価格で済むだろうという見通しだと、予算不足で希望の場所、プランを選択できないといった事態も考えられます。
 
こうした事態に陥らないよう、あらかじめ余裕をもった予算編成をし、綿密な料金見積もりを行いましょう。(スタッフ)
 

永代供養の利用代金は? 熊本の業者が詳しく解説

近年大きな注目を集めている永代供養。少子高齢化や無縁社会の到来でお墓に掛けられるお金は年々減少傾向にある中、永代供養は墓石の費用が掛からないなど、コストカットの面からも大変注目されています。
一般的なお墓よりも安いと評判の永代供養墓。その代金とは具体的にどのくらいなのか、熊本の専門業者が詳しく解説します。
 
・一般墓より安いものの、条件により値段は大きく変動
「永代供養墓はコストが安い」というのは一般墓と比べた傾向として、その現状を正しく表してはいますが、永代供養墓の中にも様々な種類、条件が存在し、価格は大きく変動します。
 
永代供養料、使用料、納骨量など様々な費用の合計は平均して50万円といったところです。
しかし、近年、10万円代で全てが済ませられる価格破壊ともいえるサービスが登場、立地やお墓の種類にこだわった200万円程度のプランも登場するなど、それぞれのニーズに合わせ価格幅は拡大を続けています。
 
永代供養は安いからと少なめの予算しか用意していなかったが、実際自分の好みに合うプランは高かった、となっては望み通りのプランを準備できなくなってしまいます。
永代供養を検討する際も、まとまった資金は用意しておくようにしましょう。
 
2018825105354.JPG
 
・価格はあくまでも基本的に「1人あたり」
もろもろの費用はおおよそ50万円ほどとご紹介しましたが、これは「納骨される方お1人あたり」の価格です。
家族単位の価格ではありませんので、2人分の永代供養を用意するなら100万円、3人分なら150万円といった具合に、1人につき50万円が必要です。あとからお金が足りないといった事態に陥らないよう、価格体系にも十分注意しておきましょう。
 
・安すぎる業者にも注意が必要
価格は安いに越したことはありませんが、あまりにも安価な業者には注意が必要です。
お骨の管理ががさつであったり、13回忌や33回忌に法事を執り行う際にその都度追加料金が必要であったりなど、破格の安さには何かしらの理由があるかも知れません。
 
「タダより高いものはない」とよく言いますが、契約の際、現地の見学と料金プランの入念な確認は必ずしておきましょう。
 
永代供養は一般的なお墓よりも安価で済ませられるケースが多いですが、こだわりが多ければ、高額なプランを選ぶ必要が出てくるかもしれません。
また、宗教や宗派によっても価格は異なるので、様々な業者の色々なプランを比較、検討した上で最適なプラン選びを行いましょう。(スタッフ)

渋谷で500人の経営者にプレゼンしてきました!!

パッションリーダーズアワード2018年のファイナリストとして会員4000社の中から選ばれる先見性と独自性を評価され情熱あふれるプレゼンターとして、渋谷のセルリアンタワー東急ホテルでプレゼンいたしました!

201891416302.JPG

ネクシィーズ近藤代表はじめ、SBI北尾会長、牛角創業者西山社長、DDホールディングス松村社長、バルニバービ佐藤社長、LIFULL井上社長、湘南美容外科相川社長、C channel森川社長と、超豪華な審査員の前で話すのはとても緊張しましたが貴重な体験になりました!

2018914163215.JPG

残念ながら、特別な賞などはいただけませんでしたがその後、多くの事業者からお声をかけていただき今後の協力と提携、技術供与などを申し出ていただき大変光栄に思っております。

2018914163031.JPG

また、プレゼンをしたことで現在の進めているプランの問題点や改良点も多数見つかり今からこれを進めるかと思うとワクワクしますし、少子高齢化の社会課題を解決してを時代を前に進められる革新的なものになる予感がしております。

201891416310.JPG

最後に、当寺の理念は、関わった人を豊かにしていくというブッダイズムです。

それはお墓でもそうですし、研修、修行、事業などでもそうです。皆様と共に豊かで自由な世界を作れるよう今後も精進していきますので引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。(住職)

2018914163129.JPG

第二回 パッションリーダーズアワード2018

(写真提供:阿部拓歩・二石光正)

永代供養の魅力は?そのメリットについて解説

永代供養という言葉を耳にしたことはありますでしょうか。
近年注目されている新しい供養の形のひとつです。
 
今までの一般的なお墓とは供養の方法が異なるこの永代供養ですが、一体なぜ注目を集めているのか。
そして年々契約数が増加している裏にある永代供養を選択するメリットとは何なのか。
 
一般的なお墓との違いからその魅力を探っていきましょう。
 
201882510535.JPG
 
・少子高齢化が永代供養ブームを後押し 
近年、永代供養が注目を集めている背景には少子高齢化によるお墓を管理できる親族の減少と無縁社会が原因で、日常的なお墓の維持管理が困難となっている現状があります。
今までは子供や孫の人数も多く、地元に残る人も多かったためお墓の近くに、お墓の世話をこまめにしてくれる人がたくさんいる環境が自然とできていました。
 
しかし、世帯あたりの出生数減少や都心部への人口集中で、お墓の面倒をこまめに見ることができる人が少なくなってきています。
今までの常識的な、お墓を自分たちで購入し、親族のみの力で管理、供養を続けるという形を継続するのが困難な家庭が続々と現れているのが現状なのです。
 
・永代供養は現代のお墓を取り巻く問題を解決
永代供養はこのような問題をあらゆる面から解決してくれます。
まず、寺院や納骨堂、霊園がお墓の維持、管理をしてくれるため親族によるこまめな管理を必要としません。
 
また、納骨時にすぐ合祀をするプランを選んだ場合、自前の墓石をレンタルしたり購入したりする必要がないため、今まで墓石にかかっていた分のお金を節約することができます。
子供や孫の人数が減少し、1人あたりの金銭負担が大きくなっていましたが、永代供養はこの問題を解決します。
 
金銭面に関しては、納骨後の追加料金がほとんどかからないので、残された親族に対し、お金に関する心配を負わせることもありません。
都心部にある寺院などを選択すれば、今まで供養するまでに長距離を移動しなければならなかった都心在住の親族も手軽に供養をすることができるようになります。
 
ご覧頂いた通り、永代供養は、現代社会が抱えるお墓に関するあらゆるトラブルを解決してくれます。
様々な問題を解消する画期的なシステムではありますが、一旦合祀してしまうと後で遺骨を個別に取り出せない、個別の墓石をレンタルすれば別料金が発生するなど、契約時に注意すべき項目がいくつかあります。
 
その低価格は永代供養最大のメリットではありますが、低価格だけに注目して、望みとは異なるプランを選んでしまわぬよう、慎重なプラン選びが必要です。(スタッフ)
ページ上部へ