ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

永代供養における遺骨に関して知っておきたい注意事項

永代供養墓は普通のお墓よりも安価で利用でき、管理者を必要としないというメリットがあります。
霊園が存続する限り供養してもらえますし、年間管理費を支払い続ける必要もありません。
このため家のお墓がない方や、管理者となる人がいない方の間で人気を集めている埋葬方法です。
 
永代供養墓は少ない費用で管理者を必要としないというメリットがありますが、納骨堂や家ごとに区切られたお墓を利用する場合とは違う点があるので注意が必要です。
永代供養を検討している場合には、普通のお墓との違いや注意事項をきちんと理解しておくようにしましょう。
 
201921712579.JPG
 
永代供養墓を利用する際の注意事項は、事前に遺骨の管理方法を確認する必要があることです。
この理由は、お墓の管理を行う霊園や寺院ごとに遺骨の埋葬・保管方法に違いがあるからです。
埋葬をする方法には他の人と分ける「分骨型」と、他の人と一緒にする「合祀」の2種類があります。
分骨よりも合祀の方が供養のための費用が安いというメリットがあります。
ただし、1度でも合祀をすると2度と自分の親や親族などの遺骨を取り出すことができなくなってしまうので注意が必要です。
 
「分骨型」の霊園を選択すれば、埋葬後に取り出して改葬・分骨をしたり海洋散骨や宇宙葬などの自然葬を実施することができます。
「分骨型」の霊園を利用する場合であっても、事前に確認をしておかなければならない点があります。
それは、一定の期間が経過すると自動的に分骨から合祀に切り替えられることです。
33年間または50年間が経過すると、合祀墓に変更されるケースがほとんどです。
この期間が過ぎると、遺骨を取り出して別のお墓に改葬や分骨をすることができなくなってしまいます。
 
永代供養墓を利用する場合には、以後に分骨や改葬を行うかどうかを十分に検討することが大切です。
1度でも「合祀」が行われると、二度と分骨をすることができなくなってしまうからです。
他の墓地に改葬をしたり海洋葬などの自然葬をするつもりであれば、一部を手元に保管しておくようにしましょう。
 
永代供養墓とは未来永劫にわたり遺骨を供養してもらえるお墓であると考えている方がいますが、これは誤りです。
一定の期間が過ぎると別の合祀墓に改葬されますし、霊園の閉鎖や廃寺などで管理者がいなくなるとお墓自体が処分されてしまうことがあるからです。
お墓で供養をしてもらえるのは埋葬されてから30~50年程度の期間で、この期間を過ぎると霊園の管理者や寺院関係者によって別の場所に移動させられることを理解しておきましょう。(スタッフ)

永代供養の値段は宗派によって異なるものなの?

永代供養とは、お墓を管理する人やお参りしてくれる人がいない場合に、寺院が代わりに供養してくれるという埋葬方法です。
身寄りがない人だけが利用するわけではなく、お墓の管理のことを考えて後の世代に迷惑をかけたくない方が生前に永代供養を選択するケースもあります。
また、普通にお参りすることはできて、合同墓を用意しているケースが多いため、そんな場合でも普通に親族がお墓参りをすることも可能です。
 
2019217125623.JPG
 
永代供養の値段は、宗派によって異なるというよりは、運営しているお寺によって異なるというのが正しいです。
そもそも、宗派不問で利用できるとしているところが多いので、結論として宗派は気にする必要はないでしょう。
選ぶ際の基準は、供養をしてもらう上で利用したいと思えるかどうかです。
また、アクセスのしやすさ等も考慮の対象となります。
アクセスはしやすい場所にあるケースも多く、遠くのお寺まで行くのは大変という方は、駅チカにあるような場所を選んでおくと後々お墓参りをする時に楽です。
 
合同墓を利用するときに注意すべき点は、遺骨は合祀されるので、他人の遺骨と一緒になった後は取り出すことができなくなります。
そのため、親族とよく相談して決めないとあとでトラブルになる可能性があるため、話し合って決めるべきです。
合祀されるタイミングはそれぞれ異なりますが、33回忌のタイミングで合祀されることが多くなっています。
それまでは遺骨は独立して管理されることになるわけです。
33回忌はつまり33年ということなので、結構長い期間合祀せずに管理してもらえることになります。
 
合祀のタイミングは相談となっていることもあり、基本的に分骨して管理する場合は費用が高くなり、合祀の方が管理費用が安くなるのが特徴です。
現在一般のお墓を持っている場合でも、改葬することで永代供養に変更することができます。
この場合は、役所へ行って改葬許可証を発行してもらい、今までの墓地で魂抜きをしてもらう必要があります。
墓石の撤去は石材店等に頼むことになります。
 
宗派を問わずに利用でき、墓の管理をする心配がない永代供養は新しいお墓の形として利用されることも増えていますが、それぞれ運営元によって条件が異なることも少なくありませんので、事前に条件面はしっかりと確認しておきましょう。
また、永代とはいっても未来永劫という意味ではなく、多くが33回忌や50回忌などと期限が定まっています。
その後は合祀されますが、お墓参りができなくなるというわけではなく、他の方と遺骨が一緒になるというのが一般との違いです。(スタッフ)

永代供養の法要で気になる費用はいくらくらいか?

永代供養の法要の費用は、一括払い料金の中に入っている場合がほとんどですので、支払う必要はないのが一般的です。
ただ永代供養のシステムは普及し始めたばかりの段階であるため、法要の費用の扱いについては各墓地でまちまちとなっており、契約時に確認することが不可欠となります。
墓地の運営主体によっては、法要の費用がその都度必要になるとしているところもあります。
永代供養を申し込んで払い込みをする場合には、契約時の一括払いののちに、必要となる費用についてしっかりと確認しておくことが大事です。
 
2019217125515.JPG
 
墓地に出向いて法要に参加する場合は、いくらかを渡すと良いでしょう。
墓地の無料駐車場を利用する場合もあるでしょうし、たいていは掃き清められている墓地を歩くことにもなります。
その時に渡すお金は、お布施となります。
お布施とは、寺院などに対する財施という施しです。
一般的に法要のお布施の費用の相場は、四十九日と一周忌が3万円から5万円、三回忌以降が1万円から5万円程度となっているようです。
しかしこれは、個別に来訪しての読経へのお布施です。
墓地で合祀墓の前で読経する場合は、割く時間も外部へ来訪する手間もかからないわけですから、そうした金額にする必要はないと見られます。
 
埋葬は墓地に限るという決まりになっているから墓地に埋葬し、永代供養という仕組みを利用している、無宗教だから読経は必要ないという人はたくさんいます。
読経は不要と遺言に書く人も多いです。
その場合は読経がおこなわれていないときに墓参りに訪れ、手を合わせるということも可能でしょう。
永代供養ですから、墓参りをする人がいないケースも多いことでしょう。
そのための初期費用です。
その後の支払いは、特に決まりがなければ、墓参りした人の気持ち次第となります。
初期費用に維持費が含まれているわけであり、普段の墓参りではお布施は基本的には不要ですが、中には渡す人もいます。
 
他の人がどうしているかというのは気になるものであり、仏事というよくわからない分野では、なるべく横並びで同じようにしたいと望むものですが、永代に渡る供養を一括前払いで引き受けるというシステムは始まって間もないため、勝手がわからないという人ばかりという状態とも言えます。
そのため、しきたりや習慣といったものをあまり気にせず、故人と向き合うことを最優先にして何事も判断するのが良いと考えられます。
インターネットの普及によって葬儀や埋葬に関しても大きな変化が起き、その後の仏事についても今後大きく変わっていくのは間違いなさそうです。(スタッフ)

永代供養の相場は?安い地域はどのあたりなのか?

永代供養の相場としては一般的な物であれば3万円から100万円と幅広く、利用をする施設によっても異なります。
安い地域はどのあたりなのかを調べてみると、都心から離れたアクセスもあまり良いとは言えない田舎へ行くほど、費用面は抑えられる傾向です。
 
2019217125336.JPG
 
寺院や霊園などが子孫や遺族に代わり遺骨を管理して大切に供養をしてくれる方法であり、永代は特に期限は決めてはいないことであり、供養は弔いをすることになります。
お墓を家族や子孫に継承をしていないことが前提ですので、後継ぎがいないとか身寄りのない人などの最終的な供養の方法として、昔から用いられてきた手段です。
 
墓石をたてるにもかなりのお金が必要であり、そのお金を捻出できない家庭などにおいても、有効な手段として選ばれてきました。
これまでの時代の考え方と現代人の考え方には違いが出てきており、あの世へと旅立つ方が近いシニア世代の方が、若い世代に気を遣うのも現代の傾向です。
 
自分の入るお墓に無駄に大金をつぎ込むよりも、その分を子供や孫に残したいとか、若い世代の子供たちに墓を守っていく手間と苦労をかけたくない考えで、本人自らが選択をするケースも少なくはありません。
一般的に立派な墓石でお墓を建てるよりも、永代供養の費用が安くて済むのは、埋葬方法に理由があるためです。
 
遺骨に関してはその家の代々のお墓に入るわけではなく、合わせて祀る合祀になります。
骨を骨壺から出して、特に血縁があるかどうかなどは無関係に、いろいろな人たちの遺骨と一緒に、全てをまとめての埋葬の方法です。
みんな一緒ですから個別に墓石をたてるような、高額な出費は不要になります。
 
また占有のスペースを準備する必要がありませんので、お墓は共有のスペースとなることからも、使用料はかなりの格安です。
永代供養プランは多種多様であり、お悩みや家族の要望などに合わせて選べるので、金額自体は特に一律ではありません。
合葬墓や合祀墓などの場合のお墓は、一つのお墓をたくさんの人たちと共有をしますので、お墓を継承したり管理をする心配がないです。
 
合祀専用のお墓の価格目安的には、およそ10万円から30万円程度を見ておきます。
埋葬を終わらせてしまえば、それからのことは寺院や霊園にすべて任せられるのも永代供養墓です。
1霊あたりの価格目安であり、つくりや立地によっても金額は違ってきます。
 
永代供養がセットプランになっているお墓もありますので、子供と夫婦の2世代で使えるとか、夫婦だけや単身者のみの一代限りのお墓などを選ぶことも可能です。
使用ができる期限がお墓に決められていて、その期間は普通とお墓同様の利用ができます。(スタッフ)

永代供養とはどのようなものか、その方法について解説

永代供養とは遺族や親族がお墓を引き継ぐことが出来ないときに、遺族や親族の代わりに霊園や寺院が故人を供養したりお墓を管理してくれたりすることです。
家族や親族がいない方や、お墓のことで家族に迷惑をかけたくない人は、このような方法を選ぶのも良い方法の1つになります。
 
2019217125234.JPG
 
遺骨を永代供養で埋葬することを選ぶと祖先や自分の遺骨を供養するのを霊園や寺院に委ねることになる訳です。
ですのでどのような方法で供養されるのかが、気になるという人は少なくありません。
どのように供養されるのかを知っておくことで自分にとって適しているかどうかを判断する基準にするのも良い方法です。
 
管理している霊園や寺院、宗派により永代供養で遺骨を供養する方法は色々違います。
法要を毎月執り行ってくれるところもあれば年2回のお彼岸とお盆の法要を執り行うところもあるのです。
そして遺骨を骨壷で個別に安置して供養してくれる霊園や寺院では3回忌や17回忌など仏教の節目になる法要を執り行っている場合もあります。
この回忌法要を執り行ってもらうときには霊園や寺院に対して、お布施を別途支払うことが必要です。
 
ちなみに永代供養は幾つかのタイプに分類することが出来ます。
自分や先祖の遺骨を安置することになるため永代供養で遺骨を埋葬するときは各タイプの特徴を理解しておき後悔しないようにすることが必要です。
 
合祀墓は共同で遺骨を埋葬しますが、共同とは親族とだけではなく他人と共同で埋葬されることになります。
ですので合祀墓に一度埋葬してしまうと、他人の遺骨と入り交じるので特定の遺骨を取り出すことが出来ません。
 
納骨堂とは遺骨を安置することが可能な屋内の施設のことを指します。
ですので納骨堂では遺族ごとに場所が確保され同じ場所に遺族の遺骨を納めることが可能なことが多いです。
 
集合墓は大きな1つのお墓に遺骨を納めます。
故人ごとに遺骨を別々の場所に納めるため、合祀墓とは異なり故人の遺骨を取り出すことも可能です。
大きなお墓が中央に設けられていて、その周辺のエリアを区画で分けている場合が一般的となっています。
集合墓は一定の期間を過ぎると、他の故人の遺骨と一緒に埋葬される訳です。
供養は遺骨を管理している霊園や寺院が法要を執り行いますが、法要をいつ行うのかは管理する霊園や寺院によって異なります。
 
個別墓は見た目上は普通のお墓と同様ですが、納骨してから事前に決めておいた期間が経過すると、原則として他の故人の遺骨と共同で埋葬されるため要注意です。
お墓への参拝は普通のお墓と同様に参拝することが出来ます。(スタッフ)

共同であることで生じる永代供養のデメリットって?

永代供養は、共同墓で供養してもらうシステムになっています。
アクセスのよい場所にあったり、個人墓と違ってお墓の管理をする手間がかからないメリットがありますが、デメリットも認識しておく必要があります。
 
2019217125141.JPG
 
まず、最も懸念すべきデメリットが、他の遺骨と合祀されて取り出せなくなるという点です。
遺骨を個別に管理してもらうことができないので、もし永代供養墓を利用するのであればきちんと親族で話し合っておかないと、トラブルになってしまう可能性があるでしょう。
 
ただし、合祀されるタイミングはそれぞれ異なります。
33回忌や50回忌などとしているところもあれば、管理する期間は相談で決める形になっているところもあります。
こちらについてもどのくらい分骨管理してもらうかを考えて、共同墓を選んでいきましょう。
最近はホームページやパンフレット等で永代供養を運営している霊園が詳細を説明しています。
また、直接電話やメールでの問い合わせにも対応しているため、それらを基にして正確な情報を集めておくべきです。
 
親族の理解を得にくい点もデメリットかもしれません。
確かに最近は弔い方の多様化によって、永代供養自体が増えてきています。
しかし、まだまだ伝統的な家のお墓に入るという考え方を持っている人も少なくなく、これを受け入れてもらえないケースも考えられます。
自分の入るお墓を共同墓にしたい場合は、しっかりと残される家族や親族のことも考えつつ、理解をもらえるように説得していく必要があるでしょう。
すでにあるお墓を移すケースでも、移したい側が他の親族をしっかりと説得していかなくてはなりません。
 
管理の仕方は運営元によって多様なので、しっかりと確認しておきましょう。
個人墓で弔うことのできるところもありますが、いずれにしても期間は定まっています。
永代という言葉が入っているため、未来永劫と思ってしまいがちですが、これはそういう意味ではありません。
前述のとおり、一定期間を経過した後は合祀されて一緒のお墓に管理されるようになるわけなので、その辺は事前にきちんと理解しておかなく必要があります。
 
費用は個人墓を建てるよりはかかりません。
ただ、初めから合祀されるタイプと分骨するタイプでは、後者の方がコストがかかる分費用が高くなっています。
もちろん、個人の墓石を購入するよりは安いので、比較すれば安いといって問題はありません。
あとは、運営元次第で料金は変わってくるので、様々な事情と料金を加味して、どこを選ぶべきかを考えておくと良いです。
ネット上には多くの情報があり、参考になります。(スタッフ)

手間の削減にもつながる?永代供養のメリットについて

永代供養とはお寺や霊園などにご遺骨を預けて供養や管理を委託するもので、ライフスタイルや供養に対する考え方の変化に加えて、少子高齢化や核家族化によりお墓を引き継いでくれる家族や親族がなかなかいないなどの事情から新たな供養方法として選択する方が増えています。
 
2019217125036.JPG
 
また、自分が死亡した後に残されたご遺族に迷惑を掛けたくないと言う思いから、遺言状にもしも供養が必要になった時には永代供養にして欲しいと記すケースや、生前に既に契約を済ませていたり費用を積み立ててあるケースもあります。
そんな永代供養のメリットは何と言っても日頃のお墓の管理をお寺や霊園に任せることができ、お掃除からお供え物の用意はもちろんのこと、節目にはお経をあげて頂けます。
したがって、ご家族の方がお墓参りをすることが無くても無縁仏になることが無いのも重要な要素です。
 
一般的にお寺や霊園に埋葬する場合は家族や親戚の方が訪問して掃除をしたり、お供え物を備えたり、お坊さんにお経をあげてもらうために依頼するなど煩雑な手間や費用が発生します。
その一方で一旦契約してご遺骨を預ければ、ご遺族の方はお墓の管理や現地に訪問する必要も一切無く、お寺や霊園、管理会社などが行ってくれる手間の大幅な削減にもつながります。
費用面では最初に一括払いをしてその後一切の費用が発生しないケースや、月額払いをするケースもあります。
手続きと埋葬を済ませたら、あとは自身の都合が良いときに訪問して手を合わせたり、親族の方が集まれた時や故人の命日などに依頼すれば別途お布施を支払ってお経をあげてもらうことも可能です。
合同墓に合祀して頂くケースでは既に用意されているお墓に埋葬するため、お墓の購入代金や区画の使用料なども必要ありません。
 
昨今の少子高齢化による人口減少から宗派や宗旨に限定してしまう利用者が極度に減ってしまうという現状や、宗教の理念から全ての方へ手を差し伸べるという意思もあり、ここ数年で多くの永代供養墓は宗派や宗旨を問わないことを宣言しており、他の宗派や宗旨の方、無宗教の方でも利用することができます。
ただし、一部には以前からの檀家さんしか受け付けていなかったり、契約時に檀家に入ることが条件になっているケースもあるため、あらかじめ確認しておきたいところです。
また、永代供養を受け付けているお寺や霊園では葬儀会社と提携するケースが増えており、個別に直接申し込むのと比較して柔軟なプランが提供されていたり割引サービスを受けられる場合もあり、積極的に利用したいところです。(スタッフ)

永代供養の予算感、納骨などにかかる費用はどのくらい?

永代供養の予算感は、ここ数年でも大きく変わっています。
今後はますます費用が低下していくことが予想されますので、リアルタイムの情報をインターネットなどで確認しておくことが望まれます。
 
2019217124914.JPG
 
インターネットの普及によって、葬儀の形態も費用も大きく変わりました。
永代供養が一般化したのも、インターネットの普及によるところが大きいでしょう。
スマートフォンの普及で、インターネットはますます身近なものとなっていますから、永代供養についての情報も以前と違ってたやすく得られるようになっています。
費用に大きなばらつきがあることも、人々は容易に知ることができるようになりました。
情報を得てから選べるようになったことで、費用の適正化が進みつつあります。
 
それはまさに進行中であるため、現在の予算感は数か月後には変わるかも知れず、一概にどうとは言えませんが、ボランティア感覚で引き受けているところは安く、ひとつの新規事業として考えているところはそれなりの額となっています。
納骨料込みの永代供養が10万円のところもあれば、150万円以上のところもあるといった具合です。
費用を抑えているところは、最初から合祀する場合がほとんどです。
遺骨を個別に仕切ったスペースに埋葬するのではなく、合同墓に他人の遺骨と混ぜて納骨されます。
墓石がある場合は名前を刻むことができるケースもありますが、33回忌などを区切りに、名前も消されることになっている場合が多いです。
最近は墓石の代わりに樹木を植える樹木葬も多くなっています。
その場合は名前をなんらかの形で刻む場合もありますし、そうしたことはしない場合もあります。
引受先によって、まちまちです。
いずれにしても、最初から合祀する場合は費用が安く抑えられます。
 
費用が高額になるところでは、普通の墓地のように個々の専用区画に墓石を建て、そこに通常通り埋葬するケースが多いです。
その場合でも33回忌などを区切りに、専用区画は更地にされ、遺骨は合祀されるというのがほとんどです。
その場合は墓石の撤去費用などもかかりますから、費用は高くなります。
永代供養料の他に、管理料が毎年かかる場合も多いようです。
 
永代にわたって供養を引き受けるというシステムは、まだ普及し始めたばかりであり、仕組みは各墓地によってまちまちです。
家族形態は戦後の家族制度の廃止でとうに大きく変わっており、本来はもっと早く普及することが望まれていたわけですが、インターネットの普及でようやく需要に応えるところが増えてきたという段階です。
今後は普及が進み、より利用しやすい費用となっていくことが予想されます。(スタッフ)

宗派によって制限はある?永代供養に関して知っておきたい注意事項

永代供養に宗派の制限があるかないかは、墓地によって異なります。
 
えんむすびの寺金剛宝寺は熊本地震をきっかけに、ボランティアのつもりで永代供養を始めたものであり、当然ながら宗教宗派に関係なく、永代供養をお引き受けしています。
永代供養のシステムも、墓地によってまちまちであり、えんむすびの寺金剛宝寺では宗派不問・低価格・追加費用なしにて、永代にわたって管理・供養を致します。
 
戦後家制度が廃止されて以降、家族形態は大きく変わり、近年はお墓を継ぐ人がいなかったり、遺族にお墓などのことで迷惑をかけたくないと考える人が増えています。
先祖のお墓の場所が遠くて、あるいは多忙でなかなかお墓参りに行けない例も多いようです。
 
201921165737.JPG
 
地域のお寺に支払う費用や、高額なお布施に悩んでいる人も多くなっています。
新しくお墓を建てる際には、設置費用や維持費用が相当かかり、維持してきた先祖代々のお墓を閉じようとする際にも、遺骨を移す先に頭を悩ますことになります。
遺骨を入れる場所がなく、自宅やお寺に置いたままにしている遺族もかなりの数になります。
 
家制度の廃止という大きな変化があった一方で、お墓の仕組みだけをそのままにすることには無理があります。
家を継ぐという観念がなくなったわけですから、お墓もそうなるのは致し方のないことです。
継ぐことも継がせることも不確定なものとなって当然な面があります。
お墓を守って行こう、継ごうとする方々の努力によって、なんとかこれまで維持されてはきましたが、ここに来て限界になっているように見受けられます。
 
金剛宝寺では、時代の変化に即して、お困りのご遺族の方々やお墓を継ぐ人のいない方々のために、力になろうと永代供養をリーズナブルな仕組みにてご提供しています。
ホームページを見ていただくとおわかりのように、注意事項はわずかであり、多額の寄付を募ったり、寺の修復費用を檀家さんに振り分けるようなことは一切しておりません。
 
檀家になる必要もありませんから、文字通りの永代にわたっての供養です。
金剛宝寺は真言宗であり、供養は真言宗式におこなっていますが、わが国の多くの方々が無宗教である現状も汲んでいますから、当然ながら宗派不問でご利用いただけます。
場所は大分県玖珠郡九重町です。
初めに工事費込みで40万円をお支払いいただければ、年間管理費無料で永代にわたって供養いたします。
遺族による定期的なお墓参りがなくても樹木葬ですから、個別の掃除などの心配はありません。
やがては阿蘇くじゅう国立の自然に還ることができる樹木葬であり、お墓参りのときには阿蘇の雄大な自然をご覧いただけます。(スタッフ)

気になる予算感、永代供養の値段を下げられる工夫って?

永代供養とは、少子化などの理由で自分のお墓を守ってくれる子孫がいない人などが寺院の合同墓などに納骨を希望し、子孫の代わりに寺院や霊園の管理者に永眠後の法要を行ってもらう供養方法です。
 
寺院の檀家になる必要もなければ、寺院と違う宗教や宗派でも受け入れてもらえるため、永代供養の需要は年々高まっています。
永代供養で必要な費用は納骨費用と法要の回数に合わせた法事費用だけで、霊園の墓の年間管理料や墓地使用料、法要ごとの僧侶へのお布施及び戒名代は不要です。
 
201921165656.JPG
 
法要のたびに親族を呼んでの会食代や引き出物代、お車代など全て不要なため一般の法要に比べてかなりコストカットできます。
それでもどの程度の予算感か気になるところですが、どのような合同墓の形態を選択するか、法要を何回忌までするかで変わり、個別安置より合祀を選択したり法要の回数を減らしたりすることで、値段を下げることが可能です。
 
合同墓の形態は大きくわけて3種類あり、樹木葬のようにいつか骨ごと土に還るのを目的とした自然葬タイプ、観音像や塔などのモニュメントの周囲に他の人と合同で納骨する集合墓タイプ、合同墓とはいえ小さな墓石や石碑を個別に建てる個別墓があります。
ある程度のスペースを確保する個別墓は10万円から50万円前後、手間のかからない集合墓タイプは3万円から10万円前後、自然葬や樹木葬は桜などのシンボルツリーや広大な自然を管理するための費用がかかるので10万円から80万円前後とやや高めです。
永代供養という名前が付いていますが永代に供養するわけではなく、通常は三十三回忌から五十回忌くらいまで法要を行い、その後は合同墓で静かに眠ってもらうので、この何回忌まで法要を行うかで値段が変わります。
最も多い三十三回忌までの供養が40万円から50万円前後、十三回忌までが30万円から40万円前後、五十回忌までは100万円前後、僧侶による読経や供養をせず合同墓に納骨するだけなら5万円前後です。
 
一般的な寺院の墓地や霊園の葬儀では200万円から300万円前後の予算が必要と言われており、それに比べると大変安価な予算感になります。
永代供養でも戒名を希望する人が多いので寺院や霊園では3千円前後で戒名授与証書などを発行していますが、戒名授与証書を略することも可能です。
遠方の場合は納骨の郵送を受け付けている寺院もありますが、少しでも値段を下げたいなら持ち込みにすれば更に安価になります。
もとより葬儀や年回忌は故人ではなく遺族のための読経と言われており、遺族や子孫が不在なら今後も永代での供養を望む人が増え、更にコストパフォーマンスは良くなっていくはずです。(スタッフ)
ページ上部へ