ホーム>スタッフブログ>永代供養>樹木葬(熊本 金剛宝寺より)という自然回帰の新しい埋葬のカタチ~
永代供養

樹木葬(熊本 金剛宝寺より)という自然回帰の新しい埋葬のカタチ~

熊本なども含めて市区町村が母体となり、最近では自然葬という新しい埋葬墓地のカタチにする場所も、選択される方も最近では増えてきています。海や山に遺灰を自然に還すこと、自然葬を指す言葉の一つです。自然回帰の散骨をする樹木葬は近年、応募数が受付数を超えるほどの人気の場所もあるそうです。

201681914149.JPG

従来の日本の墓標を立てる先祖代々守り続ける伝統的な風習も、最近では少子高齢化の影響も少なからず、あり難しいと考える人も出てきております。

もちろん、自然葬を望む人はそれだけが理由ではありません。自然の摂理といった考えに至り、産まれた命は自然に還りたいと、切に願う考えの人も増えてきていて、古き良き風習も大事ではございますが、自然葬(樹木葬)はとても素晴らしい考えの一つだと思います。

場所によりますが、ペットと同じ場所で眠ることもでき、長年連れ添った人以外の大事な家族と、共に眠ることができるのも魅力の一つではないでしょうか。

家族以外でも一緒に眠ることができるのも、樹木葬の魅力でありますが、費用面から見ても魅力的に感じる人が多いようです。

一般的な費用相場としては200万から300万と言われている使用料ですが、樹木葬は30万~80万と使用料も抑えられ、残された家族に負担をかけたくない。独身の方でも入ることができるといった今の時代にも合った形式といえます。霊園などにもよりますが、使用料や管理料が含まれている場所も多いです。

継承者がいない方でも入ることができ、永代供養で弔ってもらえるといった部分もあります。

20168191448.JPG

熊本・大分・福岡でも、近年は増えてきている樹木葬ですが、なにより一番大事なことは、どんなカタチでも故人が望むカタチ。思いのカタチを尊重するのも何よりも大切なことではないでしょうか。時代というのは常に変わっていくものです。

残された家族も気持ちよく、そして無理なく、感謝の気持ちをもって、ご供養にあたることが何よりも大切なことであります。

高価なお供え物、たくさんのお布施、完璧な作法が必要なのではありません。

201681914849.JPG
 

心からの感謝・敬意といった心のカタチを故人に向けることが、なによりも大事なカタチ。一番素晴らしいご供養です。

気持ちが巡り、多くの人が樹木葬を通して、幸せのカタチを描けていけるのであればそれは素晴らしいこと。決してお墓がこうあるべきだと、固定観念にとらわれてはなりません。

 

2016818142757.JPG

豊かな樹木に囲まれた金剛宝寺の永代供養付き自然葬、自然に還っていけるのが魅力です。

天空陵はこちらから
http://www.kongouhouji.or.jp/contents/tenkuryo/eitai/

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kongouhouji.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/85

ページ上部へ