ホーム>仏教道場>仏教道場について

仏教道場について

仏教道場について

成功法則であるブッタイズムを学ぶ

ブッダの哲学(ブッダイズム)は社会で活躍したい人の羅針盤です。ブッダイズムで正しく世界を見ていくことができれば、そこにはどんな時代をでも成功し続ける成功哲学があります。

ニーチェ (ドイツの有名な哲学者)
「仏教は、歴史的に見て、ただ一つのきちんと論理的 
にものを考える宗教と言っていいでしょう」
 
アインシュタイン (相対性理論の科学者)
「現代科学に欠けているものを埋め合わせてくれるものがある 
とすれば、それは仏教です」
 
マービン・ミンスキー (人工知能の父)
「人工知能をやろうとすれば、当然ながら人間の知能
それから心の仕組み、働き方が標的になり、
とくに心の研究には仏典が比類なきテキストになる」
 
仏教は心の学問だと言われております、情報時代で取捨選択の難しい現代にこそ、歴史仏教哲学を実践的に学び人間力を高める時だと思います。是非、迷い無き人生を送る為にブッダイズムという羅針盤を学んでみてください。
次世代を担うリーダーに必要なものは決断力です。有言実行できるよう社会の為に共に精進していきましょう。
                                                  金剛宝寺 住職 井上仁勝
        

 

仏教道場の特徴

※現在、起業家のみのお申込みとなっております。

仏教道場では仏教の原理原則を学び、社会で活躍できる仏教的マーケティング理論を学び実践していただきます。主に起業直後から売上数億円までのステージの方にお薦めしております。

 

徹底した問答形式

仏教道場では会話に一切のタブーがありません。ありとあらゆる人の社会で起こる問題に対して徹底的に議論します。そうした中で、個々人が持つ思考の盲点に気が付いてズレを即日に直していけるのです。人の本質を正しく見て、未来を予測出来てこそ真のリーダーに必要な事だと思っています。もちろん、海外から仏教を学びたい方も大歓迎です。

2.徹底したディスカッション形式

極めてシンプル、そして奥深い

3.宗派にこだわらない話をします。

仏教道場では、出来るだけ専門用語を用いません。物事を伝えるのをシンプルに出来ないというのはその物事を本当の意味で理解できていない事だと思います。それでいて、ありとあらゆる現象に繋がっていく奥深さ味わっていただきたいと思います。

理論と実践は表裏一体のもの

4.実体験に基づいた現実に出来た話をします。

仏教道場では、論理的でない話や机上の空論を嫌います。自分達自身が数多くの困難を乗り越えてきた実践的な手法を中心に理論と実践をセットにしてお伝えしていきます。

環境が変わる事で生まれる発想

5.大自然を使った他にない研修ができます。

仏教道場は、阿蘇くじゅう公立公園内の特別地域の中にあります。大自然の中で、人とはなにかという事を別の角度から掴んでいただきます。いつもと違う世界で脳に良質な刺激をもたらしましょう。

人の本質から未来を予測する

1.仏教の技術に自信があります。

仏教道場では、極めて論理的人の本質を解きます。これによって社会の姿を正確に掴むことができるようになり、未来の社会の姿を予測して様々な分野での応用や独自の発想を自在に生み出すことが出来るようになります。

人間の深い理解が特効薬になる

2.鍛えていない部分を鍛えるので自信があります。

仏教道場では、社会のあらゆる問題について仏教を通じて議論します。人間関係、ビジネス、家庭、病気、すべては人が人ゆえに起こる問題です。深い人間理解がこれらの問題の特効薬です。

精神力を超える世界の働き

3.精神を鍛えるより効果があるので自信があります。

仏教道場では、自分の才能の限界、精神力、地位、権力、あらゆるものを超えた世界の働きそのものを自分の生き方に上乗せします。正しく使いこなしたならば、あなたは自身の能力で悩む事はなくなることでしょう。

 

 

 

修行紹介 ※内容は個人に合わせて変えていきます

写経(しゃきょう)

写経(しゃきょう)
全ての仏教は般若心経から始まります。この始まりのお経をどれだけ深く理解出来るかで、仏教を使って辿り着ける世界が変わります。始まりにして究極である般若心経を学びましょう。般若心経の解説を見たことがあって、実践的な使い方がよく理解できなかったという方には特にお奨めです。
 

真言(しんごん)

真言(しんごん)
仏教を応用した密教と呼ばれる分野の修行です。心と体を言葉を一体として、強い精神を作る修行をします。主にアスリートや、プロスポーツ選手にお薦めする修行です。不動心を自身の中に強固に築き、夢や目標、不安を感じる局面でも強い想いを維持できるように精神力を鍛えます
 

礼拝(らいはい)

礼拝(らいはい)
懺悔の修行です。過去に強い後悔などがある時に心で区切りを付ける為に、肉体的に厳しい修行をします。強い自我や、周りが見えなくなるほどの我欲に振り回されているような人に自身をコントロールするきっかけを与えます。運動不足の方は筋肉痛にご注意ください。
 

水行(すいぎょう)

水行(すいぎょう)
清流の中で自然と一体となる精神修行です。自然の一部である人という存在について肉体を通じて感じ取ります。また、清らかな水の流れは、あらゆる雑念を払うのにも適しています。気持ちもスッキリしますので、新しく大事な事業を始められる前などにお薦めです。
 

教学・法話(きょうがく・ほうわ)

教学・法話(きょうがく・ほうわ)
仏教道場では、これがもっとも大事な修行です。人の本質をよくよく理解して修行に望まなければ形だけのものになりがちです。理論と実践がかみ合ってこそ、仏教は本来の効果を発揮します。当寺ならではの、分かり易くで極めて奥深い仏教を味わってください。
 

瞑想・座禅(めいそう・ざぜん)

瞑想・座禅(めいそう・ざぜん)
「座って心を静める」座禅とはそういう意味です。始まりの座禅は、社会で起こるありとあらゆる事象の根幹について静かに考えることから始まっています。心を静めるという事は、創造的な発想をする為にもとても効果的です。もちろん、宗教的なものを省いてマインドフルネス的な瞑想も指導できます。
 

勤行(ごんぎょう)

勤行(ごんぎょう)

勤行とはお経を口に出してお唱えすることです。当寺ではお唱えするお経の解説も致します。お経はただ、お唱えするだけではなくその意味をしっかり理解することで毎日のお勤めする人により良い効果をもたらします。経文という先人の知恵に触れてみてください。

護摩行(ごまぎょう)

20169518135.JPG

護摩(ごま)とはインドの言葉で火を焚くという意味です。自身の心にある様々な不安、悩み、葛藤などをことごとく燃やし尽くし、社会の為に自身の目標を実現させていく心を養います。困難に打ち勝つ強く決意を持ちたい、関係者と一丸となって事に望みたい。そんな方々にお奨めの仏教修行です。この修行はオプションになります。

火渡修行(ひわたりしゅぎょう)

201695225034.jpg

大自然の中で大護摩を焚き、のちに火渡修行をします。恐怖と向き合い、自身の心の限界を超える修行の一環です。相応の覚悟をもって挑んでいただきたいと思います。場合によっては軽いやけどをすることもございますのでご注意ください。この修行は基本オプションとなります。

 

修行日程一例

修行例(修行内容は個人差があります)

10:00 受け付け・開校式
10:30 仏教講義 初期編
12:00 昼食
13:00 水行
14:00 仏教講義 実践編
15:30 座禅
16:30 仏教的マーケティング講座
18:00 夕食・座禅、講義のおさらい
23:00 就寝(講義の内容を深く理解する時には時間を延長して補足していきます)

 

修行最終目(例)

7:00 勤行
7:30 真言・瞑想
9:00 朝食
10:00 閉校式・解散

仏教道場概要

プラン 

タイプ 内容 修行費用
A 1泊2日 仏教道場 一名樣50,000円


持ってきていただくもの

リラックスできる服装、洗面用具、筆記具、ジャージ等、
 

将来、新しい世界を切り開くリーダーの皆様に

20169616454.JPG

仏教を極めると、社会を見る目が格段に上がります。そして、物事の本質を見抜いて要所を的確に動かしていく人物になるのです。不可能を可能にし、能力の限界を超え、未来を予測し、社会を変えていくのです。次世代の世界変えていくリーダーには必須の技術だと思います。

自身の直感を信じて果敢に挑戦する。それこそ、リーダーに必要とされる即断即決の資質だと思います。迷った時には、自分を信じて行動する時なのです。

お申込方法

仏教道場は完全予約制です。

お支払いは現地でお願いいたします。クレジットカードやpaypayなど各種の支払い方法がございます。


お問合せ

金剛宝寺 仏教道場 係

※お申込み前に簡単な現況のヒアリングがございます
TEL:0967-44-0708

当寺へのアクセス

金剛宝寺は九州のほぼ真ん中に位置します。
カーナビに設定する際には、「金剛宝寺」といれて設定されてください。もし、それで違う場所が案内される場合は「瀬の本高原ホテル」「瀬の本高原オートキャンプ場」を設定されますと当寺の周辺に案内してくれます。金剛宝寺へのアクセス

 

本州よりお越しの場合

飛行機

福岡空港 → 黒川温泉 → タクシー(5分)

玖珠IC → 60分

ダイヤが合わない方はレンタカーをお奨めします。

ページ上部へ