ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

永代供養の契約における注意事項について解説

今までお墓の維持、管理のために費やされていたあらゆる労力を減らすことができると話題の永代供養。
時代に合った供養のスタイルとして現在急速に拡大しています。
 
その一方、最近登場したばかりのサービスであるということもあって、業者と利用者側との解釈の違いから、契約後に「思っていたサービスと違う」と不満やトラブルを抱える方も増えています。
そこで今回は、永代供養を契約する前に注意すべきポイントをいくつかご紹介します。
 
2018825105216.jpg
 
・収蔵期間をしっかり確認。
納骨堂に遺骨を納める際、収蔵期間を決定することになります。
これは死後、納骨堂に遺骨を保管する期間のことです。
 
13年や33年など様々なプランがありますが、安いプランであればあるほど収蔵期間は短い傾向にあります。
価格の安さで即決してしまい、ふたを開けると思っていたより収蔵期間が短かった、なんてことにならないよう注意しましょう。
 
・改葬の可否は後悔のタネ
収蔵期間と同様、契約前に確認しておきたいのは「改葬」の可否です。
永代供養墓の多くは収蔵期間終了後、合祀墓という墓に遺骨をまとめて収容します。
 
合祀墓に入ると、後になって遺骨を取り出せず、改葬ができないケースが多いため、その事実を知らずに後から後悔する方が多くいらっしゃいます。
家族がいる場合は、改葬の可能性が本当にないかどうか、10年、20年先を見据えた上で決断を下しましょう。
 
・実際に現地に足を運んでみよう。
永代供養を扱う業者の中には、ウェブ上で契約までの全ての手続きを済ますことのできる業者も存在します。
しかし、実際に現地に足を運んでみないと分からないこともたくさんあります。
 
例えばお骨の管理状況。パンフレットでは懇切丁寧に保存しているなんて書かれていても、実際はがさつに扱われていたり、施設が汚かったりと、想像と現実のギャップに後悔する方もいらっしゃいます。
 
また、施設の利便性も現地でしっかりと確認しておきたいところです。
建物の立地やバリアフリー設備の有無など、何十年先も安心してお参りに行けるのかをしっかりと見極めましょう。
 
永代供養は比較的新しいサービスであるため、契約内容を良く理解しないまま契約に踏み切ってしまう方が多くいます。
特に、合祀墓へ移すタイミングに関して多くのトラブルが起こっています。
 
価格やサービス内容など表面的な条件で決めてしまうのではなく、契約内容を隅から隅まで理解した上で契約するよう注意しましょう。(スタッフ)
 
 

永代供養の業者選びにおいて値段以外で見ておくべきポイントとは?

近年、親族の負担軽減とコストカットで注目を集める永代供養。
しかし、これまで一生懸命頑張ってきたご本人の最後の住まい選びとして、また、お世話になった方のお墓選びをコスト面だけから考えるのはいかがなものでしょうか。
 
ご本人の意思がしっかり反映されたプランを選ぶには、価格だけ見ていては納得のいく結果にはならないでしょう。
そこで、ここでは永代供養墓を選ぶ際、価格以外に気をつけておくべきポイントを解説します。
 
2018825104935.JPG
 
・永代供養は合祀が一般的 
永代供養墓は破格のコストカットを実現しているという認識がされていますが、永代供養であれば全てのプランにおいて価格破壊が可能というわけではありません。
一般的な永代供養の格安プランというのは、「最初から合祀」というのが前提です。
 
これはすなわち、納骨される時点で最初から、赤の他人と同じお墓に入るということを意味します。
したがって個別のお墓を用いて供養することはできないのです。
 
・合祀以外のプランも
では、個別のお墓を使って供養をしたいという場合はどのようなプランを選べばいいのでしょうか。
そういった方には13回忌や33回忌までは個別の一般墓を契約し、契約期間が終了したら合祀をされる、個別と合祀のハイブリッドともいえるプランがおすすめです。
 
このプランを用いれば、近しい親族がご存命の間は個別墓で供養してもらい、遠縁の親族に維持負担が掛かり始めるタイミングで合祀してもらい、親族に負担を与えないといった、いいとこ取りができるようになります。
 
値段だけを見ていては、こういったプランは費用が掛かるため眼中にも入らないでしょう。
しかし、少しの間だけでも個別に供養して欲しいという方にはぴったりのプランとなっていますので、価格だけに注目するのではなく、プランの内容にも注意しましょう。
 
・大事な遺骨管理も確認
また、遺骨の管理体制にも目を向けておきたいところです。
合祀された後は基本的に遺骨を取り出すことができません。
納骨から何年経ったら合祀されるのか、契約時にしっかり確認しておきましょう。
 
また、お寺や納骨堂の管理体制も注視しましょう。
納められている遺骨の数が多いと、管理ががさつな納骨堂やお寺も存在します。
申し込みをする前に一度現地で管理状況を確認しておきましょう。
 
コストの安さが魅力の永代供養ですが、価格だけに着目していては後から思わぬ点で後悔してしまうかもしれません。
遺骨の管理期間や管理体制、また合祀のタイミングなど価格以外の契約内容についてもしっかり確認してから契約を結びましょう。(スタッフ)
 

永代供養で気になること、何の項目にいくらかかるのか?

残された遺族の負担も少なく、費用も節約できるとあって近年注目を集めている永代供養墓。
しかしなぜ永代供養墓は一般墓と比べ、費用を削減することができるのでしょうか。
 
料金内訳とその体系から、永代供養墓にかかる費用を探っていきましょう。
 
・永代供養の料金体系
まず基礎知識として覚えておきたいのは、永代供養の場合、初回の一式費用を払えば、その後の追加料金はほとんど発生しないという点です。
残された子孫に金銭的負担を負わせないというのは非常に安心です。
では、その初回費用の内訳を見ていきましょう。
 
2018825104838.JPG
 
初回費用は大きく分けて「永代供養料」、「納骨法要」、「刻字料」の3点に分けられます。
「永代供養料」は文字通り、永代に渡り供養してもらう権利を取得するために払うお金です。
「納骨法要」は、法要の際のお布施、刻字料は墓誌や過去帳の記載に必要な料金となっています。
 
これらの初期費用は、合祀墓を利用する場合、5万円から10万円程度が相場ですが、近年3万円台と破格の安さで永代供養を行う寺院も出てきました。
ただし、納骨堂や個別墓を利用する場合、永代供養費は割高となり、納骨堂を利用する場合10万円から100万円、個別墓の場合は4万円から200万円ほどが相場となっています。
 
この幅広い価格帯の原因は納骨堂や墓石のタイプ、また、その立地などです。
雨風にさらされず、こまめな手入れをせずとも綺麗な状態が保てる室内型の納骨堂やお墓は、価格が特に割高になる傾向にあります。
 
・追加料金が発生する場合も
永代供養の場合、基本的に追加料金は発生しないのですが、場合によっては追加料金が発生するケースもあります。
その1つが生前契約時の年会費です。
 
永代供養の多くは生前契約が可能となっており、「終活」のひとつとして近年注目を集めています。
契約者が存命中は年間数千円程度の年会費が必要なところが多くなっています。
 
このほかにも、個別の法要の際に追加料金が発生することもあります。
永代供養のお寺は合同の供養を行うことが多く、一周忌や三周忌に個別の法要をしたいとなると、お布施や場所代など追加で料金を支払わなければならないことがあります。
初期費用にこういった個別の法要に対する費用が組み込まれているかも確認しておきましょう。
 
ご覧の通り、永代供養の場合、納骨後の追加料金が発生しないケースが多く、本人だけでなく親族にとっても安心なプランとなっています。
ご自身の不安解消、また、親族の負担軽減の為にも、「終活」の一環として永代供養のご検討を始めてみてはいかがでしょうか。(スタッフ)

永代供養の利用でかかる費用の相場は、目安はどのぐらい?

ご遺族や子孫の代わりに寺院や霊園などが遺骨を管理、供養する永代供養。少子化や無縁社会の到来で注目を集めています。
しかし、いざ永代供養を依頼しようとすると、費用はいくらほどかかるのか、大変気になるところです。
 
ここでは、永代供養にかかる費用の相場を確認していきましょう。
 
2018825104731.JPG
 
・一般的な永代供養の費用
そもそも永代供養とは、子供や親族へのお墓の継承を前提としていない場合に採られる方法です。
したがって遺骨は、様々な人と同じお墓でひとまとめに埋葬する「合祀」という方法で埋葬されるのが一般的です。
 
それにより、家族単位で墓石を購入する必要がなくなりますので一般墓よりも費用は削減可能となります。
このスタイルを採用した場合、費用の相場は10万円から30万円ほどになります。
 
お墓の立地やつくりに応じて価格は変動しますが、いずれにせよ一般墓よりも費用を格段に抑えることができます。
 
・合祀以外の方法も
しかし、永代供養はして欲しいが、親族以外の遺骨と一緒に埋葬されるのには少し抵抗を感じるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
そんな方におすすめなのが、1世代、2世代用のお墓に永代供養がセットとなったプランです。
墓石型の一般的なお墓や納骨堂を一定期間借り上げ、そこに遺骨を納めるというシステムとなっています。
 
使用期限が切れた後は、先ほど解説しました「合祀」によって供養される流れとなっています。
これにより、近しい親族や子供が存命の間は個別の墓で供養してもらえるが、一定期間が経ち、遠い親戚に負担が回るタイミングで合祀されることで、親族への負担を軽くしつつ、無縁仏にはならないという一般墓と永代供養墓の「いいとこ取り」ができるプランです。
 
メリットが大きい分、最初から合祀されるプランと比べると費用は多めに掛かります。
費用の相場は30万円から200万円程度となっています。
寺院や霊園の立地、お墓の仕様や占有スペース、また個別埋葬の契約期間によって費用は上下します。
 
契約期間に関しては、13回忌や17回忌、33回忌といったタイミングが一般的となっています。
 
ご覧の通り、永代供養には大きく分けて2つのプランが存在し、お墓の仕様やその立地で価格は大きく変動しますが、そのコストは従来のものよりも大きく削減することができます。
費用を負担してくれる親族が少ない、また、子孫に負担を残したくないという方にとって、永代供養墓は金銭的にも大きな負担軽減となります。
親族や子孫の為にも、永代供養墓という選択肢を考慮してみてはいかがでしょうか。(スタッフ)

永代供養とは?特徴や基本事項について解説します

少子高齢化社会の到来や無縁仏、孤独死の増加などの社会的背景を受け、にわかに活況となっている永代供養。
そんな単語を耳にしたことはあるが、詳しい意味やその実情をよく知らないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
 
そこでここでは、永代供養とは一体何なのか、どういった点が従来のお墓と違うのか、その特徴や基本事項を簡単に解説していきます。
 
2018825104621.jpg
 
・永代供養墓とは
永代供養墓に厳密な定義はまだ存在しませんが、一般的に、「継承者がいなくても申し込みが可能」、「生前に申し込みが可能」、「永続的な管理と供養を受けることができる」という3点を満たすものが永代供養墓と呼ばれています。
 
従来のお墓の場合、親族がお墓をこまめに管理する必要がありました。
また、個別に墓石を建てるためまとまった費用を用意する必要もありました。これまでのお墓の形は、この先も面倒をこまめに見てくれる親族の存在、またまとまったお金の面倒を見ることができる経済状況が前提にあったのです。
 
・永代供養を取り巻く環境
しかし、冒頭でも述べたとおり、家族をとりまく環境はこの数十年で大きく変化しました。
 
子供の数の減少や独身率の上昇、また、都市部への人口集中などにより、子供をはじめとしたお墓の面倒を見てくれる親族がいない、もしくは遠方に住んでいるためお墓の管理を頻繁に行えない。
昔と違い兄弟姉妹の人数が少ない為、お墓に関する1人あたりの金銭負担が大きく、平均寿命が延びた影響で高齢者としての生活期間が長引いているためお墓にまでお金を回すことができない。
 
これまで当たり前とされた、死後、お墓の管理をしてくれる人の存在や潤沢な資金が準備できる環境が当たり前ではないため、従来のシステムでは問題が多々生じるのです。
 
・永代供養は様々な問題を解決
永代供養墓はこういった問題を解決するとして現在流行の兆しを見せています。
 
永代供養墓は、一般的に寺院が管理してくれることが多く、親族のケアを必要としません。
また、寺院にあるため従来の霊園よりもアクセスしやすいケースが多いので、離れて暮らす親族も気軽に立ち寄ることができます。
また、墓石代が掛からないため親族の金銭的負担も軽減されます。
 
ご覧の通り、永代供養墓は従来のお墓で生じてしまうあらゆる問題を解決してくれる画期的なシステムです。
生前に申し込むことが可能である為、「終活」ブームや多死社会の到来も相まって、年々その申し込み数は増加しています。
 
従来のお墓との違いを理解し、お墓に入る本人の意思が反映できる点を十分に活かして、永代供養墓という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。(スタッフ)

代金以外に考えておきたい、永代供養の場所の選定

永代供養は、いつまでも供養をしてもらえることです。
これが特徴的なのは、供養をしてくれる遺族や子孫を前提としない方式であることにあります。
寺院や霊園がそれらの存在に代わって遺骨を管理・供養してくれて、それに期限がありません。
 
したがって、身寄りのない方が生前に契約を結んでおくことなどが行われています。
また、遺族や子孫がいる場合でも、交通の便が良い場所にあったり、管理の手間が省けるという点で利用されることがあります。
 
代金も永代供養をする上で大切なポイントですが、場所についても考えておきたいところです。
遺族がいないケースでは好きに決めてよいです。
自分が死後に供養されたいと思えるところを選べば安心でしょう。
実際に足を運んで現地の状況を見ることができますし、ほかの人に対する配慮も必要ないため、文字通り好きに決められます。
 
遺族の方たちが場所を選ぶなら、集まりやすいところにした方が良いでしょう。
交通の便が悪い場所にあると、なかなかお墓参りをすることができなくなります。
もちろん、永代供養は代わりに供養してもらえるシステムではありますが、何かと法事で集まるケースもあります。
そんな時に遠いところであればアクセスをするのが面倒で困りますから、交通の便が良いところを選んだほうが良いです。
 
また、車でアクセスをすることを検討しているなら、駐車スペースが十分にあるのかを確認しておきたいです。
お盆やお彼岸シーズンになると、多くの人が集まってきますので、スペースがなければ停められないことになってしまいます。
十分な駐車スペースを確保している寺院や霊園もありますので、選ぶならそういったポイントは見ておくべきでしょう。
 
2018716124550.jpg
 
こういった情報を調べるのに便利なサービスもありますので、活用するのがおすすめです。
それは、寺院や霊園などの情報を検索することができるサービスです。
こちらでは、都道府県の地図から探していくこともできますし、郵便番号を入力して近場の情報を得ることもできます。
 
これは永代供養に限っているわけではなく、様々な寺院や霊園の情報が載っています。
そのため、そこから絞り込むのは面倒なのではと思うかもしれません。
しかしその点も問題はなく、条件指定をすることが可能となっています。
したがって、永代供養の条件を設定すればそれに対応する所を探すのは容易です。
 
あとは、検索をした結果に表示された場所の情報を見て選んでいくと、そこには様々な情報が載っているため参考にして選んでいくことが可能です。
料金やアクセスなどの点もこちらで調べられます。(スタッフ)

永代供養を選ぶことのメリットとデメリットについて解説

永代供養を選ぶことにはメリットもあればデメリットもあります。
メリットとしては、お墓の後継者がいなくても安心して任せることができるということがあげられます。
お墓は建てて終わりではありません。お墓参りはもちろん、お寺とのお付き合いが必要です。
永代供養の場合にはお寺が管理をしてくれますので安心してお任せすることができます。
 
亡くなった後は自分では動けませんから事前に済ませておくことが必要です。
生前に申し込むことができますので支払いなども含めて自分で手配ができますから、残された方に迷惑をかける心配をする必要がありません。
 
お墓の管理にはお金が継続して必要になるという面がありますが、一式料金という形で支払いを済ませることが可能です。
また個人でお墓を持たない場合には、墓石代なども必要ありません。
永代供養料や場所の使用料、納骨費用やお布施、入会金などが必要になりますが、事前に支払いを済ませることができます。
また個人でお墓を持っている、持ちたいという場合にも、刻字料や墓石料といったものを事前に支払うことが可能です。
 
201871612455.JPG
 
永代供養にはデメリットもあります。
お墓のことですから親族に理解して貰うことが必要になります。
 
お墓のことや供養のことに関しては、信念をお持ちの方も多く、従来の供養にこだわりの強い方も多いです。
お墓というのは先祖代々守るもの、という考えの方も多いですし、他人と同じお墓に入るといったことに抵抗をお持ちの方も多いため、理解を得にくい場合も考えられます。
トラブルを避けるために事前に親族の理解を得ておくことが必要です。
 
個人のお墓とは違って合祀という形がとられるため、他の遺骨と一緒に納骨されてしまうというデメリットもあります。
最初からの場合もありますし、一定の期間を経た後という場合もありますが、最終的には合祀されます。合祀されることにより生じるデメリットは、二度と遺骨を取り出すことができないということです。
 
いったん合祀されてしまうと、個人の遺骨として移動することができなくなります。
そのため、後から家族が建てたお墓に移したいと思ってもできません。
他の方の遺骨と一緒にされてしまうため、そのことが気になるという方は事前に確認しておく必要があります。
 
永代供養のメリットは、お墓の後継者がいなくても亡くなった後の心配をする必要がなく、お金の面や手間の面など残された方に迷惑をかける心配もないことです。
デメリットは親族の理解が得にくいことや合祀が前提となっていて二度と取り出すことはできないことです。
後から変更するのは難しいですから、事前にしっかりと話し合って決めておきましょう。(スタッフ)

永代供養の業者を選ぶ際に気になる予算感について

永代供養の予算感はやはり永久的にお墓の管理をしてくれるため、高額な費用が必要なのではないかと思われている方もいらっしゃることでしょう。
確かに業者によっては、お墓の管理費用として高額な費用を請求されることもあるかもしれません。
しかし費用の相場は業者によってピンからキリまでありますので、どのくらいの費用がかかるのかをしっかりと調べた上で決められるのが一番です。
 
永代供養はお墓を管理している霊園や寺院が遺族や子孫に代わって遺骨を永久的に供養し、管理を続けることを言います。
永代という意味は期限を設けないこと、供養の意味とは弔いをすることです。
 
現在は子供のいない方や親せきなどの身寄りがいない方も増えてきており、永代供養という形を選ぶ人々も増えてきています。
また子供に出来るだけ負担をかけたくないという思いから永代供養を選択される方も増えている傾向があります。
 
予算感については、埋葬方法によって価格に大きな差が生じてきます。
例えば通常のお墓は土地代や墓石代、使用料などがあるためお墓の購入には高額な費用が必要です。
永代供養の場合は、合わせて埋葬する方法を取る場合もありますので費用も比較的安くなります。
個別の墓石を建てる費用が不要ですし、共有のお墓に入ることによって予算感はだいぶ安くなると考えてよいでしょう。

2018716124331.JPG
 
九州にある天空陵の場合だと、年間管理費用は一切かかりません。
天空陵は国立公園の中にある樹木葬墓地で、自然豊かな長閑な場所にあります。
利用の仕方は、最初にすべての費用を一括で払えばよいので、身寄りのない方や子供がいない方、残された家族に負担をかけたくないという方も安心です。
 
管理費や墓石施工、使用料や戒名などもすべて費用に含まれています。
檀家に入る必要もないので、宗教にこだわりなく誰でも入ることが出来、最大6名様まで埋葬可能なので、家族のお墓として使用することも出来ます。
 
天空陵は生前の申込を行うことが可能です。
自分の死後、残された家族がお墓の準備をすることは労力もいりますし、もちろん金銭的な負担もかかります。
しかし生前に自分で準備をしておけば、家族に迷惑をかけることもありませんので、負担をかけないというメリットがあります。
 
天空陵は出来るだけお墓の費用は安くしたいという方や家族や子孫に負担をかけたくない方、身寄りがいない方にとってはまさに理想の祀り方だといえるのではないでしょうか。
金剛宝寺が管理していますので、永代に渡って供養を行ってくれますので、将来ずっと安心してまかせることが出来ます。(スタッフ)

アサデス。( KBC九州朝日放送)さんに取材していただきました!

2018810105743.png

8月10日、アサデス。( KBC九州朝日放送)に当寺の遠隔法事、遠隔お墓参りの取り組みを取材いただきました!

この遠隔法事は、もともと法事に参加できないという方向けに始めた試みでした。始めた当初は、お見えになれなくてもしっかり法事をさせていただいているので、その光景をDVDにして送って差し上げようという気持ちから始めたのです。

実際に何度かDVDを送っているうちに、このDVDはいつどういった形で見ればご供養として良いでしょうか?と尋ねられ専門家としてはお参りの際の気持ちがとても大切なので、出来ればよりご供養する気持ちになりやすい方法はないかと模索しておりました。

2018810105343.JPG


そこで、知り合いのIT会社の社長さんに相談してみたら「それならライブがいいよ」とアドバイスされ、ライブ配信の技術を教えていただきながら現在のユーチューブライブ配信の法事が出来ました。

流れとしては、まずご予約いただきその時間の少し前にライブ配信を開始いたします。その際に、ユーチューブで金剛宝寺のチャンネルにアクセスしていただき、ライブ配信中の動画をみていただければ法事あるいはお墓の前でリアルタイム中継が始まります。

その後、お電話に「しっかりご視聴できたましたか?」という確認で一連の流れになります。

先進的な取り組みとよく言われることがありますが、もともと施主様がお見えになられない遠隔の法事は古来よりお寺はずっと行ってきたことです。それを、技術の力で見れるようにしているだけですので本質はなにも変わっていないものだと思います。

大事なことは、弔う気持ち、供養の気持ちなのであってもともとやり方は宗派、時代で様々なのです。

皆様が、気持ちよくご供養が出来るように最新の技術などもよく見ながら時代にあった試みもしていきたいと思っています。VRやAR、アプリなども社会を前に進める一つではあると思いますので是非皆様のお役に立てるよう導入を進めていくつもりです。

どこでもお墓参(どこでもおぼうさん)
https://www.kongouhouji.or.jp/contents/tenkuryo/dokodemo/

永代供養を利用する際に知っておきたい注意事項

永代供養は、高度成長期の人口の都市集中や核家族の増加及び女性の晩婚化によって墓地の面倒を見る子孫が減少している事もあり、都市部だけで無く地方都市でも注目されている供養方法です。
 
永代供養は、本来寺院が存続する限り供養する事を意味していましたが、現在では宗教法人や寺院の企業理念によって永代が半永久的では無く明確な有限期間であり、実際に裁判沙汰になっている寺院も多くあります。
その為、この供養を利用する際には様々な注意事項があります。
 
永代供養には、個別供養と合葬供養の2種類があり、合葬供養は供養塔や慰霊碑などを建立して複数の遺骨を納めて一緒に供養します。
合葬供養は、複数の遺骨を一箇所にまとめて納めるので初期費用が安く済む事が最大のメリットですが、合葬している事で後に個別供養したい時に故人の遺骨を取り出す事や判別する事が出来なくなるデメリットがある供養です。
 
個別供養は、文字通り故人一人一人の遺骨を別々に安置して供養しますが、韓流ドラマに良く登場するロッカー式や仏壇式の安置施設に加え、自動搬送式や室内型墓地など多様な種類が存在します。
自動搬送型は、交通アクセスの良い都市部に位置する事から気軽に供養参りができる事から人気が高くなっていますが、都市部に建設している事から初期費用が非常に高額なデメリットがある供養です。
 
永代供養は、文字通り半永久的な供養を連想しますが、宗教法人や寺院の企業理念や運営方針によって供養期間や年間の供養回数が大きく異なっています。

2018716124154.JPG
 
供養期間は、3周忌が終了すると合葬供養に移行する宗教法人や寺院がある一方で33回忌や50回忌までしっかりと供養してくれる宗教法人や寺院があるので、供養期間の確認は契約時の注意事項の一つです。
供養には、年季供養に加えて春と秋の彼岸や月命日及びお盆などがあり、どの程度供養してくれるのかも契約時に確認しておく必要があります。また、供養が合同供養か個別供養かも確認するべきです。
 
永代供養は、宗教法人や寺院によって企業理念や供養方法が異なる事から費用をしっかりと確認する必要があり、1番目が行きやすい初期費用だけでなく、年間管理費や墓地使用費などの納骨後に発生する費用をしっかりと確認する必要があります。
 
宗教法人や寺院によっては、墓地やお堂などに遺骨を安置している事から寺院本体や付随施設などの修繕改築費や建立費などの寄付を求められる事も多く、契約前に初期費用だけで無く長期にわたる供養に必要な費用の総額を明確にして契約書に追記して貰う必要があります。(スタッフ)
ページ上部へ