ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

プロが語る、樹木葬とは樹木を墓標にしたお墓


石塔ではなく、樹木を墓標とした樹木葬が注目を浴びています。
全体的な数で言えば、まだまだかもしれません。
しかし、寺院や民営霊園だけでなく、公営霊園でも樹木葬の取り組みが始まっていることからも、その期待値がうかがいしれます。
東京都の都営小平霊園に設けられた樹木墓地と樹林墓地は、毎年多数の申し込みがあり、高倍率の抽選になってしまうことがニュースで報道されるほどです。
なぜ樹木葬が注目されているのか。
そして実際に樹木葬にはどのようなメリットとデメリットがあるのか。
この記事では、そんな樹木葬について、丁寧に考えていきます。

2018715142157.JPG
 
【樹木葬の基本は、埋葬と植樹】
 
樹木葬は、土の中に遺骨を埋葬し、その上に苗木を植えます。
従来のお墓では、埋葬地に大きな石塔を据え、お墓が傾かないように土の下の基礎工事まで行いました。
樹木葬ではそこまで大掛かりな工事は必要ありません。
ただし、樹木葬の中でも、「カロート」を用いることもあります。「カロート」とは、遺骨を納めるために四方を石で囲った空間のことです、その中に遺骨を埋葬します。
 
【樹木葬が注目されている理由】
 
樹木葬が注目されている理由には、現代社会のライフスタイルの変化が大きく影響しています。
 
●子のない世帯の増加
これまで、親や先祖の供養は子や孫の務めで、その象徴こそがお墓でした。
しかし、子のない家や単身者世帯が増加しています。
仮にお墓を建てても、いつかは墓じまいをしなければならないことが分かっている人は、はじめからお墓の建立を躊躇します。
半面樹木葬であれば、墓じまいの際の手間や費用を限りなく抑えることができます。
 
●環境問題への意識
樹木葬は自然に優しい埋葬の方法です。
従来のお墓では、石材の採掘のため、そして墓地の造成のために、山を切り崩さなければなりませんでした。
樹木葬ではこうした環境破壊をせずに遺骨を埋葬できます。
 
●自然に還れるという安心感
骨壺をカロートの中に納めるだけでは、実は遺骨は土に還らずに、ずっと骨壺の中にあるままです。
樹木葬では土の中に遺骨を埋葬します。
時間をかけて土に還ることで、大自然の営みの中に自身の死後を託せます。
また、カロートを用いる樹木葬もありますが、33年などの一定期間を過ぎると合葬にされ、土に還ります。
 
 
2018715142347.jpg
 

【樹木葬の種類】
 
ひとことに樹木葬と言っても、いくつかの種類に分けられるのをご存じでしょう?
 
●里山型
里山型とは、自然の山の中に埋葬する方法です。
墓地として認められた山の中て、利用者に個別に区画が割り当てられ、その中で埋葬し、植樹します。
広大な山林を必要とするので、都市部では見られません。
里山型では墓石やカロートなどの人工物を一切使用しません。埋葬地に草木や草花を植えます。
樹木葬のはじまりは、岩手県一関市の祥雲寺だと言われております。本来の樹木葬のあるべき姿はこの里山型に見られるでしょう。
草木や小動物などが集う山林という自然生態系の中に、私たち人間の死後を託すことに大きな意味を見いだせます。
ただし、樹木葬の中でも里山型は少数派です。
寺院側としては、山林を「墓地」として認めてもらう手続きが必要です。
さらには、家族からするとお参りまで距離があったり、墓域内の手入れが大変だったりと、デメリットもあるようです。
 
 
●霊園型
 
霊園型は、一般的な霊園の中に設けられた樹木葬墓地です。
樹木葬と呼ばれている大多数はこのタイプです。
石塔の代わりに樹木を植えるだけで、ほとんど従来の霊園と同じと思えばいいでしょう。
さて、石塔のお墓が、家族墓や合祀塔などに分けられるように、霊園型の樹木葬もいくつかの方法に分けられます。
 
(1)個別の樹木葬
個別に割り当てられた区画の中で、埋葬と植樹をします。
 
(2)シンボルツリー
大樹のまわりに複数のカロートが設置され、その中に納骨をします。
埋葬は個別ですが、礼拝は共有の樹木に行います。
 
(3)合葬
合葬とは他の人の遺骨と同じ場所に埋葬することです。
埋葬地も共有し、礼拝も共有の樹木に行います。
 
【樹木葬のメリット】
 
樹木葬のメリットをまとめると次のように言えるでしょう。
 
●墓石よりも安く済む
お墓を作るためには、墓地を取得し、墓石を建立しなければならず、総額で200万円から300万円くらいかかると言われています。
一方、樹木葬では100万円を超える例はあまり聞かないです。
樹木葬では、墓地の永代使用料以外は植樹をするだけなので、費用を大幅に抑えられるのです。
 
●ゆくゆくは永代供養をしてもらえる
ほとんどの樹木葬墓地では、お参りの人がいなくなったあとは永代供養として受け入れてもらえます。
石碑を建立しないために、墓じまいのための手間や費用は必要ありませんし、遺骨は合葬してもらえます。
 
●自然志向への共感
樹木葬は、無駄な環境破壊をせずに、自分自身も大自然に還れるという点で、二重に自然志向の供養法です。
ただし、現実は霊園型の樹木葬が多く、カロートや石板を用いますので、人工物を全く用いないわけではありません。

2018715142620.JPG
 
【樹木葬のデメリット】
 
一方、樹木葬にもデメリットがあります。それらを列挙いたします。
 
●亡くなった人や先祖とのつながりが感じづらい
従来のお墓に石が用いられたのは、その耐久性と堅牢性によります。
世代超えてもそこにい続ける石だからこそ、私たちは先祖とのつながりを託してきたのです。
石に比べると、樹木は耐久性や堅牢性という点では劣るでしょう。
樹木葬のお墓の前に立って手を合わすときに物足りなさを感じる人もいるかもしれません。
 
●墓地が荒れやすい
従来のお墓でも、雑草の手入れは家族を悩ます種のひとつでした。
たまにお墓参りに行くと、墓地を覆いつくすほどに雑草が伸びているものです。
樹木葬の場合は、自生する草木に加えて、礼拝の対象となる墓標も樹木です。
さらに、里山型の場合は山林が墓地ですから、余計に墓地が荒れやすくなるでしょう。
 
【あととりのいない人には樹木葬がおすすめ】
 
自分の死後を託す人がいない場合、樹木葬がよいのかもしれません。
お参りの人がいなくなったあとは、寺院が永代供養してくれます。
ずっと放置された無縁墓のようなことにはならないでしょう。
ただし、もしも死後を託す人、子や孫がいる人は、慎重に考えましょう。
私たち人間は、亡くなった人を胸に感じながら生きていく生き物です。
お墓は、大切だった亡き人や、自分のルーツである先祖を感じられる場所です。
「安いから」「楽だから」という理由で樹木葬を選ぶのはとても危険です。
自分自身がよくても、遺された人たちに真に喜びを与え、納得をもたらす方法を考えましょう。
 
文責・十村井満

トラブルに原因にも?永代供養のデメリットとは

永代供養と一口に言っても、現在では寺院が遺族に代わって墓所や遺骨の供養や管理を行うといった従来の意味合いだけではなく、近年注目度が高まっている新たなタイプの墓所である永代供養墓の名称にも使われるようになったことで、そちらのイメージのほうも広く世間に浸透し始めています。
 
ここ数年で子孫の代までお墓の管理で面倒をかけたくないと考える人が急増し、個別の墓所を持たず海に散骨する海洋葬などの自然葬や遺骨をオブジェやアクセサリーなどにして自宅で供養する手元供養、ロッカー式の都市型納骨堂など墓所や埋葬という考え方を超えた方法が目立つようになりました。
 
その点、永代供養墓は合祀ではあるものの、墓参に行く先があるということで自宅近郊に建てられた墓所への埋葬を望む人に支持されています。
 
合祀形式ということで一般的な墓所区画の拡張が難しい寺院や霊園でも新設しやすいこともあって、都市部でもさまざまなタイプの永代供養墓が増え、遠方にある先祖代々の墓所を墓じまいした後の改葬先としても注目されるようになっています。
 
自家用車でなければ墓参に行けないような郊外の霊園よりは自宅からアクセスしやすい場所にある合祀の墓所に改葬するほうが高齢世帯にとって大きなメリットとなりますが、親族同士で思わぬトラブルが生じる可能性もあります。
 
墓所にまつわるトラブルでは墓じまいに関するものが少なくなく、墓じまいの実行を後日知らされた親族からクレームが来るなど話し合いの不足が原因というケースが目立ちます。
 
2018616131012.JPG
 
永代供養墓の場合は永代の供養ということで初期費用としての管理費などを支払うことで文字通りの永代で供養と管理を行ってもらえると考える人が少なくありませんが、施設によってはあらかじめ年数が決められており、それ以降は無縁仏のように完全に合同の埋葬地に移されるケースもあります。
 
墓所の形式も合祀ということで墓石となる一つのモニュメントのもとに個別の納骨室が設けられているタイプもあれば、最初から合同の納骨室に遺骨を納めるタイプの墓所もあり、事前によく確認しておかなくては後々トラブルになりかねません。
 
合祀形式や自然葬人気の高まりは、個別の墓所区画に墓石を建てる従来形式よりも費用が抑えられる点にもありますが、合祀形式の場合は価格の違いによって埋葬の仕方や供養・管理の年数に大きな違いが出て来るため、単純に安価であることを基準に選んでしまうとデメリットのほうが目立つことになってしまいます。
永眠の地であることを念頭に置いて、慎重に選ぶことが大切です。(スタッフ)

普通の供養と何が違う?永代供養のメリットとは

少子高齢化に伴って永代供養という形式を選ぶ方が増えてきています。
永代供養とは死後の骨をお寺や霊園に預けて供養と管理をお願いする形式のことです。
 
この形式は本人が生きている間に申し込むことができます。
先に述べた少子高齢化に伴ってというのは理由があり最近では家族の形態が小さくなってきていて結婚を生涯にわたってしないといった人や離婚して一人で暮らしている方も増えてきています。
 
また子供は親元を離れて暮らしているといったケースも増加。
そのような状況でお墓を継いでくれる人がいなくなってしまっていたり、遠方の子供にお墓の管理を任せることはもうできなくなってしまったといった問題が発生しています。
 
仕事で忙しくてかつ遠方であった場合にはなかなかお墓の手入れに行くことができなくて荒れ放題になってしまっているということも地方ではよく耳にするようにもなってきています。
経済的な理由でお金をかけてまでお墓を建てる必要はないと考えている若い世代の人も増加してきているのです。
こういった理由から選ぶ方が増えてきているのです。

201861613845.JPG
 
昔から代々伝わってきた思いを大事にする方にはこういったやり方には否定的な方もいます。
一方ではもう宗教や家といったものにこだわりを持たなくなってきた若い世帯というものも増えてきました。
 
では永代供養のメリットとはどういったところにあるのでしょうか。
また従来のお墓を建てる方法との違いはどんなところにあるのでしょうか。
 
この供養のやり方であればお墓の後継者がいなくても大丈夫ということがまずあげられます。
お寺が責任を持って管理してくれるので遺族の方が遠方でしばらく行くことができないといった状況になっても大丈夫なのです。
 
また永代供養であれば宗派は一般的には問われないことが多いのも利用しやすい点になります。
これはお寺によって条件は変わってくるので確認の必要はあります。
 
生きている間に自分で申し込みをして支払いまで済ませておけるので死後になってから遺族に負担をかけることがないという安心感もあり、墓石代が必要無いのでその分費用は安く済ませることができます。
 
最近では墓石の有無にこだわらない方も増えてきているので納得して申し込む方も増えてきています。
この形態は支払いを済ませれば、その後に管理費やお布施といったものの請求をされることがないこともメリットにあげられます。
 
かかる費用としては永代供養料、場所使用料、納骨料、お布施、生前申し込みの場合は入会費となります。
これを申し込み時に支払えば後には必要ありません。
多くの方を合同墓にするために交通の便は比較的良い場所なのでお寺へのアクセスは容易です。(スタッフ)

いざという時に焦らない為に知っておきたい、永代供養の予算感は?

親から受け継いだお墓を守って次の世代に引き継いでいこうにも、管理するにはお金も手間もかかります。
どちらかというと不便なところにあることが多いお墓、子どもたちは都会へと出て行ってしまっている中で、年老いた自分達はお墓の場所に行くことさえ困難になって、いつの間にか草ボウボウで廃れてしまう。それよりは永代供養をおすすめします。
 
永代供養というのは、霊園や寺院に遺骨の管理・供養をお願いすることです。
「永代」とは期限を設けずいつまでもという意味なので、一度お願いすれば子どもたち・孫達のそのまた孫の代もずっと弔いを続けてもらえます。
自身がお墓の管理が難しくなったからというだけでなく、子や孫達にも墓守りの苦労はかけたくないと考えて永代供養を選ぶ方の数は増えてきました。
 
永代、供養してもらうということで高いのではないかと躊躇している方も多いでしょうが、予算感としては一般的にお墓を購入するよりもかなり抑えられると思っておいてください。
自分が入ることができるお墓があるとしても、入れる数には限りがあるため、子や孫はお墓を作らなければならなくなってくるでしょう。
 
わざわざ都会から帰ってくるだけでも交通費がかかりますし、お墓をきれいに保つにはお盆やお彼岸以外でもこまめに立ち寄らなければなりません。それよりは全然安上がりで、しかも手間もかかりません。
 
もしも他の方と共同の合祀墓に入るのであれば、墓石代もかからないため大体3万円から10万円程度です。
管理費用などの追加費用も発生しません。
土地代も高い今、お墓を新たに作るだけの予算がないからと永代供養を望む人も少なくはありません。
 
201861613721.JPG
 
もしも、納骨堂にて個別安置を望むのであっても、10万円から100万円程度です。
駅から近いところ・24時間参拝できるところなど利便性の良い物件・都心の納骨堂などだとどうしてもお値段が高くなる傾向にあるのです。
 
とはいえ、お墓を購入するとなると120万から200万前後はしますから、それに比べると全然安いです。
もしも、将来的に承継者がいなくなり維持管理ができなくなれば合祀墓に入ることになります。
そうなると管理費も必要なくなることも多いです。
 
特に年配者の場合だと、故人を他の骨と一緒にすること・まるでマンションのように一緒の場所で管理されることに抵抗を覚える方も多いので、家族や親戚の意見を聞いてから行ってください。
感情面がクリアできるのであれば安くて利便性もよく、もしも自分がお参りできなくなったとしても、ずっと供養し続けてもらえるので安心です。(スタッフ)

インバウンドの修行体験も出来ます。

阿蘇に訪れるという予定である中国の学生さんたちのサポートをしている方から、ある時電話がありまして、学生さんたちに仏教を体験させたいとのご依頼を受けました。当寺はどちらかというと世界に通用する仏教というのをテーマーにしているので海外からのインバウンドの方に仏教を伝えるのは得意な方です。

201871135114.JPG

今回はぷち体験の中の座禅とテーマにお修行のお手伝いをさせていただきましたが、水行なども修行では人気です。修行と一言にいってもどの要素を修行するかでアプローチが違います。個人の話か、チームの話か、社会の話かで内容が異なるのです。とはいえ、仏教の基本は心の扱い方ですのですべては基本をどう応用していくかにかかっています。

20187113504.JPG

もう一つ、団体だけのオプションですが茶道体験というのも指導させていただきました。実は自分大学時代、表千家茶道部部長だったので多少のお茶の心得があります。当時は茶道と仏教がなんでこんなに密接な関りがあるのか説明できませんでしたが、今ならものすごくよく分かります。

茶道と仏教は目指す場所が一緒なのです。誤解されている部分も一緒なのですが。。。。


201871135048.JPG

実際に指導してみると、案外お茶をたてれない方が多いことに気が付きましたが、きっと初めての体験だからだと思います。ちなみに、団体からの茶道体験ですが20名程度からお受けすることができます。お抹茶やお菓子を用意する都合、少ない人数というのは流石に無駄が多すぎてお受けできません。

その代わり、団体で修行1つ+茶道体験とったメニューであれば団体様の優遇価格の一名3,000円でお受けしておりますので普段、1コマ3,000円の修行体験からみればとてもお得です。

なお、住職は英語すら話せませんので通訳さんまたは翻訳機レベルで会話という条件でお受けしておりますので予めご了承ください。(住職)

300名以上参加の講演会をさせていただきました!

以前ご縁になった方のご紹介で300名以上の方が参加する講演会をさせていただきました!

201871133333.JPG


大手の食品メーカーさんが対象でしたので、参加される方の能力が上がるという事を意識して講演内容を決めさせていただきました。なのでちょっとお坊さんらしくないかもしれませんが、自分の事を知っている方ならさもありだと思うはずです。


20187113363.JPG

 

なぜか、仏教の話にアインシュタインさんが出てくるというのも実に金剛宝寺らしいと感じるところです。仏教は「原因と結果」これを追求していく哲学な部分が存在するという説明をしております。



201871133457.JPG

 

自分は座って話すのが実は苦手です。なので講演の間は基本立ったままです。90分の講演でしたが、大変為になった、眠くならず時間を感じさせなかったなどお褒めの言葉もいただきました。話しているときは自分は人がいることをよく忘れて集中しているので、聞きづらくなかったかあとでちょっと心配になりました。


201871133530.JPG


終わってからの懇親会です。いろいろな部分でお気遣いいただき大変ありがかったです。これからも社会のお役に立てるよう精進いたしますので、皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。講演を手配してくださった関係者の皆様ありがとうございました。(住職)
 

今年やります!夏の大祭は7月29日、11:00からです!

20187113291.jpg

 

 今年もこの時期がやってきました!九州最大規模の専用護摩会場を使っての当寺最大の感謝祭でもあります。

一年の感謝を込めて、この日は様々なものを皆さんに無料でお配りしておりますが、今年は当法人の40周年という節目の年になります。

いつもに増して福引を豪華にしておりますので是非、A4チラシをご覧ください。

当日の催し物としましては、今年は落語の福々亭金太郎さんと、豊後潮太鼓を予定しております。

お祭りの神事は、皆様の御祈願や御供養を密教の秘法でお祈りする柴灯大護摩です。貴重な火渡り修行などもこの日限定で体験できます。湯立て神事なども行いますので、1日で沢山のご利益をいただけます。

また、お供えの下げ渡しを始め、お神酒、投げ餅のなどすべて無料で貰うことが出来ます。是非、皆様をお誘い合わせのうえで夏の大祭にお越しください。

最後に、バスを利用したいという方が沢山おられる場合はその地区に無料送迎バスを用意することも考えております。バスがあった方が良いという方がその地区に多ければ実現いたしますので皆様のご意見をお聞かせくださいませ。(住職)

永代供養は種類によって値段が違う?知っておきたい予算計画

だれでも年を重ねてくると死というものを考えるようになり、同時に自分が入る墓についても考えるようになります。
 
もし、自分が長男で家を継いでいて、その家に先祖代々の墓があるなら、ほぼ間違いなくその墓に入ることになるでしょう。
しかし、もし次女で結婚した相手も三男であったりして家を継いでいないような状況ならば、実家の墓に入るのは憚られるかも知れません。
 
それに、最近では長男さえも家を継がずに都会へ出てしまうということが多く、実家にはだれも住まなくなって空き家問題が起きたりしています。
当然先祖代々の墓の面倒を見てくれる人がいなくなって、荒れた墓だけが残るといったことがあるわけです。
 
自分の家の墓から離れて住んでいて、墓掃除をはじめ、法事などもきちんと上げられないという人のために、永代供養といった方法があります。
つまり、三回忌や七回忌といった供養を親族などに代わって菩提寺がきちんと済ませてくれる制度です。
永代なのでその後は依頼人がいなくてもずっとやり続けてくるのです。

201861613556.JPG
 
永代供養にはさまざまな形があります。まず、合祀型というものがあります。
これは、ほかの多くの人と一緒に祀って供養していこうというものです。
 
次に個別に祀って供養してもらう方法があります。
納骨堂を利用したものがこれで、合祀型が一緒に供養されるために安価なのに対し、こちらは個別なのでやや高価な値段がつけられています。
また、十七回忌、三十三回忌といった区切りで期限が設けられていて、それ以後は合祀されることになります。
ただし、新たに個別の供養代を支払うと期間が延長されます。
 
永代供養には、他に野外に祀って供養する方法もあります。
一番メジャーなのは、もちろん個別の墓による供養でしょう。
そして、屋外に供養塔を建てて、その下の部分にお骨を納めて供養するといった方法もあります。
さらに、墓石の代わりに樹木を植えて、その周囲にお骨を撒くという方法や灰を海に撒くという方法も最近はよくとられているようです。
 
故人を墓に納めて、これから供養していこうとしても、気になるのがその管理の仕方や費用です。
永代供養という方法をとれば、墓を建てるよりもかなり安く済みます。
墓石代は必要なくなり墓地の使用料がなくなります。
 
永代供養で必要な費用は、永代の供養料、永代使用料、そして納骨費用くらいです。
ただし、どのような種類の供養を選ぶかで金額はかなり違ってきます。
 
一番格安なのは合祀型。世間的な相場は3~5万円とのこと。
一般的な納骨堂を使用した場合は、10~100万円と幅広くなるようです。これは、供養の期間による違いであるとのこと。(スタッフ)

いくらかかる?意外と知らない永代供養の予算を把握しましょう

後継ぎがなかったり身寄りがなかったりして永代供養が注目されています。
 
永代供養付きのお墓は、一般のお墓を購入するより負担が少なく、お布施や維持管理用が不要で、身寄りがなくても未来永劫に供養してもらえ宗教や宗派が関係なく入れるお墓を言います。
呼んで字のごとく長い間供養をしてもらえることで、お子さんがいないなどの理由により先祖代々のお墓を引き継ぐ人がいなくなった場合にお寺が供養してくれるお墓です。

201861612532.JPG
 
しかし最近では故郷を離れて暮らす人も多く、子供の墓守の供養をかけたくないお墓の費用を抑えて、違うお金を渡してやりたいなどと考える親も増えています。
少子化や大都市への人口集中が著しい昨今、寺院や霊園がお墓の管理を担ってくれる永代供養は大きな注目を集めています。
 
また永代供養は一般的に遺骨を合祀墓と言う他の方と共同のお墓に納骨するケースと、一定期間個別に納骨堂という室内のお墓に安置してそのご合祀墓に安置してもらうケースがあります。
最初に個別に安置する期間は、一般的に17回忌・33回忌・50回忌などで区切られているはずです。
期間を過ぎた方は他の方と共同のお墓に入り、お寺が続く限り供養してもらえます。
 
現在では、昔からの結婚をして子供を作りお墓と家を守っていく、という概念が変化してきています。
仕事上海外や遠方で暮らし、お墓参りの訪れるのも年に数回と言う方も珍しくないはずです。
自分たちでお墓の管理をする必要がなく、寺院や霊園に任せられるのは大きなメリットと言えるはずです。
 
この世に注目され始めた永代の供養の予算は、一般的なお墓と比べて費用がぐんと抑えられます。
最初から他の方と一緒にお墓に入る方と、個別に安置した後の合祀墓に入るのでは、費用がかなり異なります。
合祀墓に最初から入る場合は目安として3~10万程度で、その後追加費用がかからないため経済的に負担が最も少ないはずです。
 
特に費用を抑えたい方には最適な供養です。
納骨堂にある一定期間安置する場合は期間によっても異なりますが10~100万程度で収まります。
一般的なお墓を購入する場合は120~200万円かかりますのでそれと比較すると割安です。
 
また納骨堂の場合は、先ほどの供養の費用の他に追加で保守、点検、清掃、修繕など霊園を維持するための管理費用がかかる場合があります。特に合祀墓の場合はお墓代もかからないため墓地の使用料も安く済みます。
 
寺院墓地の檀家になった場合はお盆やお彼岸以外にも、故人様の命日にお経を頂いたり法要があったり、お布施を包む機会が増えてきます。
永代の供養は必要な費用を賄えるため良心的と言えるはずです。(スタッフ)

永代供養とは?今更聞けない永代供養の基本をお伝えします。

自らの死後のことは自分ではどうすることもできませんが、だからこそ生前に死後のことについて色々と準備や整理をしておきたいという人達が増えています。
 
そのことは「終活」がブームになっていることでもよく分かりますが、核家族化や少子化、非婚化などで家族の在り方が大きく変わり、子孫に死後のことを安心して任せられる、という人が少なくなっているということと無関係ではないでしょうか。
 
最近は子どもや孫がいても、自らの死後に迷惑を掛けることが無いようにと気遣う人も増えています。
そしてそのような自らの死後が気になる人達の最大の関心事がお墓についてだと言えます。
 
生前は住む家にこだわる人が多いと思いますが、永遠の眠りにつくお墓も家と同様に大切です。
ただ先にも述べたように、ライフスタイルや家族の在り方が大きく変わってきている現代では、子々孫々お墓を守り続けて行ってくれるという保証はどこにも無いと言っても過言ではありません。

2018616125036.jpg
 
そのような不安を払拭してくれる埋葬法が永代供養だと言えます。
どのような埋葬法かというと、基本的には家族や子供や孫がいない人達の位牌やお骨を寺院が引き取り、家族や子孫に代わり永代に亘って供養してくれるものです。
家族や子孫がいなくても位牌や遺骨を管理、供養してくれるので、誰もが安心して永遠の眠りにつくことが出来ると言えるでしょう。
 
ただ一言で永代供養と言っても、様々な種類があります。
永代供養墓は、一定期間は埋葬せず塔の内部などに納骨しておき、一定期間が過ぎると合葬するものです。
 
納骨堂は、ロッカー形式になっているものが一般的ですが、堂内に遺骨を安置しておくことができます。
基本的には屋内にありますので、天候に関係無くお参りすることが出来ます。
 
他にも一定期間を過ぎると墓じまいをするお墓もありますし、最初から他人と合葬される種類のものもあります。
他人と合葬されることに抵抗がある人にはお勧めできませんが、費用をかなり安く抑えることが出来るというメリットがあります。
 
当寺院では近年の永代供養の需要の高まりを受け、利用をご希望されるどなたにも喜んでいただけ、何より安心して眠り続けることが出来る環境を提供することを第一に考えています。
雄大な阿蘇の自然に囲まれた静かで美しい環境は死後の眠りの場としては最適です。
 
更に永代供養に関する費用も比較的安価になっていますし、お墓参り代行など、利用者の方に喜ばれるサービスもありますので、様々なご心配をお持ちの方もお気軽にご相談ください。
事前のご見学も大歓迎ですので、いつでもお待ちしております。(スタッフ)
ページ上部へ