ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

合祀を選ぶとできなくなることは?永代供養のデメリット

永代供養とは、家族・親戚がいないか、または疎遠になっていてお墓参りをしてくれる人がいない、もしくは遠方にお墓があってお墓参りに行けない人のために、寺院や霊園が代わりに供養や管理をしてくれる埋葬方法のことを言います。
 
近年では、残された家族に自分が入るお墓の管理をするために費用や労力をかけさせるのは申し訳ないとして、永代供養を選ぶ方が増えています。
昔のような檀家制度がなくなり、お寺との付き合いはお葬式と法事に限られるなら、墓石代や使用料などわざわざ高いお金を払ってお墓を建てる必要性はないかもしれません。
 
201921165333.JPG
 
永代供養と一口に言っても、その埋葬方法は様々あります。最近人気があるのが「納骨堂」と呼ばれる屋内型のタイプです。
ロッカー型や、立体駐車場に車を停めるように建物内のエレベーターにより遺骨が参拝者のもとに移動する可動式収納型があります。
特に可動式は納められる遺骨の数を増やすことができ、ビルの中に作ることができるため、都市部を中心に広がっています。
 
屋外に建てる一般的なお墓のタイプの中に、個別にお墓を建てて納骨する「個別安置型」、一つのお墓に骨壺と石碑を別々に納める「集合安置型」、遺骨を分けずに一つのお墓に納める「合祀型」があります。
それぞれのポイントは、遺骨の納め方と後で遺骨を取り戻せるかどうかです。
 
合祀は家族だけでなく全然知らない他人の遺骨も全部混ぜて埋葬することです。
個別でお墓や使用料を支払う必要がなく、他の埋葬方法と比べてもかなり安く埋葬できるメリットがあります。
しかし一度合祀をしてしまうと、後でやっぱりちゃんとしたお墓を建てたいと思っても、遺骨を取り戻すことは不可能になります。
他人の遺骨と混ざってしまっているため、どれがどれだか分からない状態なのです。
改葬や分骨ができないことがデメリットになります。
選択する際には将来のことも含めてよく検討することが大切です。
 
合祀は終の住処です。
お墓が建っていても誰もお参りにこない、管理されず荒れ放題になっているものも一緒に合葬墓に納められます。
天涯孤独になった方ならこれでいいのかもしれませんが、なにかしらの血縁があってお参りにきたいと考える方はいるものです。
合葬墓にしてしまうと他の人と同じところに納められているため、誰のためにお参りをしているのか分からなくなり、故人の存在が希薄になりお墓参りの足が遠のいてしまうかもしれません。
合祀を選択する前には家族としっかり相談し、子ども世代・孫世代など将来のことまで考えてから決めることがよいでしょう。(スタッフ)

手間の削減にも、永代供養のメリットについて解説

永代供養とは少子化で墓を守っていく子孫がいないなどの事情を持つ人が、生前に寺院に申し込むことで法要や骨壷の管理をしてもらう供養のことです。
合同墓や共同の納骨堂に骨壷をおさめてもらえるため、誰かしらに供養に訪れてもらえることで無縁墓になることがなく永眠後も寂しくありません。
故人の遠い親戚や知人にとっても法要のたびにお布施やご香典を用意する費用と手間がいらず、故人にも残された人にも双方にとってメリットの多い供養方法です。
 
201921165242.JPG
 
永代での供養を行うほとんどの寺院は宗派を問わずに埋葬や供養をしており、合同墓の象徴には観音像やマリア像を使用せず、霊廟や故人の名前を彫った石碑などが建てられています。
合同墓は基本的に共同墓地扱いになるため、交通アクセスが良く広い敷地にあることが多く、気軽に訪れることができるのもメリットです。
 
合同墓スタイルの多かった永代供養ですが、近年の需要の高まりに伴い合同墓でありながらそれぞれに小さな墓石を建てる単独墓スタイルや、桜やハナミズキなど毎年花を咲かせる樹木をシンボルツリーとして植え、その周囲に納骨していく樹木葬スタイルなど様々なタイプの合同墓が出てきました。
 
無縁社会における遺品整理や特殊清掃などの無縁ビジネスの一環として、永代供養での埋葬も行う企業も生まれており、今後は更に細かいニーズに合わせた永代での供養が増えると見込まれています。
 
自治体も墓地の空きの無さから公営墓地を永代供養墓として開放したり、合同慰霊祭に僧侶の出張サービスを手配するするなど、手間と費用がかからないメリットと、高齢少子化による核家族化や一人暮らしの高齢者の増加という時代の求めに官民が柔軟に応じた結果が永代での供養です。
 
永代供養を望みながらも、あまりに従来の葬儀スタイルと違いすぎて決心がつかない、子孫や親族の理解を得られないという人も多くいます。
 
よく不安がられるのは、一度納骨すると他人のお骨と一緒になり遺族が二度と取り出すことができない点と、永代とは言っても実際には何回忌まで法要をしてもらえるかの二点です。
しかし、樹木葬や海洋葬などの自然葬に人気が集まる現代では本当の意味で土へ還ることになり、生前に取り出さないことを望んでから永代での供養を申し込む人が増えています。
 
法要については十回忌や三十回忌までが最も多く、五十回忌以上の法要を行う寺院は少なめです。
それでも合同墓である以上は無縁墓になることはないので、他の故人の法要の際に一緒に供養してもらえるというのが永代にわたる供養という意味になります。(スタッフ)

よく採用されている型によって違う?永代供養の代金について

近年注目されている永代供養の型にはいくつかの種類があり、どれを選択するかで代金に少なからぬ差が出てきます。
いわゆる永代供養墓のほかに樹木葬や納骨堂も永代で供養する形式に含まれますが、永代供養墓の中にも合祀形式や集合墓スタイル、個別の墓所を設けるタイプがあります。
 
201921165132.JPG
 
最も費用が抑えられることから人気が高い合祀形式は、一つのモニュメントや仏像などの下にほかの人と一緒に遺骨を納めることになります。
合祀の中でも2通りあり、すぐに合祀墓に埋葬するか、一定の期間個別に納骨した後で合祀するタイプがあり、後者は集合墓と同等くらいの費用がかかってきます。
 
集合墓は合祀と同様に一つの墓所に遺骨を納めますが、骨壺のまま個別の納骨室に納めるタイプで、合祀の3倍から4倍高めの代金となります。
個別の墓所を設けるタイプでは、永代供養墓と言っても永代で供養してもらえるほかは一般的な個別の墓所とほとんど変わらない方式となっていることから、墓石の代金がかかってきます。
費用としては従来の個別墓所とほぼ同等となり、できるだけ安価に抑えたい人にはあまり向かない型です。
 
墓石を建てないことで代金を抑えられるのが樹木葬形式です。
墓石の代わりに樹木を植えて墓標に見立ててその根元や周辺に埋葬する方式で、海に散骨する海洋葬と共に自然に回帰できるとして全国的に人気を高めています。
樹木葬の中にも合祀のほか個別に埋葬するタイプや集合墓と同様の方式があり、当然ながら合祀が最も安価です。
樹木葬は寺院や霊園など施設ごとに景観なども大いに違いがあり、墓標にする樹木をサクラに統一しているところや、バラ園のように華やかなガーデニング霊園などもあり、全体にかかる費用にもかなりの幅があります。
 
合祀の永代供養墓や樹木葬と同じくらいの代金にできる墓所として、注目度を上げているのが都市型納骨堂と呼ばれる形式で、室内型墓地とも呼ばれているタイプです。
こちらも種類によって費用に大きな違いが出ていますが、一般的に「都市型」と冠されているタイプは大都市の主要駅などの徒歩圏内にあり、スタイリッシュな外観のビル内部に個別の納骨室が設けられ、ICカードやタッチパネルによって参拝ブースに遺骨を呼び出すことが可能といった最新式の設備を持つものです。
 
個別に仏壇や位牌が設けられているタイプや昔ながらのロッカー形式の納骨堂もあります。
最も安価となるのはロッカー形式ですが、納骨堂タイプは草刈りなどの手間や天候に左右されずに墓参ができることから、遠方の霊園に行くことが困難になった高齢世帯にも選ばれやすくなっています。(スタッフ)

永代供養における注意事項って?トラブルを挙げてご紹介

「永代供養に関して、どのようなトラブルがあるのだろう?」
「注意しておくべきことはあるのかな?」
など、永代供養に関して疑問を抱いていませんか?
 
本記事では、永代供養における注意事項やトラブルについて紹介します。
 
201812241093.JPG
 
□永代供養とは
永代供養とは、霊園や寺院が代わりにお墓の管理・供養を行ってくれるものです。
近年日本では核家族化や少子高齢化によって、親族だけでお墓を管理できないケースが増えてきており、その流れに伴って永代供養が人気になってきています。
 
しかし、永代供養には気をつけるべき点もございますので、どのようなトラブルや注意事項があるかみていきましょう。
 
 
□どんなトラブルがある
*親族間
家族間の意見・意思の相違や、生前に申し込みをされた場合に気づかないなどがあります。
 
意見・意思の相違では、親族同士で意見が一致しないまま、なかなか納骨できないというパターンが多いです。
例えば、お墓の施設を下見に行った人と、実際に永代供養費を払う人が異なる場合には意見の収束がうまくいかないなどが挙げられます。
 
生前の申し込みに気づかないというケースでは、亡くなった方がご自身で契約をしており、永代供養費まで払い終えている時に発生しがちです。
基本的に永代供養では料金を払った時点で証明書のような書類を渡されるのですが、故人がこの書類を紛失していた場合に、親族が寺院に証明できずに揉めることがあります。
さらには、故人が契約していたことすら、親族が知らないままであるということも意外とあるケースなので、しっかりと伝えておきましょう。
 
 
*それ以外
料金に関するトラブルや、期間に関するトラブルがあります。
 
料金に関するトラブルでは、一般的に英題供養料は契約するときの支払いで完結するのですが、寺院や霊園の中には、その後の管理費や年会費が別途必要になるところもあり、ご親族に負担をかけてしまうケースです。
 
また期間に関するトラブルでは、合祀型の場合に起きやすいです。
ご親族が永代供養では、永代に渡ってご遺骨を管理してもらえると勘違いすることがありますが、実際はある程度の期間が過ぎたら、ご遺骨は他の人のご遺骨と一緒に埋葬するため、2度と取り出すことはできません。
この事実を知らないご親族がショックを受けてしまうことも、あり得ますので、永代供養の詳細をご親族にしっかりと教えておきましょう。
 
 
□最後に
永代供養は、近年流行を見せているものの、まだ馴染みがない人が多いです。
 
ですので、その詳細を生前にご親族にしっかりと説明しておくことが大切です。
 
また、ご本人だけではうまく伝えられない部分も多いと思いますので、依頼する寺院にご親族と共に相談されることをオススメします。(スタッフ)

永代供養のメリットって?その魅力と利用する恩恵について

「永代供養ってどんな魅力があるの?」
「永代供養にはどのようなメリットが具体的にあるのだろう?」
など永代供養の詳細やメリットについて疑問を抱いていませんか?
 
本記事では永代供養のメリットや魅力についてお伝えします。
 
201812241081.JPG
 
□永代供養とは
近年注目されているので、永代供養というワードを聞いたことがある人もいると思います。
 
永代供養とは、お墓の管理を霊園や寺院に任せるような形です。
ではなぜ、このような供養のスタイルが話題になっているのでしょうか。
 
それは数十年における日本社会の核家族化と少子高齢化の進行が影響しています。
 
核家族化では、田舎から都会に上京するケースが増え、なかなか実家のお墓まで管理できないという事態が増えてきました。
 
また少子高齢化では、お墓を受け継げる子孫がいない故に、無縁墓になってしまうケースが増えてきました。
 
このように日本社会の変化に伴って、自分たちだけでお墓を管理するのが難しい状況が増え、その変化に寄り添うように普及したのが永代供養なのです。
 
では具体的なメリットについて、詳しくみていきましょう。
 
 
*宗派が関係ない
永代供養では納骨の時に、宗派を問われるようなことは基本的にありません。
同じ仏教ならほとんどが宗派を問いませんし、もしキリスト教などの仏教以外の宗教でも、問題なく受け入れてくれる寺院は数多くあります。
 
しかし、注意する点としては、生前に申し込む場合には檀家に入ることを求められることもあるので確認は必要です。
 
 
*生前に申し込める
生前に諸々の契約を完了することができ、親族に迷惑をかけなくて済むというメリットがあります。
供養されるご本人が、様々なオプションの中から納得のいく選択をできるので、満足度が高いでしょう。
 
しかし、寺院の中には、生前に申し込んだ場合にも年会費や管理費を求められるところもあるので、気をつけましょう。
 
 
*一般的なお墓に比べて費用が安い
従来のお墓であれば、暮石代がかかりましたが、永代供養では大勢の人と共同のお墓にご遺骨を安置することになるので、暮石代がかかりません。
ですので、かなり費用も抑えられて、中には10万円以下で永代供養が行うことができるところもあります。
 
 
 
□最後に
永代供養は霊園や寺院に管理を任せられるだけではなく、その他にも様々なメリットがあります。
従来のお墓管理よりも低価格で、親族に手間や迷惑をかけることなく供養してもらえるのは非常に魅力的です。
 
気になった方は、ぜひ永代供養を検討されてみてはいかがでしょうか?(スタッフ)

永代供養のデメリットと対策としてできることとは?

「永代供養を検討しているけど、どんなデメリットがあるのだろう?」
「デメリットの対策方法はあるのか?」
など、永代供養のデメリットについて懸念を抱いていませんか?
 
本記事では、永代供養のデメリットと対策としてできることについてお伝えします。
 
2018122410718.JPG
 
□永代供養とは
永代供養とは、霊園や寺院がお墓の管理を行ってくれるものです。
近年日本では、核家族化や少子高齢化が進行していて、代々受け継いできたお墓を管理できなくなってしまうようなケースが増えてきています。
そのような社会の変化に対応するように永代供養が普及し始めて、近年人気になってきているのです。
 
永代供養は管理を任せられるということ以外にも、暮石代がかからないので個人で新しく暮石を立てて供養するのに比べると、はるかに安く供養することができるというメリットもあります。
 
しかしながら、永代供養も良いことばかりではなく、人によってはデメリットがあり、そのデメリットを許容できるレベルではない場合もあるので、どんなデメリットがあるのか見ていきましょう。
 
 
□デメリットと対策
*ご遺骨を取り出せなくなる(合祀型)
永代供養には合祀型の供養の方法があり、このやり方では、亡くなった方のご遺骨を不特定多数のご遺骨と一緒にまとめて埋葬することになります。
従って、合祀後に特定の亡くなった方のご遺骨を取り出そうとしても、2度と取り出すことはできません。
ですので、今は永代供養墓にご遺骨を安置したいが、後々になって新しく建てる家族のお墓に一緒に入れたいと考えている場合などは要注意です。
 
 
対策としては、合祀型は納骨後すぐに合祀するわけではないので、どのくらいの期間でご遺骨を合祀されるのか、事前に確認しておくと良いでしょう。
その期間の長さによっては、一度永代供養してから、ご遺骨を取り出すこともできるので安心して永代供養を行えるでしょう。
 
 
*一般的なお参りができない
永代供養のお墓は共用のお墓になりますので、暮石を磨いたり、お供え物をするといった一般的なお参りができません。
永代供養は管理してもらえて手間がかからない一方で、親族にお参りの際に色々してもらいたいという方にとっては物足りなさを感じる一面もあるので注意が必要です。
 
対策としては、費用はかかりますが、永代供養の中にも個別で暮石を立てて供養してもらう方法もあるので、そちらを検討してみると良いでしょう。
 
 
 
□最後に
永代供養のデメリットとしては、ご遺骨が取り出せなかったり、一般的なお参りができないという点があります。
 
しかし、それらのデメリットはオプションを選択することで取り除ける場合もあります。
 
何れにしても、実際に寺院と相談・確認することが大切でしょう。(スタッフ)

永代供養の予算感について種類ごとにご紹介します

「永代供養を検討しているけど、どんな種類があるのだろう?」
「永代供養は種類ごとに予算感に違いはあるのかな?」
など、永代供養の費用についての疑問を持っていませんか?
 
本記事では、永代供養の予算感について種類ごとに紹介していきます。
 
2018122410629.JPG
 
□永代供養とは
永代供養とは、何かしらの理由でご自身やご家族でお墓を管理できない場合に、霊園や寺院が永代に渡って管理を行ってくれることです。
元来永代供養とは、長年に渡って先祖を供養するような意味合いでしたが、現在ではお墓を受け継ぐ子孫などがいない場合などに、霊園や寺院に管理を任せるという意味合いが強くなっています。
しかし、永代といっても永久にお墓を管理してもらえるわけではありません。
一定の期間が過ぎると、ご遺骨はその他たくさんの方のご遺骨と一緒に供養されます。
この期間は大体13〜33回忌を目安に行われます。
 
そして、通常のお墓にも様々な種類が存在するように、永代供養にもいくつかの種類が存在し、ご自身のライフスタイルに適した形を選択することが重要です。
 
 
□種類と予算感
*合祀墓
永代供養の中では最もポピュラーな埋葬方法です。
亡くなった方のご遺骨が不特定多数のご遺骨とまとめて埋葬される方法です。
一度にまとめて埋葬するため、安価な費用が特徴的です。
しかし、注意点があり、数年ほどは個別にご遺骨を安置してもらえるのですが、その後は共同にご遺骨が納められるので、2度と特定の故人のご遺骨が取り出せなくなります。
従って、合祀墓を検討している方は十分理解した上で選択しましょう。
 
予算感としては、おおよそ3万円〜50万円になります。
 
 
 
*納骨堂
屋内にある納骨堂にご遺骨を埋葬する方法です。
天候の影響を受けずに、お墓参りができる点が魅力的です。
納骨堂の中には、ロッカー型といって個別にご遺骨を安置できるスタイルもあります。
ですので、霊園や寺院にお墓を管理してもらいたいけれど、合祀墓のようにご遺骨をまとめて埋葬されるのは嫌だという方には人気です。
しかし、一定の期間が過ぎたら、共同の合祀墓にご遺骨が入れられるところも存在するので、事前確認は必ず行いましょう。
 
予算感としては、おおよそ50万円〜100万円となっており、合祀墓に比べると費用がかかります。
 
 
□最後に
永代供養では、上記で紹介した以外にも様々な種類の供養の方法が存在しまが、費用を大きく分ける共通のポイントがあります。
 
それは、ご遺骨を共同で埋葬するか、個別で埋葬するか、という点です。
 
ですので、ご自身の許容の範囲と予算を照らし合わせながら、どのスタイルを検討するか決定していきましょう。(スタッフ)

テレビ熊本 「英太郎のかたらんね」さんに取材されました!

テレビ熊本 TKUの「英太郎のかたらんね」さんに修行の取材をしていただきました!

新年初の取材ですが、この時期は芸人さん達を始め水行が盛り上がる時期でもあります。

201919101240.jpg

 

今回は、元吉本の安井まさじさんが厳しい修行にチャレンジしておられます。流石は芸人さん、適応力と根性は人一倍でした。

厳しい修行の裏側で、何故このような修行をするのか、本当は何を会得すべきなのか。仏教の極意は裏側でしっかりと語らせていただいています。

 

20191910139.jpg

 

仏教の哲学はシンプルにして奥深い。
tvではなかなか伝える事が出来ませんが、お時間がある方はどうぞ番組をご覧くださいませ。

 

201919101345.jpg

 

最後は定番の記念写真です。

 

20191910146.jpg

 

11日金曜 朝9時50分から
TKUテレビ熊本「英太郎のかたらんね」
どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

201919101432.png

永代供養の値段は宗派によって異なるものなのか?

「永代供養を検討しているけど、宗派によって値段は異なるのかな?」
など、永代供養の料金面での疑問を抱いていませんか?
 
本記事では、宗派の違いで永代供養の値段に変化はあるのかをお伝えします!
 
2018122410531.JPG
 
□永代供養とは
永代供養とは、霊園や寺院が永代に渡って供養や管理を行ってくれるものです。
現代の核家族化や少子高齢化が進行している社会においては、なかなか代々受け継いできたお墓を管理するのが難しいくなってきており、永代供養はそのような時代の流れに応じて普及してきました。
 
 
□相場・費用
永代供養では申し込むときに支払いが行われます。
その時の支払いに管理費やお布施代なども含まれているので、基本的にはその後の追加料金は必要なく、安価にお墓を維持することが可能です。
 
しかし、永代供養は様々な埋葬方法が存在し、どの埋葬方法を選択するかで相場は変動してきます。
 
*納骨堂
寺院の納骨堂や本堂などに設けられた場所に、ご遺骨を安置し永代供養してもらう形です。
屋内でお墓参りを完結できるので、天候に左右されずにお墓参りをすることができます
納骨棚はご遺骨を納められるのが、1人分〜複数人分まで幅広いサイズがあります。
 
ですので、そのサイズによっても相場が変動するので、約10万円〜80万円と幅があります。
 
*合祀型
合祀型とは、たくさんの方のご遺骨をまとめて埋葬する方法です。
手間が少ない分、費用は安価に抑えられます。
しかし、まとめて埋葬するがゆえに、2度と特定の故人のご遺骨を取り出すことが出来ないという注意点もあります。
ですので、合祀型を選択する際はそのようなリスクを認識した上で行いましょう。
 
*個人墓
暮石と1人用のお墓の区画を購入し、そのお墓を他とは別に個人的に永代供養していただきます。
お墓を継ぐものがいないので管理はして欲しいけど、たくさんの方のご遺骨とまとめて埋葬されるのは不快に感じる方にとっては魅力的な方法です。
個人墓の場合は区画と暮石の料金が必要なので、ほかの方法と比べて相場は高くなっています。
 
 
□宗派による違いは?
永代供養は、ほとんどの寺院が生前の宗派を関係なく受け入れてくれます。
ですので、永代供養の費用に関しては、宗派による違いはあまりないでしょう。
 
宗派よりも地域や、永代供養の中でもどのタイプの埋葬方法を選択するかによって価格が上下することになります。
 
また寺院によっては、申し込みの際に支払った永代供養費以外にも管理費や年会費が必要になることもあるので、事前確認は欠かせません。
 
 
 
□最後に
永代供養は宗派によっては値段が変わることは、ほとんどないでしょう。
 
しかし、どのスタイルの埋葬方法を選択するか、どの寺院に任せるかでは値段が異なるので、検討されている方は、ぜひ事前確認を行いましょう。(スタッフ)

永代供養業者が解説、真言宗である場合にはいくら?

「真言宗の永代供養の費用っていくら?」
「真言宗の永代供養の種類は?」
など疑問を抱いている方はいませんか?
 
本記事では、永代供養業者が真言宗である場合にはいくらか解説します。
 
2018122410244.JPG
 
□真言宗の永代供養
真言宗は空海によって伝えられ、曼荼羅による壮大な宇宙観がよく知られています。
そのような真言宗が今では核家族化や少子高齢化などの影響により、永代供養を行う寺院も増えてきています。
 
これはどういうことかと言うと、核家族化の影響で田舎から東京などに出てくることが増え、なかなか仕事の都合などで田舎に帰ってお墓の管理が出来ない家庭が増えてきます。
その際に、お墓をほったらかしにはできないので霊園や寺院にお墓の管理を任せる永代供養を行う家庭が増えるのです。
 
 
また、少子高齢化では、お墓を受け継げなくなり、代々受け継がれてきたお墓が無縁墓になってしまうのを防ぐために永代供養という手段を取ることがあります。
 
このような時代の流れに寄り添うように真言宗でも永代供養を行うようになったのです。
 
 
□主な種類
*ロッカー型
ロッカー型とは名前の通り、ご遺骨がロッカーの中に保管されています。
ご遺骨がそれぞれ個別で保管されていたり、バリアフリーな室内にあるケースが多いので、高齢者の方もお墓参りがしやすいようになっています。
さらに、費用も安くなっていることが魅力の一つです。
 
*仏壇型
上の段が仏壇になっており、その下の段にご遺骨を安置するという形です。
仏壇型は亡くなった方と向き合ってお参りができるので、思い入れが強い方には魅力的な形です。
 
*合祀型
合祀型は血縁に拘わらず、他のご遺骨と一緒に埋葬する方法です。
ですので、注意点としては、2度とご遺族のご遺骨を拝むことができなくなる点です。
 
合祀型の最大のメリットは費用が安くすむことです。
 
 
*集合型
集合型はご遺骨が集められて安置される埋葬の方法ですが、個々に分けられるので、ご遺骨が取り出せないことはないという点が合祀型との違いです。
 
集合型も合祀型と同じように安価に行うことができます。
 
 
 
 
□費用
永代供養の費用の相場は大体10万円〜150万円です。
基本的にはこの費用に管理費が含まれているのですが、中には別途管理費や年会費が発生するところもあるので、事前確認を怠らないようにしましょう。
 
 
 
□最後に
本記事では、真言宗の永代供養の種類やその費用をお伝えしましたが、紹介した費用は相場であって、実際には寺院によって費用に幅があります。
 
従って、永代供養を行うこと検討している方は、事前に霊園や寺院に確認をしましょう。(スタッフ)
ページ上部へ