ホーム>スタッフブログ>永代供養

永代供養

ネット葬儀、オンライン葬儀の未来とは

当寺は、数年前からオンライン法事を行っておりましたが今回コロナ禍の移動制限や3密を避ける為に葬儀の規模を縮小しなくてはならないなどの社会情勢を考え、当寺のオンライン法事を葬儀にも対応させました。

世間では、ネット葬儀やオンライン葬儀というのはなんか寂しいとか、葬儀の意味がないなどの意見も聞かれますが実際のところは当寺では葬儀がオンラインに対応したというものです。普通に来寺できる人は実際にご葬儀に参列できますので、同時にライブ配信もされているというものです。

オンラインですべてを済ますのではなく、実際の葬儀にオンラインの要素をプラスしただけなのです。
今まであれば、遠方で縁も少し遠い方の葬儀は残念ですが参列しないという選択を取られる方が多くいました。経済的負担、時間的な負担が大きな障害となっていたのです。

それがオンラインで参加できるとなると、喪主の方に挨拶だけでもしておこう、時間も1時間程度なので参列させていただこうという人も増えていくかと思います。葬儀に対する選択肢も増えていくことでしょう。著名人であれば尚更、参列したい人が多いので是非やっていただきたいとなるのではないでしょうか。

最新の技術と伝統分野というのは一見相性が悪いように思われる方も多いのですが、実際に両方に携わっている立場からいえば経済的な負担、時間的負担で出来なくて困っている人に協力するというのも十分に仏教の分野でないかと思います。

また、ネット葬儀という言葉だけが議論されることが多いですが実際は葬儀、法事、お墓にまつわる負担をどうしていくかというのが社会で本当に求められる事の本質だと思っています。

当寺では「一日葬墓」という考え方を通じて社会で出来ないと苦しんでいる方にお力になれればと日々精進しておりますので、葬儀、法事、お墓でお困りの方は是非ご相談ください。お力になります。(住職)


一日葬墓(いちにちそうぼ)
https://www.soubo.co.jp/

 

 

2020528145613.jpg

大分合同新聞 5月15日掲載の当寺の記事からの転載
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/05/15/JD0059220784

一日葬墓の解説動画が出来ました。

本日も直葬から葬儀、お墓までを一日で行いたいという相談をお受けしました。

不要な外出を避け、必要なことを無駄なく素早く行うというのは時代のニーズだと感じております。

 

202041919612.jpg

ただ、専門家がサポートをしないと費用も時間も手続きも複雑なのでそのあたりもしっかりケアしていきたいと思っております。

とりあえず、どういうことをするのかイメージがわきづらいところもありましたので流れの解説動画を作らせていただきました。

 

自分が、素人ながら作ったので出来は見てのとおりですが短い時間で理解はしやすいかと思います。

少しづつではありますが、リモートでのお墓の見学等も増えており以前作った360度のお墓のVR動画も活躍しています。

急速に変化する時代にどれだけお役に立てるか、伝統的な業界ではありますが時代を革新するチャレンジし続けたいと思います。

 

永代供養コンサルタント

井上仁勝

ZOOMテレワーク見学・相談を行っています。

新型コロナウイルス感染症により緊急事態宣言が発令されました。国民全体に移動の自粛が呼びかけられ、観光地に立地する当寺でも来寺される方は大きく減っております。

感染拡大抑制は国民の命を守る上で必要なことだと思いますので、私たちもできる限りの協力を行っています。

 

国全体で移動の自粛が行われる中で、日常活動のテレワークへの移行が求められています。

当寺も立地の性質上数年前から、ライブ配信による遠隔法事やテレワークでの相談、送骨への対応などを準備して開発しておりました。

2020418163145.JPG

このような社会情勢になり、昨今準備していたテレビ会議での相談やライブ配信での法事などが増えて来ています。当寺は九州阿蘇にありますが、今日も関西からのお墓や葬儀についてのZOOMでのライブ見学・相談を行いました。現実にお会いすることはできない状況ですが、360度VR動画による現地の案内・画面共有による資料の説明・テレビ会議での質疑応答などで対応しています。契約等に必要な資料は後ほど郵送、あるいはPDFファイルでメール送信する形で対応しております。

 

葬儀も集会にあたりクラスターを作る恐れがありますので、火葬後お骨を郵送いただき、ユーチューブでのライブ配信にて参加して頂く手法を新たに開発致しました。

 

当寺であれば移動できない状況でも葬儀やお墓などの終活分野での問題解決は可能です。誰も経験したことのない非常事態の下ですが、創意と工夫をもって社会の課題解決に務めてまいります。(副住職)

 

以下 実際のテレワークでの見学、相談の光景です。

 

ZOOM見学を全時間対応いたしました。

実は少し前からweb見学対応はしていましたが、この度すべての時間でWEB見学の予約ができるようになりました。相談や見学はしてみたいけど、今外出は・・・という方は是非ZOOMを使った見学をご検討ください。なお、WEB見学は完全予約制です。
 
以下は詳しい説明です。
 
ZOOMで天空陵のweb見学ができます。
実際に現地に来た時と同じように担当が丁寧に相談に乗って、web会議システムを使って資料等の説明もいたします。また、現地の動画なども使って実際の見学と同様に現地の詳しい説明などもいたします。
 
202044113037.jpg
 
遠方でなかなか見学の時間が取れない、詳しい話を聞きたいけど仕事が終わってからしか時間がない、そういった方に遠隔で相談から契約まで行うことが出来ます。
 
予約の際に、メールアドレスにzoomの参加方法などを説明したメールをお送りいたしますのでそちらを参考に予約時間にお越しくださいませ。スマートフォンだけでも、zoomシステムは利用できます。
 
 
zoom見学の予約フォームはこちら

一日葬墓という新しい葬儀とお墓の形

202041154748.jpg

新型コロナが流行し、緊急事態宣言や東京のロックダウン(都市封鎖)の可能性などが報じられています。東京オリンピックも延期となり、感染爆発を抑止するために不要不急の外出を控えるように、集会およびイベントの自粛、地方では首都圏への往来を控えるように呼びかけが行われています。

コロナ感染が猛威を振るっているスペインではついに葬儀の中止が要請されました。日本でも愛媛県においてある葬儀の参列者からコロナ感染が出ました。

大変に心痛める事態だと思います。

また、高齢者が多く集まる葬儀は集団感染の可能性を高める集団感染を招きやすい密閉、密集、密接の条件がそろいやすい儀式行事にあたります。

このような社会情勢の中で金剛宝寺では現代の技術を用いて集まることなく個人への葬儀を行いお別れができる葬儀のライブ配信での対応を開始致しました。またこれから生じるであろう経済的な困難に対応するため、葬儀・埋葬の簡素化により1日で葬儀から埋葬まで必要なことは執り行う「1日葬墓」を4月1日より開始いたしました。

これにより葬儀・埋葬にまつわる経済的な負担を軽減し、皆様の生活の防衛に役立つ時代に適応した新しい葬送の形を提案させていただきます。

新型コロナの流行はまだしばらく継続する可能性があります。これからも社会情勢の変化に適応して皆様の課題解決を専門家として提案していきたいと考えております!

これまで経験したことのない大変な社会情勢ですが、皆で知恵を出し変化しながら協力して困難を乗り越えていけばなんとかなると信じて行動していきましょう!
 

永代供養コンサルタント
井上仁勝

 

詳しい内容は下記の一日葬墓のページをご覧ください。

https://www.kongouhouji.or.jp/contents/tenkuryo/soubo/

春のお彼岸を行いました。

阿蘇の草原が野焼きの時期を迎える中、先日3月21日(土)に春のお彼岸の供養を行いました。新型コロナウイルスの影響が懸念されている中での春のお彼岸供養でしたが、参列くださった皆様方には、心よりお礼を申し上げます。
 
2020323171221.JPG
 
お彼岸は1年の供養の大切な節目として行われるものですが、この度は、新型コロナウイルスで多くの方が犠牲になっていることも踏まえ、世の中が穏やかに、健やかに平和であることを願う、祈る、そのような気持ちも併せてしっかりとご供養させて頂きました。
 
2020323171241.JPG
 
秋にもお彼岸供養を行います。その頃には少しでも穏やかな社会、世の中であるよう、私共でも出来ることはしっかりと取り組んで参ります。(住職)
 

天空陵合同供養祭が無事に終わりました。

秋深まる11月3日(日)。

天空陵合同供養祭が執り行われ、おそよ50名の方が参列されました。

例年以上に多くの方が合同供養祭に参列くださり、金剛宝寺としましても有難く感じております。

合同供養祭後の昼食時には、仁勝住職がお茶を立てたお抹茶と一緒にお饅頭を皆さんに召しあがって頂きました。

来年の天空陵合同供養祭、皆様方のまたのご参列を願っております。

どうぞよろしくお願い致します。 スタッフ

2019113153018.JPG

2階の本堂で法要が執り行われました。

2019113152350.JPG

続いて、皆さんと一緒にお墓参りを行いました。

2019113152834.JPG

天空陵合同供養祭は秋空の下、無事に終わりました。

 

永代供養コンサルタントとして取材で頑張りました!

今回、当寺としては初の試みである終活バスツアーがTNCももち浜ストアさんに取材されました。番組は7月4日にTNCももち浜ストアで放映されます。

 

20197192629.jpg

 

大雨警報が出てる中でしたが、タイミングよく外にいるときは雨は止み、滞りなく終わる事が出来ました。

博多駅から当寺までのバスの中では相続セミナー、樹木葬の見学、永代供養コンサルタントとしての終活の講話、参加者にプレゼントするメイク付きの遺影写真やエンディングノートなどなど盛りだくさんでした。

 

20197192931.jpg

 

また、楽しみの一つである食事は実際に法事の後に出す弁当を取り寄せました。刺身付きの結構豪華な弁当です。

 

2019719290.jpg

 

それでいて参加費はなんと2980円という破格で提供させていただきました。博多から黒川温泉に行くバス代より安いです。。。

 

20197192751.jpg

 

自分は相談コーナーで永代供養というお寺が扱うものを良い形で専門家としてコンサルティングさせていただきました。この辺りは民間の方々とコラボをよくやっているのでとても得意です。

 

20197192823.jpg

 

最後に、この終活バスツアーの映像は
TNC ももち浜ストア 
7月4日 9:50〜11:15の間で放送されます。
ご興味のある方は是非ご覧ください。

関係者の皆様お疲れ様でした。

 

永代供養コンサルタント 井上仁勝

永代供養で必要となる代金は?用途別に解説します。

少子高齢化が進んでいることや、お墓を維持するときの費用に負担を感じることが多くなったことなどから、新しくお墓を建てようと考える人は少なくなっています。
一方で今まで先祖代々から受け継いだお墓があっても、これから子供や孫に維持してもらうには負担が大きすぎると考えて、墓じまいを選び人も増えています。
ただお墓がない場合は、火葬にした遺骨を手元に置いて供養することになりますし、いつまでも手元に置いておくわけにはいきません。
かといって普段からお付き合いがあるお寺がない場合は、遺骨をどうすべきか迷ってしまいます。
 
 
そういう人が増えたことによって、ここ最近は永代供養をしてほしいと考える人が増えました。
その要望に応じて、宗教法人やお寺などが永代供養を行うサービスを提供するようになり、お墓参りをする人がいない場合でも寺院や霊園が永代にわたって管理をしたり供養を行うようになりました。
運営している会社やお寺によって受け入れる条件などがあります。
しかし、基本的に宗教や宗派などを問わずに誰でも利用できることが人気の理由になっています。
 
2019322115427.JPG
 
 
永代供養をしてもらうときには、当然ですがその代価として代金を支払う必要があります。
代金の内訳は、永代供養料というものがまず必要になりますが、これは初回に一度だけ支払ってしまえば後々は必要ないものです。
この中にはこれから永代にわたって供養をしてもらう費用や納骨式のお布施代金、墓石や工事費などがすべて含まれています。
合同で供養をしてくれるので、墓石が古くなってもメンテナンス費用がかかりませんし遺族が掃除をしなければならないといった面倒なこともありません。
 
 
そのため永代供養の代金である40万円を最初に支払えば、これから先は一切追加費用が必要ないだけでなく、維持する経費や手間も省くことができるのが魅力です。
しかも年間管理費などもすべて代金に含まれていますから、契約を結んだ後はすべてお任せをすることができます。
もちろん遺族が故人に会いたいと感じたときは、墓参りをするように訪れることができますし、遠方で来られないというときにも責任を持って代行供養をしてくれますから安心感があります。
 
 
Youtubeで法事をしている様子を配信してくれているので、遠方で現地に来られない場合はパソコンなどを利用して動画を閲覧しながら故人に思いをはせることが可能になっています。
阿蘇くじゅう国立の自然に囲まれたところに墓石がたっており、周辺には緑が生い茂っていますから自然に還ることができるすがすがしい環境が整っています。

永代供養のメリットとは?お墓を決めるなら知っておきましょう。

お弔いに関する人々の考え方はその時その時の世相などを反映するものです。
そうした中で近年注目を集めているのが、永代供養です。
これは、少子高齢化・核家族化といった我が国における社会状況が影響しているものと考えられています。
 
 
従来、故人に対する供養は家単位で行われるのが一般的で、亡くなった人の子や孫などがお墓を守り、僧侶等を招いて自ら法事を主催して代々その役目を引き継ぐという形式をとっていました。
これに対し、永代供養ではお寺や霊園といった施設の管理者が、埋葬されている故人の供養を永代にわたって行います。
従来の形式であれば万が一子孫が絶えた時は供養する人がいなくなってしまい、そのお墓が無縁となってしまうおそれがありました。
しかし、永代供養であればこのような心配は要らなくなります。
つまり永代供養を選択すれば、子孫にとって負担が軽くなるというメリットがもたらされるわけです。
 
2019322115342.JPG
 
 
代々お墓を守り続けることは、かつては当たり前のこととして行われてきました。
しかし、現代においては必ずしも簡単ではありません。
進学や就職等によって移動が頻繁になり、先祖伝来の土地から離れた場所に暮らすという生活スタイルは今やごく普通のことになっています。
そうした人たちにとっては、遠隔地のお墓を維持管理していくことは決して容易ではありません。
かといって、引越しのたびに改葬するというのも手間がかかり過ぎて現実的ではありません。
また、子孫を絶やさないということが結婚や出産といった人生のイベントに対して心理的なプレッシャーを与える可能性もあります。
 
 
しかし家族に代わって末永く供養を行ってくれる者を確保することができれば、子孫は物理的・心理的な負担から解放されることでライフスタイルの自由度を高めることができます。
そしてこのことは、いずれは供養される側に回る自らの「子孫に面倒をかけたくない」という心理的負担をも軽くしてくれることとなります。
 
 
また、経済的なメリットについても見逃すことはできません。
永代供養には、個別のお墓を建てる以外にもさまざまな埋葬形式があります。
個別のスペースを持つものの、他の故人の遺骨と同じ施設の中に安置される「お墓の集合住宅」とでもいうべき納骨堂型や、遺骨を一緒に埋葬する合祀型などがその具体例です。
こうした埋葬形式であれば、独立した墓地区画を確保し、お墓を建立するよりも低廉な費用で埋葬・供養を行うことができます。
施設によっては、生前に自ら申し込み、費用を前払いすることで子孫に経済的な負担をさせないようにすることも可能です。
ページ上部へ