ホーム>スタッフブログ>永代供養

永代供養

永代供養の際に知っておきたい、お参りの方法

 新たな供養の形として近年急速に拡大している「永代供養」のサービス。ですが、新しいサービスであるため慣例が分からず、実際に永代供養を利用するのをためらってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に、お参りに関するルールは永代供養を検討する上で必ず知っておきたいですよね。そこで今回は、永代供養のお参り方法についてご紹介していきます。
 
2018112713279.JPG
 
□ 永代供養のお参り方法
 永代供養の場合、多くの方は他の方と共同のお墓に入っているため、通常の個別墓と同じ方法でのお参りは控えた方が良いケースがあります。例えばお供え物。個人がそれぞれお墓を持っている場合、お供え物を持っていくのは当たり前だったでしょうが、共同墓の場合、お供え物を置くスペースがないこともあるため持って行く必要はないでしょう。
 
□ お布施の有無を確認しよう
 お参りの際、お寺に「お布施」を払う習慣がありますが、永代供養の場合、契約時にお布施分の料金を一括で払うケースが多く、その都度お布施を払う必要が無い場合が多々あります。契約時にお布施代がどう扱われているかしっかり確認しておきましょう。
 
□ お墓に頻繁に訪れる必要は無い
 そもそも、永代供養とは、従来までの慣習通りの供養を行う手間が省けない、また、跡継ぎがおらず、こまめにお墓の管理ができる人がいない方向けのサービスです。ですので、お墓の管理や供養の行事は全てお寺がまとめてやってくれるため頻繁にお墓を訪れて管理、供養する必要はありません。
 
□ お参りのハードルを下げるために
 中々お参りに行ける環境にないとはいえ、大切な故人のお参りには定期的に行きたいですよね。そこで大切なのは「お参りのしやすさ」でお寺を選ぶことです。まずはお寺の位置です。近年、都心のど真ん中に納骨堂タイプのお墓を設置して永代供養を行うお寺が続々と増えています。今までお墓が都心から離れた場所にあって中々お参りできなかったという方も安心です。また、バリアフリー対応したお墓も増えているため、足腰の不自由な高齢者でも手軽にお参りすることができます。
 
 永代供養は、従来の個別墓とシステムが大幅に異なるためお参りの方法も自ずと変えなければなりません。お参りの際に戸惑わないためにも、契約前の事前見学やスタッフからの説明などで情報を集め、できるだけ頻繁に、楽に、そして他のお参りの方に迷惑をかけないお参りができるようお寺選びは慎重に行い、ルールをしっかり確認しましょう。(スタッフ)

永代供養の疑問、供養後に位牌はどうするの?

ここ数年で全国各地に普及した「永代供養」という考え方。コストが安い、遺族の労力が格段に減らせるなど永代供養に関する様々な情報をご存じかもしれませんが、実際どのような運びで進めていけばよいのかご存じの方は少ないのではないのでしょうか。そこで今回は、永代供養における「位牌」の扱い方に注目し、具体的な運びをご紹介します。
 
2018112713260.JPG
  
□ そもそも「位牌」とは?
 「位牌」という言葉は聞いたことがあるけど、具体的に何なのかよくわからない…。そんな方に向け、まずは位牌について軽くご紹介します。位牌とは、祭壇の上に安置される、「戒名」の書いた札のことです。実は位牌には「仮位牌」と「本位牌」の2種類があり、前者は四十九日の法要まで、後者はそれ以降に使われます。したがって、四十九日までに本位牌を別で準備する必要があります。
 
 
□ 永代供養における位牌の取り扱い
 では、永代供養において位牌はどのように扱われるのでしょうか。実は、永代供養の場合、位牌の供養は大きく分けて2種類に分類することができます。それぞれ詳しくご紹介します。
 
 
 
* 一時預かり供養
 文字通り、「お骨は永代供養するけど、位牌は一時的に預かるだけですよ」というサービスです。数ヶ月から数年の間、霊園や寺院が位牌を預かり、期間終了後に位牌を家族が引き取るか、寺院に「お焚き上げ」をしてもらうかを選択します。
 
* 永代供養
 こちらの場合、位牌を10年から30年ほどの長期間管理してくれます。このプランを選ぶ方の多くが後継者がいないことを想定しているため基本的に契約期間終了後の位牌引き取りはなく、期間終了後は「お焚き上げ」が一般的です。
 
 ※「お焚き上げ」とは
    お焚き上げとは、位牌や仏壇から魂を抜き、それらを焼却処分することを意味します。
□ 位牌の取り扱いは業者によって異なる
 位牌の取り扱い方、また、管理期間は業者や、締結する契約内容によって大きく異なり、プランに応じて必要な金額も前後します。契約を結んだ後、「思っていた内容と違っていた」とならないよう、契約前に業者側としっかりと内容を確認しておきましょう。
 
 永代供養は近年新たに始まった習慣であるため、その詳細について事細かに知っている方は少ないのが現状です。サービス内容や契約内容の誤解が業者と顧客間のトラブルに発展しているケースも少なくないため、永代供養に関する知識をしっかりと身につけ、契約を結ぶ前に管理期間や契約終了後の運びを確認しておきましょう。(スタッフ)

永代供養でペットと一緒というのは可能なのか?

近年、ペットに対する価値観が変わり、「ペットも家族の一員だ」と考える方が多くなっています。それに応じて、死後も愛するペットと一緒にいたいと、ペットと同じお墓に入りたいという声が上がるようになり、ペットと一緒のお墓に入ることのできるプランが登場しています。ですが、このサービスは果たして「永代供養」でも受けることができるのでしょうか。そこで今回は、ペットと一緒に永代供養はできるのか、その実態をご紹介します。
 
2018112713254.JPG
 
□ ペットの永代供養サービス
 ペットの永代供養に関しても、人間と同様のサービスを受けることができます。お坊さんからの読経や法要を受けることができ、お墓に納骨もしてくれます。しかし、人間の永代供養と異なる点は、ほとんどの場合、合同納骨という形で納骨されるという点です。人間の場合、13回忌まで、33回忌までなど一定期間は個別墓に入り、その後に合祀という形を取るケースが多いのですが、ペットの場合だと逆に珍しいケースとなります。
 
□ 人間とペットが同じお墓に入れるの?
 では、人間とペットが同じお墓で永代供養をしてもらえるのでしょうか。結論から申し上げますと可能です。ですが、そのようなサービスを行っている業者は非常に少ないです。というのも、仏教では、人間と動物は対等な関係とされていないため、宗教的な理由から人間とペットを一緒の墓に納骨するというサービスには根強い反対意見があるのです。また、動物嫌いな方に配慮して、そのようなサービス導入を見送っているという寺社、霊園も多くあります。
 
□ 最善の策は何?
 人間とペットが同じお墓で永代供養してもらうのが難しい現在、どうするのが最善でしょうか。
 現実的な案としては、ペットの永代供養と人間の永代供養を両方行っている霊園にお骨を収めるのがベストと考えられます。ただし、ペットのお墓や永代供養のサービスが急速に拡大しているため、今後人間とペットが同じお墓で永代供養をしてもらえるサービスも増えていくかもしれません。その時にそういった霊園にお骨を移せるよう、納骨後もお骨を取り出すことのできる永代供養墓を選んでおくと良いでしょう。
 
   ペットと人間が一緒のお墓で永代供養を行えるサービスは現在の所あまり普及していません。しかし、ペットも家族という考え方が広がっている中で、一体型の永代供養サービスが生まれるのは自然な流れです。そのようのサービスが一般的になった時に、お骨をすぐに移せる環境に置いておくのが今できる最善の対策といえるのではないでしょうか。(スタッフ)

永代供養の際の表書きについて、書き方を伝授 永代供養の際の表書きについて、書き方を伝授

お布施を渡す際に必ず必要となる封筒の表書き。場面に応じて書き方が異なるため正直どう書いて良いかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、永代供養のお布施支払いに当たって、正しい表書きの書き方をご紹介します。
 
□ 永代供養においてお布施を支払うタイミング
 永代供養において、納骨に関するお金を個別に支払う必要はありません。というのも、永代供養の場合、初期費用に納骨時のお布施が合算されているケースが多いのです。ですので、表書きを書いた封筒に入れてお布施を個別に支払う必要があるのは三回忌や七回忌といった年忌行事の際のみとなります。
 
20181127132313.JPG
 
□ 表書きの書き方
 では、永代供養の際の表書きに関するマナーについて詳しくご紹介していきます。
 
* 封筒の選び方
 まず肝心なのは、どの封筒を使用するかという点です。封筒は必ず白無地のもの、そして郵便番号を書く枠がない封筒を選ぶようにしましょう。水引がついたものでも問題はありませんが、相手方に不幸があった訳ではないので、絶対に付けなければならないという訳ではありません。仮に水引きを使用する場合は双銀や黒白、黄白を使用するようにしましょう。
 
* 書き方
 書き方は非常にシンプルです。封筒の中央上に「お布施」もしくは「御布施」と書き、間を空けてその下に代表者のフルネーム、または「○○家」と記入しましょう。記入の際は筆または筆ペンを持ち、マジックを使うのは避けましょう。
 
* お金に関する注意点
 中に入れるお金に関してもいくつか注意点が必要です。まず、お布施の場合、新札を使用するのが一般的です。また、お金は封筒の表面に肖像画が向くように入れるのがマナーとされています。
 
* 渡すタイミング
 お布施を渡すのは基本的に法要後です。切手盆などを用いて手渡しを避けるとより好印象です。そもそもお布施とは「喜捨」であり、お坊さんに対する感謝を示すものです。渡し方にまでこだわり、より感謝が伝わるよう工夫しましょう。
 
 永代供養は近年急速に拡大を始めた供養の形であるため、具体的にどのように振る舞えば良いか詳しくご存じの方は少ないことでしょう。上記の点をしっかりと抑えて、お坊さんに対して失礼の無いよう心がけましょう。
とはいえ、お布施とはお坊さんに感謝の気持ちを伝える手段の1つです。中に包む金額の大小や渡し方の是非を気に掛けるのは当然でしょうが、お経を上げていただいたことへの感謝の気持ちを忘れないことを最優先に考えるようにしましょう。(スタッフ)

永代供養で必要となるお布施って?相場も含めて解説

近年、新たな供養の方法として大きな注目を集めている「永代供養」。通常の供養とは仕組みも料金体系も大きく異なるため、何が必要で、どれほどのお金が必要か詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。中でも「お布施」は供養の方法が異なる永代供養ではどう取り扱われているか特にわからないのではないでしょうか。
 そこで今回は、永代供養におけるお布施の仕組み、また、その相場について解説します。
 
20181127123322.JPG
 
□ 「お布施」とは?
 そもそも、「お布施」とは何かご存じですか? 聞いたことはあるけど実は知らない…なんて方も多いのではないでしょうか。
 お布施とは、お坊さんに対して「お経をあげてもらったお礼」として支払うお金のことを指します。ではお坊さんと遺族との関わり方が通常と異なる永代供養ではこの「お布施」をどう扱えば良いのでしょうか?
 
□ そもそもお布施は必要?
 通常の供養ほどお坊さんとの関わりが密でないこの「永代供養」においてそもそもお布施は必要なのでしょうか。
 結論から申し上げますと、永代供養においてもお布施は「必要」です。永代供養の場合、納骨と7回忌や13回忌と言った年忌行事の際にお坊さんにお経を上げていただく形となります。したがってそれに対するお布施を支払う必要があります。
 
□ 料金体系や相場は?
 では、永代供養におけるお布施の相場や料金体系はどのようになっているのでしょうか? 
 まず、納骨時のお布施に関してですが、納骨時のお布施は永代供養費に組み込まれている場合が多いため、個別に払う必要はありません。詳しい内訳が知りたい場合は業者のスタッフに問い合わせてみましょう。
 次に、年忌行事の際のお布施についてです。年忌行事に関するお布施はその行事ごとに個別で支払うシステムとなっています。お布施の相場としては四十九日や一周忌の法要の際は3万円から5万円程度、三回忌以降の法要の際は1万円から5万円ほどとなっています。
 しかし、お布施とはあくまでも「喜捨」であり強制的に支払わなければならないものではありません。金額の大小ではなく、無理ない範囲で、しっかりと感謝の気持ちを伝えることが大変重要です。
 
 ご覧頂いた通り、永代供養の場合でも、お布施が必要であるケースがほとんどです。無理ない範囲でお布施を支払い、お坊さんへ感謝の気持ちを伝えましょう。また、永代供養を契約する際に、お布施の料金が組み込まれているのか、また、どの行事のお布施までが対象なのかを把握した上で契約を結ぶようにしましょう。

永代供養で必要となる代金の目安はどのくらい?

「永代供養を検討しているけど、予算の見当がつかない」
「用意しておくべき代金の目安が知りたい」
このようにお悩みの方はおられませんか。
永代供養の費用の相場は幅広く、代金の目安を知っておいた方が安心できるでしょう。
そこで今回は、永代供養の代金の目安について説明します。
 
□支払いは一回だけ
永代供養では、長期間故人を供養してもらうので、管理や法要などに費用がかかります。
また、墓誌に記入するための刻字料やお墓に納骨をするための納骨料なども必要です。
その他にも様々な費用が発生するのですが、これらの料金は契約時に一括で支払う仕組みとなっています。
ですので、後からお布施を求められたり、追加で料金を支払ったりする心配はありません。
 
20181029103132.JPG
 
*注意点
寺院や霊園によっては、年間の管理費などを支払わなければならないことがあります。
一般的な永代供養では支払いは一回だけのことが多いのですが、万全を期すためにも申し込み時に追加料金がかからないかどうかをしっかりと確認しておきましょう。
 
□代金の目安
永代供養では、供養の方法によって代金の目安が大きく異なります。
 
*合祀墓
他の人の遺骨を一つのお墓でまとめて供養する方式です。
墓石を共有するので管理にかかる手間が省けます。
ですので、一般的に料金が安くなります。
代金の目安としては、約20万円前後、安いものでは約5万円前後のものもあります。
 
*家族墓、個人墓
一人だけ、あるいは家族でお墓を共有する方式で、他の人と同じ墓では供養されません。
ですので、墓石を建てるための料金や、土地の使用料などがかかります。
代金の目安は約30万円です。
お墓の仕様によっては100~200万円ほどの場合もあります。
 
*納骨堂
家族墓や個人墓と似たような形式なのですが、納骨堂の場合は墓石を建てません。
それぞれ遺骨を収納するスペースが設けられていて、そこで供養をするという方式です。
一般的に代金は合祀墓よりは高く、家族墓や個人墓よりは安くなります。
代金の目安は約10万円前後とされています。
ですが、立地によっては少し高額になる場合があります。
 
□まとめ
永代供養で必要となる代金の目安について説明しましたが、いかがでしょうか。
永代供養には大きく分けて3つ、供養の方式がありますが、いずれも数10万円はかかります。
永代供養にかかる費用について全く知らない状態だと、永代供養を契約するときに金銭的なトラブルが発生するかもしれません。
今回紹介した費用の目安を参考にしてみましょう。(スタッフ)

永代供養にすることによってどのようなメリットを得られるのか?

近年、永代供養という言葉をよく耳にします。
永代供養は従来の墓石で故人を供養するものとは異なり、寺院や霊園が代わりに供養してくれるものです。
皆さんはその永代供養のメリットについて知っていますか。
「永代供養の仕組みについては知っているけど、何がメリットなのだろうか」
「永代供養のメリットについて少しは知っているけど、あまり詳しくはないな」
こんな方もおられるのではないでしょうか。
そこで今回は、永代供養のメリットについて詳しく説明します。
 
20181029103041.JPG
 
□墓地の手入れが不要
永代供養では寺院や霊園が墓地の手入れをしてくれます。
従来の墓地のように掃除をする手間がありません。
 
□一般的なお墓を建てるよりも安価
永代供養では、他の人とお墓を共有する合祀墓というものがあります。
合祀墓であれば、個人で墓石を建てません。
ですので、その分だけ費用が安くなります。
 
□無縁仏にならない
お墓を供養する人がいなくなった場合、無縁仏とみなされてしまいます。
無縁仏となった場合、墓石が撤去されてしまうことがあります。
しかし、永代供養では寺院や霊園が代わりに供養してくれるので、親族や縁者がいなくなったとしても無縁仏になることはありません。
 
□宗旨・宗派が問われない
檀家になることを条件とされることが稀にありますが、一般的に永代供養では宗旨・宗派が問われることがありません。
 
□交通アクセスが良い
従来のお墓の場合、街から離れた場所まで足を運ぶ必要があります。
ですが、永代供養の施設は交通アクセスの良い場所に建てられていることが多いのです。
 
□生前に契約ができる
永代供養は生前に申し込みができます。
事前に料金を支払うことが可能なので、親族や縁者に迷惑をかける心配がありません。
 
□お布施が不要
永代供養では契約時に永代供養料を支払うことで、以降のお布施は必要ありません。
管理や法要などにかかる費用はすべて永代供養料に含まれています.
 
□まとめ
永代供養のメリットについて説明しましたが、いかがでしょうか。
永代供養のメリットについてまとめてみましょう。
 
*墓地の手入れを代わりにしてくれる
*墓石を建てないので安い
*無縁仏になる心配がない
*宗旨・宗派が問われない
*交通の便に優れている
*生前に契約し、料金を支払うことができる
*追加でお布施をする必要がない
 
永代供養にはこのように多くのメリットがあります。
永代供養を検討される際には、こういったメリットが得られるということをしっかりと把握しておきましょう。(スタッフ)

永代供養のデメリットと押さえておきたい注意点

「永代供養のデメリットって何があるのかな」
「永代供養を検討中だけど、どんなことを注意すればいいのだろうか」
このようにお悩みの方はおられませんか。
永代供養は身寄りにお墓参りをしてくれる人がいない、後継ぎがいないといった方にはぴったりなのです。
しかし、永代供養にはデメリットもいくつか存在します。
そこで今回は、永代供養のデメリットと注意点について説明します。
 
20181029102954.jpg
 
□永代供養のデメリット
他の人の遺骨を同じお墓で供養する「合祀」というものがあります。
永代供養では、一定の期間を過ぎると合祀されてしまうことがあります。
合祀されることで2つのデメリットが生じます。
 
□お墓参りができない
合祀をする場合、従来のようなお墓参りができなくなってしまいます。
 
*注意点
お墓参りが出来なくても良いのか、家族や親戚などと相談しましょう。
 
*お墓参りをしたいなら
お墓参りをしたい場合は、家族墓を検討してみてはいかがでしょうか。
家族墓では家族で一つのお墓を共有できます。
ですので、一般的なお墓と同じようにお墓参りができます。
 
また、納骨堂はお墓を建てるわけではないのですが、別々のスペースで供養されます。
ですので、納骨堂でもお参りができます。
 
□遺骨が取り出せない
家族墓や納骨堂で供養してもらえば、遺骨を取り出すことは可能です。
しかし、合祀墓を利用する場合、遺骨を取り出すことはできません。
 
*注意点
家族墓や納骨堂を利用していても、一定期間が過ぎれば合祀される場合があります。
合祀されてしまうと、遺骨を取り出すことができなくなってしまいます。
 
□お墓を継承できない
永代供養はお墓を継承することができません。
代々受け継がれてきたお墓がある場合、そのお墓が無縁仏(お墓の管理者がいない状態)となってしまうかもしれません。
 
*注意点
この問題は、親族とのトラブルの原因ともなるので、永代供養を検討する場合はしっかりと相談しましょう。
 
□まとめ
永代供養のデメリットと注意点について説明しましたが、いかがでしょうか。
永代供養は合祀墓を利用することが多く、従来のようなお墓参りができません。
家族墓や納骨堂を利用すればお参りはできますが、一定の期間が過ぎれば合祀され、お参りができなくなる場合があります。
また、遺骨を取り戻せない、お墓を子孫に継ぐことができないといったデメリットもあります。
永代供養を検討される場合は、こういったデメリットが存在することを念頭に置いておきましょう。
そして、永代供養をしてから後悔することのないようにしましょう。

永代供養の失敗事例で浮かび上がる注意事項って?

「永代供養をしてもらいたいけど、失敗したくないな」
「永代供養で起こりうるトラブルは事前に把握しておきたい」
このように考えている方はおられませんか。
永代供養は多額の費用がかかります。
また、故人としてしっかりと供養してもらいたいものです。
ですので、永代供養に関する失敗は必ず回避したいですよね。
そこで今回は、永代供養に起こりうる失敗事例を2つ紹介し、その中から浮かび上がってくる注意事項について説明します。
 
2018102910284.JPG
 
□料金についての失敗事例
 
*事例
「永代供養を100万円で契約した。
家族で同じところに埋葬してくれるそうだ。
法要や読経にかかる費用もすべて込みで、後払いはしなくてもよいとのことだった。
ところが先日、テレビCMで永代供養のコマーシャルを見たのだが、その価格を見て驚いた。
自分が契約した内容とほぼ同じで、価格は半額の50万円だったのだ」
 
これは、永代供養の料金に関する失敗事例です。
この事例で露見された問題は「料金が高すぎるところで永代供養を契約してしまった」という点です。
 
*原因
永代供養の相場は幅広く、安いものでは数万円、高いものでは数100万円もの費用がかかる場合があります。
つまり、永代供養の値段は相場に相応しいかどうかを判断するのがとても難しいのです。
 
*注意事項
永代供養を検討する場合は、できるだけ条件の似通ったところと値段の比較をしましょう。
 
□期間についての失敗事例
*事例
 
「仕事で忙しく、お墓参りにあまり行けそうにないので、親戚の人を永代供養してもらっていた。
先日、三十三回忌の法要が行われたのだが、出席できなかった。
そのため、後日、お参りをすることにした。
しかし、お参りをした時にはすでに合祀(ほかの人の遺骨と合わせて埋葬すること)されていて、遺骨はもう回収できないと言われた」
 
これは、永代供養の期間に関する失敗事例です。
永代供養に期限があることを知らず、知らない間に遺骨が合祀されてしまったのです。
 
*原因
一般的に永代供養では、寺院や霊園が存続している限りは供養をしてもらえます。
しかし、ある一定の期間を過ぎると合祀墓に移されてしまうこともあります。
 
*注意事項
永代供養の契約をする前に、供養してくれる期間について確認しておきましょう。
 
□まとめ
永代供養の失敗事例とその注意事項についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。
契約する際に永代供養の内容について詳しく説明されるので、その内容をしっかりと把握することが重要です。

永代供養の値段はどのようなことで変動が生じるのか?

永代供養では、寺院や霊園が遺骨や位牌を長期間管理・供養します。
お墓の手入れをしてくれる身寄りがいない方のために、代わりに供養してくれるのです。
永代供養の相場は安いものでは数万円、高いものでは数100万円となっており、価格帯が広くなっています。
「どうしてこんなに金額に差があるのかな」
「安いものと高いものでどんな違いがあるのかな」
このように考えている方はおられませんか。
今回は、永代供養の値段が変動する仕組みについてご説明します。
 
20181029102654.JPG
 
□値段が安い永代供養の仕組み
永代供養の相場の中でも比較的安いものがありますが、安いからと言って質が悪いわけではありません。
値段が安くなることには理由があります。
 
*合祀墓
永代供養の供養方法の一つに合祀墓というものがあります。
合祀墓は多くの故人の遺骨を一つの大きなスペースで管理する供養方法です。
石のお墓を建てることはありません。
また、読経や法要といった行事を一括で済ませることができます。
上記の理由から、合祀墓は比較的値段が安くなるのです。
 
 
□値段が高い永代供養の仕組み
永代供養の値段が高くなってしまう理由について説明します。
 
*墓石を建てる
永代供養で墓石を建てる場合、一般的な墓石と同じぐらい費用がかかるので、値段が高くなってしまいます。
例えば、家族墓と言って、家族で共有の墓石を建てて永代供養をする仕組みがあります。
この場合、墓石にかかる費用と墓石を建てるためのスペースの使用料がかかるので、値段が高くなってしまいます。
また、墓誌(故人の没年月日などが記入された石の板)を建てるための刻字料がかかってしまい、さらに値段が高くなります。
 
*納骨堂で供養してもらう
遺骨や位牌を納めるスペースを大量に設けられた建物を納骨堂と言います。
納骨堂では遺骨や位牌はそれぞれのスペースで個別に管理されるので、合祀墓よりも値段は高くなります。
ですが、墓石を建てるほどの料金がかかるわけではありません。
納骨堂は市街地などのアクセスがしやすい場所にあります。
それは、値段が高くなる理由の一つとなっています。
 
□まとめ
永代供養の値段が変動する仕組みについて説明しましたが、いかがでしょうか。
永代供養は値段が安いものから高いものまで様々な種類があり、合祀墓は比較的安く、墓石を建てる場合や納骨堂で供養する場合は比較的高くなります。
永代供養を検討する場合は、供養の方法によって値段が大きく変化することに十分に注意しましょう。
ページ上部へ