ホーム>スタッフブログ>周辺案内

周辺案内

当寺の近くにある「三俣山」の魅力をご案内

三俣山はくじゅう連山のなかでも人気がある山のひとつで、特に紅葉時には多くの登山者で賑わいます。

長者原方面から眺めると3つのピークがあるように見えることから「三俣」と名がついていますが、実際には5つのピークがあり、西峰、四峰、南峰、本峰、北峰があります。

一般的な登山口はやまなみハイウェイにある長者原ビジターセンターからとなります。

ビジターセンターの裏手には広大なタデ原湿原があり、春にはツクシショウジョウバカマ、キスミレ、ハルリンドウ、夏にはキスゲ、サワギキョウ、ヒゴダイ、秋にはアケボノソウ、シラヒゲソウ、タムラソウなどが咲いています。

写真はヒゴダイです。

2016111231238.jpg

 

登山道はタデ原湿原の西側にあり、鉱山道路を緩やかに登っていきます。

やがて大曲登山口からの登山道と合流し、白い噴煙をあげる硫黄山の左手に三俣山の大きな山腹が見えてきます。

鉱山道路から岩がごろごろとしている歩きにくい道に変わり、その場所を超えると出発から1時間ほどでスガモリ越に到着です。

ここには小屋があり、多くの登山者がここで一息入れます。

小屋の正面から三俣山西峰を目指します。

高度をあげながら登ると背中側には硫黄山と星生山、中岳、白口岳などの雄大な景色が広がります。

標高1.678メートルの草原状となっている西峰からは涌蓋山、由布岳を見ることができます。

2016111231325.jpg

本峰や南峰へは西峰からいったん北東方向へ下り、また再び登り返します。

この地点からは久住山と星生山の切れ目に阿蘇根子岳を見ることができます。

2016111231422.jpg

南峰と北峰、本峰の中には大鍋、小鍋と呼ばれる噴火口があり、その周りを回る「お鉢巡り」をすることができます。

2時間ほどの山歩きとなりますが、紅葉の時期にはお鉢から見上げる紅葉や縦走路の紅葉を楽しむことができます。

南峰から北峰に向かう時には坊がつるや大船山を見ながら下りの道となります。

由布岳も東の方向に見えます。

201611123158.jpg

2016111231544.jpg

お鉢の中に入り紅葉を眺めることができます。ピーク時にはお鉢の周りは真っ赤に染まります。

2016111231629.jpg

 

2016111231656.jpg

本峰到着は登山開始から4時間ほどになります。本峰は広く、腰掛になるような一段高くなった草地があり休憩に最適で、ここで昼食をとる方が多いようです。(スタッフ)

2016111231740.jpg

 

お寺の周りには魅力的なスポットが満載です。お寺にお参りの際には周辺の観光もお奨めいたします。

 

2016818142757.JPG

自然に還れる金剛宝寺の永代供養付き自然葬

天空陵はこちらから
http://www.kongouhouji.or.jp/contents/tenkuryo/eitai/

お寺の周りには魅力的なスポットが満載です。お寺にお参りの際には周辺の観光もお奨めいたします。

当寺の近くにある「大船山」の魅力をご案内

大船山はくじゅう連山の中でも、久住山と人気を2分するほどの人気の山であり、ゴールデンウィーク初めに行われるくじゅうの山開きは久住山と大船山が1年交代で行われています。
 
登山口は男池登山口、岳麓寺登山口、今水登山口コースなど複数あります。私のお薦めは吉部登山口から暮雨の滝、坊がつるを経て大船山頂上へ到るコースで、歩き始めて最初のきつい登り以外はほとんど平坦な道となっていて、登山初心者でも楽しめるコースとなっています。登山道の中盤からは、美しいブナ林となり坊がつるまでは1時間半ほどで到着します。この登山道の中間点近くにある暮雨の滝は厳冬期には凍り付き、見事な氷瀑を見ることができます。
 
201610913713.gif
 
また吉部登山口は砂利が敷いてある広大な駐車場があり、ミヤマキリシマが咲く6月初旬から中旬以外は混雑することはありません。吉部から大船林道沿いの登山道もあり、10月下旬には鳴子川沿いの紅葉を愛でながらの散策も楽しめます。
 
201610913829.gif
 
10月後半からの坊がつる湿原の朝は、気温零度以下の厳しい寒さとなります。地面に霜柱がびっしりと立ち、ススキが朝日に照らされ黄金色に輝きます。
 
201610913958.jpg
 
坊がつるキャンプ場の東の登山口から大船山を目指します。北大船山と大船山の分かれ道となっている段原までは厳しいいのぼりが続きます。歩きなれた人でも1時間はかかってしまいます。段原からは三角錐になった大船山の頂上が目の前に見えます。
 
2016109131056.jpg
 
しばらく平坦な道が続いた後、岩が多い道を喘ぎながら登ると、大岩に囲まれた頂上に到着です。吉部登山口からは3時間半ほどの行程となります。
 
2016109131138.jpg
 
大船山頂上からは360度の大パロラマの景色が楽しめます。北には久住山や中岳、三俣山に硫黄山などくじゅう連山、左側に阿蘇5岳、南方向に黒岳、その背後に祖母傾山系、東には耶馬渓の山々と由布岳、西方向には遠くに雲仙を見ることができます。私はここからの段原、平治岳を見下ろす景色が大好きです。
 
2016109131223.jpg
 
大船山から東に下るとすぐに御池があります。紅葉時は写真撮影をする登山者の姿が多くあり、風が静まるのを待って池に移り込む紅葉を撮ろうと三脚にカメラを設置してその瞬間をじっと待ちます。 
 
2016109131319.jpg
 
大船山の御池の紅葉の見ごろは例年10月中旬頃となっています。大船林道や林道に沿うように流れる鳴子川の紅葉は10月下旬がピークとなります。この時期の週末は牧ノ戸峠登山口、長者原登山口とも午前7時には駐車場が満杯となってしまい、登山道も人であふれかえります。(スタッフ)
 
お寺の周りには魅力的なスポットが満載です。お寺にお参りの際には周辺の観光もお奨めいたします。
 

2016818142757.JPG

自然に還れる金剛宝寺の永代供養付き自然葬

天空陵はこちらから
http://www.kongouhouji.or.jp/contents/tenkuryo/eitai/

 
 
 

当寺の近くにある「久住山」の魅力をご案内

久住山はくじゅう連山を代表する山で標高は1787メートル、星生山や肥前ヶ城から眺めると切り立った崖が北側にあり綺麗な三角錐の山容をしています。

登山ルートは赤川登山口から稲星山経由もありますが、一般的なルートは県道11号線やまなみハイウエイの牧ノ戸峠からの登山となります。

牧ノ戸峠の売店左手のトーテムポールが立つ登山口を出発です。

コンクリートで塗り固められた歩道をしばらく歩くと手すりが付いた木造階段へと道が変わります。5月から6月にかけては満天星ツツジが道脇にたくさん咲いています。

喘ぎながら第一展望台にあがると北方向に涌蓋山や八丁原発電所方面の白い蒸気が見えます。

 

沓掛山までは平坦な道で、それを過ぎると急な下りとなり、木造の階段やロープなどが出てきます。慎重に下れば危険なことはありません。

下りきってからは緩やかな登りとなり右手に扇ヶ鼻への分岐が見えてきます。直進し岩が小高く積んである場所を歩き、しばらくすると正面に星生山が見えてきます。西千里ヶ浜と呼ばれる平坦な道をしばらく行くと今度は右手に肥前ヶ城への分岐が見えてきます。6月初旬のミヤマキリシマが咲くころには多くの人で賑わうところです。

 

 

 

牧ノ戸峠から避難小屋があるくじゅう分かれには約2時間で到着です。ここから南方向に下れば坊がつるへ、西方向へ岩がごろごろとしているガレ場をいけば中岳、久住山への道となります。

少し歩きにくいガレ場を40分ほど歩くと大きな岩ばかりの久住山山頂到着です。



当寺から車で15分で牧ノ戸峠です。くじゅうの大自然が好きな方は、自然林が多く残っていて野草が咲き乱れる境内に是非遊びに来てくださいね。

2016818142757.JPG

自然に還れる金剛宝寺の永代供養付き自然葬

天空陵はこちらから
http://www.kongouhouji.or.jp/contents/tenkuryo/eitai/

ページ上部へ