ホーム>スタッフブログ>2020年7月

2020年7月

朝日新聞さんに当寺のオンラインの取り組みを取材いただきました。

2020722154214.JPG

朝日新聞さんに葬儀の簡素化拡大という記事で取材していただいたのですが、オンラインの取り組みはもともと供養に関する問題解決の一つとして行っております。実際に年間500件近くのご供養に関する相談を受けておりますが、悩みは実に多様です。

管理してくれる人がいない、墓じまいをしたい、永代供養がいい、費用をかけれない、ご遺骨の数が多い、などなど。

その結果、実に遠方の方がここしか解決できないという結論になって当寺にお世話になるという結論を選ばれます。遠いところではアメリカ、スイス、タイ、アフリカ、韓国などの海外を始め関東、関西などの大都市からもご依頼をいただいておりますが、この方々は日頃のお付き合いはネットを通じてになります。

そこで遠隔の法事、簡素な葬儀などニーズが発生しておりました。今回、コロナ禍でお参りの形が多様化するなかでお困りの方々のお力になれると思いさらに対応範囲を拡大して、よりオンラインで完結するようにクレジットカード決済なども導入させていただきました。これによってお支払いの半分がクレジット決済に移行しより皆様の負担を下げることも出来ました。

私たちの運営のコンセプトは、関わった方々の負担を下げて自由で幸せな人生のお手伝いをするというものです。高額で不透明という業界の常識を変え、透明で相場の10分の1というのを心がけ、出会えて良かったと思っていただける寺院を目指して日々精進させていただいております。

オンライン葬儀という新しい分野ですでに多方面から取材を受けておりますが、本当に皆様にお薦めしているのは当寺の問題解決能力です。難しい問題をどうにかして解決する、そして皆様を楽にするこれこそ私たちが社会のお役に立てる部分であると考えております。

どうぞ、お困りの方がおられましたらどのような内容でもご相談くださいませ。誠心誠意お答えさせていただきます。

永代供養コンサルタント 井上仁勝

 

ページ上部へ