ホーム>スタッフブログ>旬の話題>一日葬墓という新しい葬儀とお墓の形
旬の話題

一日葬墓という新しい葬儀とお墓の形

202041154748.jpg

新型コロナが流行し、緊急事態宣言や東京のロックダウン(都市封鎖)の可能性などが報じられています。東京オリンピックも延期となり、感染爆発を抑止するために不要不急の外出を控えるように、集会およびイベントの自粛、地方では首都圏への往来を控えるように呼びかけが行われています。

コロナ感染が猛威を振るっているスペインではついに葬儀の中止が要請されました。日本でも愛媛県においてある葬儀の参列者からコロナ感染が出ました。

大変に心痛める事態だと思います。

また、高齢者が多く集まる葬儀は集団感染の可能性を高める集団感染を招きやすい密閉、密集、密接の条件がそろいやすい儀式行事にあたります。

このような社会情勢の中で金剛宝寺では現代の技術を用いて集まることなく個人への葬儀を行いお別れができる葬儀のライブ配信での対応を開始致しました。またこれから生じるであろう経済的な困難に対応するため、葬儀・埋葬の簡素化により1日で葬儀から埋葬まで必要なことは執り行う「1日葬墓」を4月1日より開始いたしました。

これにより葬儀・埋葬にまつわる経済的な負担を軽減し、皆様の生活の防衛に役立つ時代に適応した新しい葬送の形を提案させていただきます。

新型コロナの流行はまだしばらく継続する可能性があります。これからも社会情勢の変化に適応して皆様の課題解決を専門家として提案していきたいと考えております!

これまで経験したことのない大変な社会情勢ですが、皆で知恵を出し変化しながら協力して困難を乗り越えていけばなんとかなると信じて行動していきましょう!
 

永代供養コンサルタント
井上仁勝

 

詳しい内容は下記の一日葬墓のページをご覧ください。

https://www.kongouhouji.or.jp/contents/tenkuryo/soubo/

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kongouhouji.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/325

ページ上部へ