ホーム>スタッフブログ>2020年3月

2020年3月

春のお彼岸を行いました。

阿蘇の草原が野焼きの時期を迎える中、先日3月21日(土)に春のお彼岸の供養を行いました。新型コロナウイルスの影響が懸念されている中での春のお彼岸供養でしたが、参列くださった皆様方には、心よりお礼を申し上げます。
 
2020323171221.JPG
 
お彼岸は1年の供養の大切な節目として行われるものですが、この度は、新型コロナウイルスで多くの方が犠牲になっていることも踏まえ、世の中が穏やかに、健やかに平和であることを願う、祈る、そのような気持ちも併せてしっかりとご供養させて頂きました。
 
2020323171241.JPG
 
秋にもお彼岸供養を行います。その頃には少しでも穏やかな社会、世の中であるよう、私共でも出来ることはしっかりと取り組んで参ります。(住職)
 

コロナウイルス流行に対する当寺の姿勢

 

今回のコロナウイルス流行に関連して、各種イベント・外出の自粛、関連する産業、経済への被害が日々広がっております。

当寺としましてはこの未曽有の危機に対して少しでも皆様とともに立ち向かい乗り越えることができるように活動していきたいと考えております。
 

2020310124812.JPG


具体的には

 

1、当寺が提唱する新しい葬儀・法事・お墓を通じて終活関連費用を1/10にし、皆様の老後の資産防衛に積極的に協力をしていきます。

 

2、「どこでもお墓参」を用いたテレワークによる葬儀・法事を行うことで集会によるコロナウイルス感染リスクを減らすことに取り組みます。

 

3、強いストレスやままならない状況下でも心の専門家として平常心をもって事業に取り組み明るく前向きに問題解決できることを追及してまいります。

 

皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

金剛宝寺住職 井上仁勝

ページ上部へ