ホーム>スタッフブログ>永代供養>宗派によって制限はある?永代供養に関して知っておきたい注意事項
永代供養

宗派によって制限はある?永代供養に関して知っておきたい注意事項

永代供養に宗派の制限があるかないかは、墓地によって異なります。
 
えんむすびの寺金剛宝寺は熊本地震をきっかけに、ボランティアのつもりで永代供養を始めたものであり、当然ながら宗教宗派に関係なく、永代供養をお引き受けしています。
永代供養のシステムも、墓地によってまちまちであり、えんむすびの寺金剛宝寺では宗派不問・低価格・追加費用なしにて、永代にわたって管理・供養を致します。
 
戦後家制度が廃止されて以降、家族形態は大きく変わり、近年はお墓を継ぐ人がいなかったり、遺族にお墓などのことで迷惑をかけたくないと考える人が増えています。
先祖のお墓の場所が遠くて、あるいは多忙でなかなかお墓参りに行けない例も多いようです。
 
201921165737.JPG
 
地域のお寺に支払う費用や、高額なお布施に悩んでいる人も多くなっています。
新しくお墓を建てる際には、設置費用や維持費用が相当かかり、維持してきた先祖代々のお墓を閉じようとする際にも、遺骨を移す先に頭を悩ますことになります。
遺骨を入れる場所がなく、自宅やお寺に置いたままにしている遺族もかなりの数になります。
 
家制度の廃止という大きな変化があった一方で、お墓の仕組みだけをそのままにすることには無理があります。
家を継ぐという観念がなくなったわけですから、お墓もそうなるのは致し方のないことです。
継ぐことも継がせることも不確定なものとなって当然な面があります。
お墓を守って行こう、継ごうとする方々の努力によって、なんとかこれまで維持されてはきましたが、ここに来て限界になっているように見受けられます。
 
金剛宝寺では、時代の変化に即して、お困りのご遺族の方々やお墓を継ぐ人のいない方々のために、力になろうと永代供養をリーズナブルな仕組みにてご提供しています。
ホームページを見ていただくとおわかりのように、注意事項はわずかであり、多額の寄付を募ったり、寺の修復費用を檀家さんに振り分けるようなことは一切しておりません。
 
檀家になる必要もありませんから、文字通りの永代にわたっての供養です。
金剛宝寺は真言宗であり、供養は真言宗式におこなっていますが、わが国の多くの方々が無宗教である現状も汲んでいますから、当然ながら宗派不問でご利用いただけます。
場所は大分県玖珠郡九重町です。
初めに工事費込みで40万円をお支払いいただければ、年間管理費無料で永代にわたって供養いたします。
遺族による定期的なお墓参りがなくても樹木葬ですから、個別の掃除などの心配はありません。
やがては阿蘇くじゅう国立の自然に還ることができる樹木葬であり、お墓参りのときには阿蘇の雄大な自然をご覧いただけます。(スタッフ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kongouhouji.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/297

ページ上部へ