ホーム>スタッフブログ>永代供養>お坊さんがこっそり教える経済的にもっとも効果のある終活とは?
永代供養

お坊さんがこっそり教える経済的にもっとも効果のある終活とは?

すっかり定着した感がある終活という言葉ですが、供養、お墓などの分野で専門家といえるお坊さんから見て終活を始めとした学んで準備しておく重要性はとても高いです。

どのくらい重要かというと、費用面では10倍くらいは軽く変わってしまうという事をご理解していただきたいです。

日本の葬儀からお墓までの平均費用は現在、363万円と言われています。(2017年度 エンディング関連費用   出典:財団法人日本消費者協会)もし、関係者が亡くなって何もわからず葬儀社さん、お寺さん、霊園になどにお任せしますと言えばまずこの費用以上がかかると思っていいでしょう。この費用や苦労を一度でも味わってしまった方や、周りから聞いたことがあるという方がしっかりと学んでおこうという事で終活をしていくのです。

お坊さんが伝える経済的にもっとも効果のある終活とは?

1.事前によく相談して納得のいく葬儀、法事のプランを選んでおく(生前契約も含む)

2.エンディングノートなどを用意してしっかり関係者に準備していることを知らせる(子孫に負担を残さない)

3.負担がかかるお墓などを墓じまいして整理する(維持費の軽減)

これだけ意識するだけでも費用は約10分の1になります。

具体的に自分がお勧めしている業者さんも紹介いたします。

2018922131939.png

 

小さなお葬式
http://www.osohshiki.jp/

家族葬や火葬式などをとても良心的な価格で提供してくださる全国対応の葬儀グループネットユーザーを中心に多くの支持を得ています。葬儀実績15万件以上。葬儀14万円~

・田舎などで葬儀社を選ぶとそもそも選択肢が少なく費用も上がりがちです。こういった全国組織の葬儀社を間に入れることで追加費用や、ローカル価格に巻き込まれることなく安心して定額で想定した金額の葬儀を行うことが出来ます。もちろん、費用面でも国内トップクラスの負担軽減になります。

 

きみと終活とわたし
https://www.shuukatsu.blog/entry/endingnote

エンディングノートや終活ノートなどについて終活カウンセラーさんが丁寧に説明しているページです。

・エンディングノートといっても現在はとても多くの種類があります。その多くのエンディングノートを実際に専門家として手に取って精査してこれがお勧めという1冊までご紹介くださっています。エンディングノートって何?という人から何がいいか迷っている人まで色んな方にお勧めのページです。

 

イオンの墓じまい
https://www.aeonlife.jp/rebury/

墓じまいとは、お墓からご遺骨を取り出し墓石を解体し、更地に戻すことを言います。墓じまいをするには、行政手続きやお墓の工事業者のやり取りなど、時間と労力がかかり、大きな負担となります。安心して墓じまいができるよう必要なものがすべて含まれています。墓じまい198,000円~
 
・ご存知スーパーを始めとするイオングループさんの墓じまいです。なぜお薦めするかというと、墓じまいの実際はとても専門的な要素が多く、地元の信頼できる石材店さんと相当な手間と時間をかけて行う場合が多いのです。また、お寺が高額な離檀料を請求してきたり、石材店が遠く予定より費用がかさんだり、行政手続きが煩雑で費用がかかったりなどの想定外のトラブルでも大手なら対応が安心です。
 
負担の少ないお墓 天空陵
 
お墓の管理はすべてお寺におまかせ!年間管理費0円、永代供養込み 全国対応可能 5万円~
阿蘇くじゅう国立の自然に還ることが出来る永代供養の樹木葬です。
 
・当寺が運営している霊園です。福岡の老舗石材店さんと熊本地震でお困りの方の経済負担を下げるために作りました。当寺だけでも全国平均の10分1の費用ですべてを行うことが出来ます。
 
もちろん、これらの情報だけでは対応できない終活の問題も多々あります。そういう場合は自分もシニアライフカウンセラー講師もしておりますので、気軽に相談していただければ様々な業者の方も含め皆様の終活のサポートをさせていただきます。これからも関わった皆様が豊かで自由な人生になるよう全力でお手伝していきたいと思います。(住職)
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kongouhouji.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/256

ページ上部へ