ホーム>スタッフブログ>永代供養>永代供養の業者を選ぶ際に気になる予算感について
永代供養

永代供養の業者を選ぶ際に気になる予算感について

永代供養の予算感はやはり永久的にお墓の管理をしてくれるため、高額な費用が必要なのではないかと思われている方もいらっしゃることでしょう。
確かに業者によっては、お墓の管理費用として高額な費用を請求されることもあるかもしれません。
しかし費用の相場は業者によってピンからキリまでありますので、どのくらいの費用がかかるのかをしっかりと調べた上で決められるのが一番です。
 
永代供養はお墓を管理している霊園や寺院が遺族や子孫に代わって遺骨を永久的に供養し、管理を続けることを言います。
永代という意味は期限を設けないこと、供養の意味とは弔いをすることです。
 
現在は子供のいない方や親せきなどの身寄りがいない方も増えてきており、永代供養という形を選ぶ人々も増えてきています。
また子供に出来るだけ負担をかけたくないという思いから永代供養を選択される方も増えている傾向があります。
 
予算感については、埋葬方法によって価格に大きな差が生じてきます。
例えば通常のお墓は土地代や墓石代、使用料などがあるためお墓の購入には高額な費用が必要です。
永代供養の場合は、合わせて埋葬する方法を取る場合もありますので費用も比較的安くなります。
個別の墓石を建てる費用が不要ですし、共有のお墓に入ることによって予算感はだいぶ安くなると考えてよいでしょう。

2018716124331.JPG
 
九州にある天空陵の場合だと、年間管理費用は一切かかりません。
天空陵は国立公園の中にある樹木葬墓地で、自然豊かな長閑な場所にあります。
利用の仕方は、最初にすべての費用を一括で払えばよいので、身寄りのない方や子供がいない方、残された家族に負担をかけたくないという方も安心です。
 
管理費や墓石施工、使用料や戒名などもすべて費用に含まれています。
檀家に入る必要もないので、宗教にこだわりなく誰でも入ることが出来、最大6名様まで埋葬可能なので、家族のお墓として使用することも出来ます。
 
天空陵は生前の申込を行うことが可能です。
自分の死後、残された家族がお墓の準備をすることは労力もいりますし、もちろん金銭的な負担もかかります。
しかし生前に自分で準備をしておけば、家族に迷惑をかけることもありませんので、負担をかけないというメリットがあります。
 
天空陵は出来るだけお墓の費用は安くしたいという方や家族や子孫に負担をかけたくない方、身寄りがいない方にとってはまさに理想の祀り方だといえるのではないでしょうか。
金剛宝寺が管理していますので、永代に渡って供養を行ってくれますので、将来ずっと安心してまかせることが出来ます。(スタッフ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kongouhouji.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/228

ページ上部へ