ホーム>スタッフブログ>永代供養>永代供養と墓石を建てる際の値段の違いとはどのくらい?
永代供養

永代供養と墓石を建てる際の値段の違いとはどのくらい?

「これから新しく墓石を建てようか迷っている。」
「永代供養にするか、自分たちの墓石を作るかで迷っている。」
と、お悩みの方はいらっしゃいませんか?
 
永代供養をすることと、自分たちの墓石を建てることにはそれぞれメリット・デメリットがあると思います。
そこで今回は、永代供養と墓石にかかる「費用」に注目して比較してみていきたいと思います。
 
201826133124.JPG
 
 
□墓石の値段とは?
ではまず、墓石の場合、どれくらいの値段がかかるのでしょうか?
やはり、土地や霊園、宗派などによって値段が大きく異なってくるので、一概に言うことはできませんが、相場で言うと150~400万円といったところでしょう。
 
この値段に差がある理由として一番大きいのは、墓石を購入する際に、その石本体の値段とともに、それが建てられる場所の土地代も含まれているからです。
これが、霊園や立地によって変わってくるため値段が前後するのでしょう。
つまり、人気がある土地やアクセスの良い霊園に墓石を建てようとするほど、費用を覚悟しなくてはいけないと言うことです。
 
□永代供養の値段とは?
一方、永代供養でかかる費用はどれくらいでしょうか。
これについてももちろん前後の幅があるとは思いますが、大方30~100万円の間といったところでしょう。(当永代供養・天空陵では一律40万円で永代供養の樹木葬を取り扱っております。)
やはり、永代供養では個人の墓石と違い、それぞれの墓石の値段、および土地代が少ないため、このような価格帯になるのですね。
 
また、永代供養では墓石の場合個人で行わなければいけないお手入れなどの作業も任せることができます。
遠くに墓石を購入して、わざわざ毎月出かけるのは大変だ、と言う方には永代供養の方がおすすめと言えるでしょう。。
 
さらに、個人の墓石では多くの場合、「維持費・管理費」という名目の料金の徴収があります。
これを毎回払わなければ、最悪の場合墓石を撤去されてしまう可能性もあるのです。
一回購入した後も、このような負担は少し厳しいと感じる方は、そのような維持管理費がない永代供養に申し込んだ方が良いでしょう。
 
□まとめ
今回は、個人で墓石を購入する場合と、永代供養をする場合での値段や料金の比較についてお話ししました。
これからのご判断の際に、参考にしていただけると幸いです。
これを読んで、「私には永代供養が向いている。」と感じた方は、是非、永代供養天空陵へのお問い合わせをお待ちしております。(スタッフ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kongouhouji.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/179

ページ上部へ