ホーム>法人概要>運営方針

運営方針

金剛宝寺グループは人や社会に信頼されるグループを目指します。

運営方針

古き良き伝統と現代社会との調和を行い、実践できる効果の高いサービスを提供致します。
最新の技術、新たな分野に積極的に挑戦し、創造的な取り組みによって日本一、日本初の新しい価値を作り出します。
より多くの関係者が楽しく幸せに暮らすために必要な価値を作り出せるように努力いたします。

次なる成長に向けた取り組み

次なる成長に向けた取り組み

地域や社会に対してより信頼される活動に取り組みます。
より公益性を高め、人や社会に喜ばれる活動を増やしてゆきます。
己の利益より利他の働きこそが人や社会を幸せに豊かにしてゆく働きだと信じています。

人材育成において他に無い価値を生み出します。
人の人生をより良くする。
問題解決能力ある人材をつくる。
自己の能力を拡張する。
個人として幸せになる。
人や社会の役に立つ働きをする。
こういった人材を仏教の知恵を用いて実現してゆきます。

寺院業界をはじめとする世の中の困ったことに対して人として出来る現実的な解決を提案してゆきます。
人々に何とかなるという希望をつくることこそが絶望を無くす働きだとわれわれは信じております。

新たなる価値は今現在この世界に無い、初めて作る良いものでしか実現しないと思っております。
他と同じことをしない、前例が無いことを恐れない。
常に新しいことに合理的に挑戦する。
変化しないことは緩やかな衰退の道だと思います。
プラス創造的な発想を求めてゆきます。

「今を生きる人を生きているうちに実際に幸せにする」

これこそが私たちの目指す姿です。
この実現を目指しあらゆる領域でできることをやってゆきたいと考えております。

ページ上部へ