ホーム>スタッフブログ>旬の話題

旬の話題

冬の季節の訪れ

金剛宝寺天空陵があります熊本県阿蘇郡南小国町瀬の本高原では、

一昨日深夜から降雪があり、境内は一面、雪でいっぱいです。

金剛宝寺に自動車でお越しの際は、冬用タイヤが必須です。

2輪駆動車の場合は、冬用タイヤだけでなくタイヤチェーンも必要です。

年明けの冬の大祭星祭りにお越しの際は、安全最優先をお願い致します。

スタッフ

20211227154312.JPG

令和3年 秋の合同供養祭

起業家の寺 金剛宝寺のウェブサイト、及びウェブログがシステム障害に伴い、長らく更新出来ませんでした。

昨日、システム障害が無事に復旧しました。

少々、時期がずれてしまいますが、今月、11月3日(水)文化の日に執り行いました秋の合同供養祭について報告します。

20211117141838.JPG

COVID-19の緊急事態宣言が解除されたこともあり、今秋の合同供養祭は多数の方が参拝してくださいました。

20211117141959.JPG

COVID-19禍以前の秋の合同供養祭では、金剛宝寺住職が御茶を立て、参拝者の皆様に振舞っていましたが、この度は仏教の「嘘も方便」の法話が行われました。

参拝者の方の中からは、「そういう話しだったんだ」「非常にわかりやすい」との声がありました。

後、天空陵に移動し、引き続き合同供養祭を執り行いました。

2021111714410.JPG

今秋の合同供養祭は無事に終えることが出来ました。

合同供養祭にお越しくださった皆様方に心からお礼申し上げます。

20211117144228.JPG

スタッフ

天空陵オフィシャル・ウェブサイトについて

明日、9月30日(木)の17:00から19:00までの2時間、サーバーメンテナンスの為、

天空陵オフィシャル・ウェブサイトがご覧いただけません。

ご不便をお掛けして申し訳ございませんが、ご了承の程、お願い致します。

20219291747.jpeg

スタッフ

報道テレビ番組の取材を受けました。

2021年9月19日(日)、RKK熊本放送「夕方LIVE ゲツキン!」の取材をお受けしました。

RKK熊本放送 https://rkk.jp/index.php

取材内容は、金剛宝寺住職「IT和尚」、オンライン配信各種法要、自宅墓「おくぼ」、天空陵永代供養家族墓など

でした。

2021920143852.JPG

金剛宝寺住職「IT和尚」、質問にお答えしています。

2021920143954.JPG

オンライン配信各種法要の情況を撮影中。

2021920144114.JPG

この場面は、山野石材株式会社(本社:〒812-0055 福岡市東区東浜2丁目6番51号

TEL:092-651-2229 / FAX:092-641-0043 / URL:https://www.yamanostone.co.jp/)が
 
開発した商品、自宅墓「おくぼ」の紹介です。
 
自宅墓「おくぼ」の詳細は、上記ウェブサイトURLをご参照ください。
 
2021920144411.JPG
 
天空陵1号墳永代供養家族墓のご紹介。
 
202192014454.JPG
 
この取材の放映日は、9月23日(木)18時15分開始「夕方LIVE ゲツキン!」です。
 
ご興味・ご関心のある方は是非ともご視聴くださいませ。
 
スタッフ

樹木葬「天空陵」キャンペーン

今夏に引き続き、天空陵をご見学された方へのキャンペーンのご案内です。
 
【 ご見学特典1 】
 
天空陵永代供養家族墓1基、通常価格45万円がキャンペーン価格42万円。
 
3万円のお値引きです。
 
【 ご見学特典2 】
 
阿蘇くじゅうの大地の幸をプレゼント。
 
 1.馬刺しスライス赤身セット
 
 2.プチ贅沢牧場セット
 
 3.阿蘇のお漬物珍味セット
 
ご見学された方には、以上の3品からおひとつ、お好きなセットを選んでいただき、
 
後日、各店舗からご自宅にお送り致します。
 
2021913105849.jpg
 
天空陵があります、阿蘇くじゅう国立はこれから紅葉の季節を迎えます。
 
美しい風景の中にたたずむ、天空陵を是非ともご見学ください。
 
皆様のお越しをお待ちしています。
 
2021913105914.JPG
 
スタッフ

自宅墓「おくぼ」~自宅でご供養、自宅でお墓参り~

金剛宝寺天空陵の墓碑や墓碑彫刻を依頼している石材店、山野石材株式会社(本社:福岡県福岡市。以下、山野石材)が先月、自宅墓「おくぼ」という新しい様式のお墓を開発、発表しました。
 
202191135052.png
 
 
超少子高齢化時代に突入している日本では近年、「終活」という言葉の広まりに伴い、市井では、「お墓」に少なからずの関心が寄せらていると見聞します。
 
しかし、そのお墓の継承者がいなかったり、お墓の維持・管理費用が負担になったり、そもそも新しくお墓を建てるには費用が高額になったりと、様々な課題を抱えているのが現状です。
 
そのような社会背景の中、今夏、山野石材が開発・発表した自宅墓「おくぼ」は、これらの課題を解決する方法のひとつとして画期的な商品と言えるでしょう。
 
自宅墓「おくぼ」は、その名称の通り、ご自宅で故人を偲び、ご供養する非常に小さなお墓です。室内装飾品のような趣を持ち、自宅のお部屋にあっても違和感がありません。
 
20219113523.jpg
 
 
 
しかし、自宅墓「おくぼ」もいずれは、誰かが何処かに、改めて埋葬しないと、自宅墓「おくぼ」は行き先を失ってしまいます。
 
その様な不安を解消するため、当寺、樹木葬型墓地「天空陵」の永代供養合葬墓とのセットプランをご用意し、将来に渡ってご供養が出来る仕組みをご提案、ご提供します。
 
自宅墓「おくぼ」にご興味・ご関心を持たれた方、詳細をお知りになりたい方は、是非、リンク先のウェブサイトをご参照くださいませ。
 
住職
 
20219113534.jpg
 

夏の終わり~束の間の晴~

今夏は降雨の日が続き、天空陵がある瀬の本高原は「暑い」と感じる日が非常に少なく、

逆に「寒い」と感じる日の多い夏でした。

そんな夏の終わりですが、本日は束の間の「晴れ」が訪れてくれました。

境内の緑は濃く、いつ見ても「美しいなあ」と感じています。

スタッフ

 

20218231675.jpg

 

新しい遊具が完成。

今春、4月から着工していました新規遊具が今初夏に完成しました。

この新しい遊具を含めますと、金剛宝寺境内には7基の遊具が在ります。

先日の夏季大祭では、お子様をはじめ、大人の方も遊具のひとつであるブランコに揺られていたり、

ボルダリング・ウォールなどで遊んでいる光景を見ました。

金剛宝寺のお近くにお越しの際は、境内の遊具で遊んだり、シートを敷いて、

ピクニックなどを楽しまれては如何でしょうか。

スタッフ

202188132923.jpg

 

令和3年夏季大祭、無事に終わりました。

去る7月25日(日)、令和3年夏季大祭を開催致しました。

この日は、快晴に恵まれ(時折、通り雨が降りましたが)、

事故や傷病者などの発生なく、無事に夏季大祭を終えることが出来ました。

ご参拝された皆様方のご協力のおかげです。

当寺住職をはじめ、全従業員よりお礼申し上げます。

誠にありがとうございました。

本夏季大祭はCOVID-19(新型コロナ・ウイルス)感染防止のため、規模を縮小しての開催でしたが、

洋楽音楽活動グループ「キャラバン・フォー・プラス / Caravan 4 +」の明るい演奏、

豊後潮太鼓の迫力のあるパフォーマンス等々、夏季大祭を盛り上げていただきました。

COVID-19の収束を信じ、来年、令和4年は本来の規模で夏季大祭開催が出来ます様に、と願っています。

スタッフ

202172913459.JPG

 

20217291365.jpg

 

202172913642.JPG

 

202172913717.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

草刈りの季節

6月半ばを過ぎ、金剛宝寺境内は樹木の緑がますます濃くなってきました。

同時に、境内の草も元気よく、すくすくと生えてきます。

「雑草という名の草はない」と日本の植物学の父、牧野富太郎先生は仰っていましたが、

寺院境内に草がたくさん生えている景観は、当寺に来寺される方やお墓参りされる方にとっては、

決して良い印象を与えません。

やはり、防犯上、景観管理は大切です。

雨天の合間を見計らって、営繕チームが草刈りに励んでくださっています。

時には、副住職自ら、草刈りにも励みます。

緑が眩い金剛宝寺、天空陵。

お近くにお越しの際は、お気軽にお立ちよりくださいませ。

境内野外テーブルと椅子に座って、お茶でも飲みながらのんびりしては如何でしょうか。

2021617162932.JPG

 

202161716302.JPG

スタッフ

ページ上部へ