ホーム>スタッフブログ>住職

住職

夏の火祭り参加無料!凄腕マジシャンも来る!!

平成28年7月31日に開催される夏の火祭りです。

今年は熊本震災で本当に色々なことがありましたが、無事大祭を開催できるところまで来ることができました!
 
熊本で被災された方々をすこしでも元気になるように、様々なものを無料で振舞います。気軽にご参加ください。
奉納太鼓や、お神酒、福引、バルーン、投げ餅などを感謝の気持ちを込めて無料で振舞います。フォトコンテストも同時に行っております。もちろん参加は無料です。
今年は、熊本震災で被害を受けた地元の子供達が元気になるように特別の凄腕のマジシャンをお呼びしました!
また、被災された方々のお役に立てるよう地震に強いお墓にリニューアルもしております!被災された方々には特別にご配慮させていただいております。
 
 
スケジュール紹介

11:00からマジックショー

凄腕マジシャンMrHEROさんのマジックショー。マジシャン自ら、マジックを皆さんに教えてくださるという見るだけではない特別な魔法の世界を堪能できます。

12:00から奉納太鼓

豊後潮太鼓さんによる太鼓パフォーマンスです。広い会場を活かし、観客と一体となって演奏される奉納太鼓を毎年楽しみにしている方も多数おります。

13:00から大柴灯護摩

真言密教の秘法で、災いを転じて福となすという作法を九州最大規模の専用護摩会場で行います。108つの台座に神々をお招きして、ありとあらゆる福を招きます。

13:50湯立て神事、火渡り神事

火祭りに相応しく、参拝者の厄を落とす神事にどなたでも参加できます。湯立て神事は、大釜で沸かしたお湯で加持祈祷し、皆様の厄を落とします。火渡り神事は、炊き上げた護摩木の上を歩き火の働きで災いを転じさせる神事です。

14:30住職あいさつ、餅撒き、お神酒配布、バルーン配布

最後に住職が挨拶をして、皆様にお供えのお神酒やお餅をお渡しして福を持って帰っていただきます。
これらはすべてお接待で無料ですのでどうぞ奮ってご参拝ください。
 

熊本大地震でも倒れなかった不思議なもの。

実のところ金剛宝寺でも熊本大地震は、かなりの被害を出しました。

朝、境内を見ると目が点に・・・・。境内の50基近くある灯篭、入り口の大灯篭、各種の石仏、他多数で見渡す限り、ことごとく倒壊しているではないですか。スタッフから、見ると泣けてきますよと言われていたので覚悟していたのですが実際の光景に唖然・・・・。

 

とはいえ、こんなところで挫けてはいけないとどうやって元の美しい境内に戻そうかと数日悩んでおりました。そんなとき、ふと不思議なことに気が付いたのです。ほとんど倒壊した中で、まったく被害を受けていないものが数点ありましてよくよく確認していくと当寺のシンボルである縁結びの仏様はほとんど無傷ではありませんか。

二人で手を繋いでいる道祖神、恋占いの石、夫婦岩、愛染明王。

 

毎年、多くの良縁を支えてきた仏様には被害が出ていない・・・・そう思ったとき、やはりうちは縁結びの寺だったんだなあとしみじみと思いました。
きっと、いま境内に参拝された方は、倒れた色々なものをみて私と同じ気持ちになるかもしれません。

しかし、当寺の縁結びの仏様は皆様のご利益を大地震でも守り続けています
長年縁結びの寺をやってきましたが、この大地震を通じて色々な方々と縁が結ばれました。人と人のご縁も縁結びの寺ならではではないかと思います。今からお寺の復旧移っていきますが、この震災でもびくともしなかった堅牢な縁結びが出来るよう皆様の為に祈らせていただきたいと思います。(住職)

 

おみくじのプロがお奨めする無料おみくじサイトまとめ

おみくじのプロから見て、これは人生の指針になるかなというものから、あるなら全部引くという方向けまでいろんな無料おみくじをまとめて見ました。よく当たるご利益のあるおみくじに出会えるかもしれませんね。

yahoo!占い 無料占い おみくじ

占う内容:今日の基本運、恋愛運、ギャンブル運、仕事運

大手検索エンジンが運営する占いコーナーにある無料のおみくじです。ここは、さすがと言うべき内容で人生で迷いが生まれやすい分野をしっかりと押さえつつ、アドバイスや方向性がやわらかい表現で書かれているので占いの内容が受け取りやすいです。今日はどんな日なのかなあと心配な方が毎日しっかり確認するにはとてもお奨めなおみくじサイトです。

専門家から見たお勧め度
★★★★★ 星5 (受け取りやすい占い内容が良い無料おみくじです)

 

開運おみくじ

占う内容:願望、待ち人、失せ物、旅行、商売、学問、相場、恋愛、転居、縁談
 
ネットで無料で引けるおみくじでは伝統的なスタイルのものです。一番日本人が慣れ親しんだおみくじとも言えます。占う時には巫女さんと一緒におみくじ箱を振り振りしながら内容が出てくるのを待つという凝ったつくりです。背景で出てくるのがえんむすびの神社というのも縁起が良くていいですね。
 
専門家から見たお勧め度
★★★☆☆ 星3 (王道にして隙なしの無料おみくじではないでしょうか)
 
 

金剛宝寺 無料おみくじ 恋愛、金運、健康、仕事、総合

占う内容:恋愛、縁談、待合、方位、結婚、失物、旅行、金運、病気、学問
 
特に運勢が気になるという恋愛、金運、健康、仕事などを分けた無料おみくじです。関心のある分野に特化したおみくじを引けるのが特徴です。もちろん通常のおみくじと同様に、他の悩みについてのアドバイスも付いている至れり尽くせりな出来といえます。
 
専門家から見たお勧め度
★★★★☆ 星4 (引いた人を幸せにするように設計されている無料おみくじです)
 
 

愛宕神社 おみくじ

占う内容:願い事、待ち人、失し物、旅行、ビジネス、学問、争い事、恋愛、縁談、転居、病気

ここも伝統的な内容を読みやすくしたおみくじのタイプです。必要な内容はしっかりと押さえつつも、現代の言葉でアドバイスしてあるので、親しみやすいです。色んな内容の事を満遍なく網羅している反面、特化した無料おみくじと比べると内容も薄くなっています。デザイン的にはシンプルですが、しっかりとしたおみくじだと思います。
専門家から見たお勧め度
★★★☆☆ 星3 (シンプルですがしっかりとした無料おみくじです)

 

 

いこい乃神社  今日のおみくじ

占う内容:その時々で色々
細かく占うのではなく、人生の大まかな道筋を示すといった感じのおみくじです。厳かな表現でありがたい表現も多いのですが、若干アドバイスも大雑把な感じがします。どんな種類のおみくじというわけでもないので、この願いがどうなるのか?というのにはちょっと向かないかもしれません。

専門家から見たお勧め度
★★★☆☆ 星3 (この雰囲気が好きな人には良い無料おみくじです)

 

 

占いスクエア 定番おみくじ 年度

占う内容:恋愛、願望、健康、仕事、交渉、待人、金運、学問、争事、商売、受験、技芸、転居

なんと、1年に一度だけ引けば良いという一年を占う無料おみくじです。悪かったりしたらちょっぴり悲しくなるタイプですがそこは占いの醍醐味としてありがたく受け取っておきましょう。占う内容は豊富ですが、1年に1回ですから少し物足りないような気もします。しかし、忙しくて毎日なんて無理、今年はいける!とか思いたい人にはツボにはまるのかもしれません。

専門家から見たお勧め度
★★☆☆☆ 星2 (一年に一回という運試し要素全開の無料おみくじです)

 

 

 

女の子のための、占いサイト アンジュ

占う内容:総合、金運、仕事、恋愛

さすが女の子のための占いサイトです。可愛らしい出来もさながら占いの内容も厳選かつ丁寧です。ただし、今年を占うというタイプですので一年に一回しか引けません。しかし、女の子向けかつ充実した内容やおみくじの解説には利用する価値が十分にあります。

専門家から見たお勧め度
★★★☆☆ 星3 (一年に一回ですが内容は充実した無料おみくじです)

 

 

恋愛占いペナル 人気占い 年度無料おみくじ

占う内容:待ち人、恋愛、縁談、願事

すごくシンプルな占いかつ一年に一回だけというほんとに運試し的な要素の強い無料おみくじです。大吉が出る確立が書いてあるのが親切・・・なのかな?自分的にはかるーいおみくじで、すべてのおみくじを引いてみるという人にならお奨めできるかもしれません。

専門家から見たお勧め度
★☆☆☆☆ 星1 (マニアっくなおみくじファンに送る無料おみくじ)

 

高野山宗泉寺 今日のおみくじ

占う内容:願望、待ち人、失せ物、旅行、商売、学問、相場、恋愛、転居、縁談

密教のパワーで色々な鑑定をしているお寺さんの無料おみくじです。ぱっと見たところ、一般のおみくじをそのまま使っているようですのである意味、可もなく不可もなくという感じのおみくじです。一日を占うのには、密教のパワーがいいという方にはお奨めかもしれません。でも、おみくじは神の教と書いてあったりもする・・・ようです。

専門家から見たお勧め度
★★★☆☆ 星3 (ごくごく普通の無料おみくじです)

 

 

役に立ったという方は左下の「B!はてなブックマークを押して応援してね。(住職)

お墓の問題を解決する!クラウドファンディングをします!

以下 クラウドファンディングページ一部抜粋

https://readyfor.jp/projects/kuyou

阿蘇のふもとに、安心・低価格の「樹林墓地」をつくりたい

跡継ぎがいなくても、多額の費用をかけなくても安心の供養を!阿蘇のふもとに管理料不要で、永代供養される「樹林墓地」をつくります。

20164414447.jpg

はじめまして、終活カウンセラーの中野誉久と申します。人生の終わりをより良いものとするために、事前に準備を行う「終活」のお手伝いをしております。生前墓の建立や、お墓の引っ越し、お墓じまいなど、主にお墓に関するご相談を受け、相談者の方といっしょに解決しています。

 

近年、「跡を継ぐ人がいなくて困っている」、「自分で代が途絶えてしまう」、「お墓を建てたいがお金がなくて建てられない」といったご相談が多く寄せられるようになりました。そんな方たちの声にお応えしたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。「樹林墓地」を阿蘇につくり、全国の方々が、低価格でしっかりとした供養を、永代にわたって受けることができるようになることが目標です。

 

しかし、永代供養施設「樹林墓地」を建設するための費用として、100万円が不足しています。全国の方々が、低価格でしっかりとした供養を、永代にわたって受けることができるように、みなさまのお力を貸していただきたいです。

 

2016441496.jpg
▲整備計画俯瞰図

 

日本で一年間に亡くなる方は126万人。その中で、跡継ぎが地元に残っていて、

お金もあるという方の割合はどれくらいなのでしょうか?

 

少子・高齢・人口減少社会に入る中、従来の跡継ぎが地元に残りお墓や納骨堂を承継していくというスタイルが難しくなってきています。また、不景気が続き、平均価格約200万円(鎌倉新書調べ)というお墓の購入金額を、負担に感じる方も増えているはずです。都心への一極集中で、もともとお墓や納骨堂がある方でも、自身が生まれ育った場所と現在暮らしていらっしゃる場所が遠いという方も多いのではないでしょうか。

 

201644141116.jpg

 

永代供養が人気ですが、

東京都立小平霊園の樹林墓地の倍率は10倍

 

そのような背景から、現在注目が集まっているのが、樹木葬や樹林墓地などの後継者の有無に関係なく、墓地の管理者が永代にわたってお骨の管理・供養を行う「永代供養」です。しかしながら、低価格で安心できる永代供養の施設はまだ少なく、例えば、都立小平霊園の樹林墓地では、1,600の募集に対して、16,900人以上の方が応募しています(東京都)。つまり、残りの15,000人の方は、入りたくても入れない状況なのです。

 

さらに、東京都はまだよい方で、多くの自治体(市町村)では永代供養の施設がないことがほとんどです。年間管理料が入らないため自治体の収入に繋がりにくく、供養というセンシティブな問題であること。また、亡くなった方が出て初めて問題が起こり、声が届きづらいという側面から、今後も自治体の永代供養には期待ができない状況です。

 

201644141218.jpg▲「黒川温泉バス停」ここから車で5分の場所に樹林墓地を建設

 

私たちのところには、供養に悩む方々からさまざまな声が寄せられますが、

その解決ができず、力不足を感じたことが何度もあります。

 

「金銭的な理由で、亡くなった主人の骨壷を供養できる場所が見つけられず、自宅に置いたままにしている」と、涙ながらにご相談にいらっしゃった奥様。「病気になった母親から急にお墓を建てたいと連絡があったが、自分は地元に戻ることを考えておらず、将来、墓参りをするために年に何度も帰れない」と、お困りの男性からのお電話。「娘たちに負担はかけたくないが、インターネットで調べて見学に行った永代供養の施設があまりにも寂しかった。もっと、にぎやかなところはないか?」というシングルマザーの方からのお問い合わせ。「父の墓が建てたいが、兄弟の貯金を合わせても金額が合うところが見つからなかった」と、悔しそうに話された方…

 

全国で同じように困っている方のために少しでも供養の選択肢を増やしたいと思い、このプロジェクトを始めました。そんな時、想いを同じくする金剛宝寺井上仁勝住職と出会い、「阿蘇くじゅう国立公園」内という素晴らしいロケーションに、「樹林墓地」を建設できることになりました。

 

201644141336.jpg

 

樹林墓地の最大の特長は、多くの場合、永代使用料(土地代)とは別に支払わなくてはならない永代供養の費用が最初から含まれていることです。

 

永い年月をかけ、最終的にお骨は土に還ります。通常のお墓や納骨堂と違い、年間の管理料は必要ありません。墓地永代使用料を支払うのは最初の一度きりで、お布施も不要です。生前受付や、お骨の郵送受付も可能です。完成後は、共同埋葬型は13万1000円、家族型は40万円で受付予定です。

 

家族型に関しては、石碑や彫刻、設置費用まで含まれており、全国でも最も安い価格帯になるはずです。また、永代供養というと「無縁」であるとか、「わけがあり仕方なく」といったイメージを持たれる方も多いのですが、そのイメージを覆す晴れ晴れしさをもった墓所です。

 

20164414162.jpg

 

その① 空の広さと緑の深さに吸い込まれる場所

 

「樹林墓地」の建設地である金剛宝寺は阿蘇、瀬の本高原にあり、車で5分のところには全国屈指の人気温泉地となっている「黒川温泉」があります。黒川温泉までは、博多駅からもバスが出ており、レジャーを楽しみながら、お墓参りができる環境です。また、阿蘇くじゅう国立公園内の境内は四季折々の草花で彩られていて、心が落ち着くのを感じます。

 

201644141738.jpeg

 

その② 博多の職人魂で最高のものづくりを

 

「樹林墓地」はロケーションだけでなく、ものづくりにもこだわります。参拝するモニュメント(共同埋葬型の石碑)は、厳選した御影石を使用し、大日如来の彫刻を施す予定です。施工する私たち山野石材株式会社は、博多駅前の石貼工事や、櫛田神社の参道改修工事、福岡ドームの時計塔の石工事などを行っている、福岡でも指折りの石材会社です。現在、設計担当や彫刻担当、工事責任者や職人が知恵を出し合い「本物」をつくるため、打ち合わせを重ねています。

 

20164414181.png

 

その③ 年4回の合同供養法要で安心を

 

全国の多くの永代供養施設では、年1回の合同供養が行われますが、プロジェクトで建設する「樹林墓地」では、年4回の合同供養法要を丁寧に行います。ご自身の好きな時期に参加できますし、もちろん、合同供養法要以外の時にお参りされても構いません。「いつでも歓迎しています。お参りされる方が、また来たくなる環境づくりを常日頃から考えています。また、お参りができなくなっても、お寺がしっかりと供養しますので安心して頂きたい。」と、住職は話してくださいました。

 

201644141830.jpg

 

「大切な人が亡くなったときに、金銭の多寡や跡継ぎの有無で

思うような供養ができないことがない世の中にしたい。」

それが、住職と私の想いです。

 

私は、子孫がお参りをする今まで通りのお墓の素晴らしさも知っています。できれば、このお墓参りの文化がずっと続いてくれればと思っています。ただ、お墓や納骨堂以外の供養形態の選択肢を増やす必要性も感じています。

 

樹林墓地が完成すれば、跡継ぎがおらず、金銭的な問題で生前に終の棲家を見つけることができなかった方への救いになるかもしれません。今、住んでいる場所とお墓や納骨堂が別の場所にあり、ご先祖様のお骨を永代供養したいという方も安心して供養できる施設になります。都会に出て行った子どもが、お墓参りや掃除のことを気にせず、行きたいときに、レジャーも兼ねて気軽に行ける新しいお墓参りのスタイルが生まれます。

 

「先祖や大切なひとを偲ぶ気持ち」は不変です。誰もが安心して供養される墓地を作りたいと思っております。皆様のご支援が必要です。よろしくお願い致します!

 

201644141921.jpg

 

201644141956.png201644142015.jpg201644142043.jpg
201644144550.jpg

 

皆様是非、応援メッセージをよろしくお願いいたします!

金剛宝寺 住職 井上仁勝

 

レディーフォー クラウドファンディング

https://readyfor.jp/projects/kuyou

 

 

 

 

4月5日 テレビタミンで当寺の体験修行が放映されます。

201644112648.JPG

熊本県民放送のテレビタミンで当寺の体験修行が放映されます。

実はこの取材は、ディレクターの方との打ち合わせの際に法事、葬儀だけでない仏教について3時間ほど盛り上がった後の取材でしたのでとても気合が入っていました。

お寺のイメージは檀家さん以外と接していない法事葬儀しかしない堅苦しいお布施が高い、などのネガティブな一面をよく耳にします。それにもかかわらず偏見なく真摯に仏教哲学を聞いていただいた上で丁寧な取材を試みてくださるというのですからこれは大変な喜びでした。

201644112837.JPG

当日、吉本のもっこすファイヤーのお二人があまりに真剣に仏教の話を聞いていたのでおもわずリアクションできないような話をしすぎたでしょうか?と聞いたほど彼らの心にも響くものがあったようです。

撮影の後半には、伝統の修行を一通りやっていただきながら、終始ボケと突っ込みそして仏教の深い部分、などをほどよく織り交ぜながら一日取材をいたしました。

自分も若い頃は仏教なんてよくわからない、なんの役に立つのだろうかと思っていたのでこうして、仏教の様々なことを通じていろんな人にこんなに喜んでもらえるとは思っていませんでした。今はとても仏教の話をするのが大好きです。ただし、宗教ではなく人が生きる上で役に立つ仏教哲学のほうですが。

201644113051.JPG

 

おかげで、あまりにも仏教の話で盛り上がっていると自分が何宗のお坊さんだったか忘れてしまうほどの勢いです。

取材に関われた多くの方々が、様々な気づきを得て今後の人生が思い通りに、幸せな人生になることを心より祈念しております。この出会いに深く感謝です。

4月5日の放送を楽しみにしてくださいね。(住職)
 

追伸
これらの体験はぷち体験修行でしたら、いつでもお受けすることができます。一つの修行で3,000円です。詳しくはお電話やメールでお問合せください。基本的には1週間前までなら予約もできますので旅のアクセントとしても良いと思います。本格的な仏教哲学を学びたい方は当寺の2泊3日の仏教道場でお願いします。

201644113216.jpg

※吉本興行のページより転載

お寺が嫌い!という方にぜひ見て欲しいものです。

2016326164519.JPG

実は私も昔、お寺というのが嫌いでした(笑)

私の家業は元々鉄工所でして、大学に行くまではまったくお寺のことなど知らずに生きてきました。当然、私にとってよくわからない事をして、高いお布施をいただいているお寺に好感を持てるはずがなかったのです。(もちろん今はそんなこと思ってないですよ)

その時の気持ちと今の気持ちの大きな違いは、よくわからない世界からとても理に適った世界という大きな仏教の認識の違いが生み出しているものです。

なんか小難しい事言ってるような気がするので簡単にまとめると、

仏教はよく勉強すると、とても論理的だという事。(因果応報とかいってるくらいですから)
法事やご供養は正しく行うと、家や一族が栄える仕組みになっている事。
目に見えない不可思議な世界もあるけど、それ以上に現実的な事がお経に説かれていた事。

これらの事に気が付いてからは、仏教が好きになったというか、仏教的な考え方しか出来なくなったというかなんとも言えないのすがとんでもない誤解をしていたことに気が付いたのです。今では口を開くと楽しく説法してる自分がいます・・・・。(皆さん面白いとおっしゃってくださいますが)

きっと、お寺なんか大嫌い!!と思っている方は昔の私と同じでわけがわからん事を言うな!とお寺に言いたいのではないでしょうか?一度、食わず嫌いを直してすっきりしたいと思う方がおられましたら是非、当寺にお立ち寄りください。帰る頃には、仏教のファンになれると思います。今まで、仏教が嫌いで話を聞いて納得しなかった人はいません。(嫌いなのにお寺に来れるってある意味すごい・・・。)

仏教のいろんな側面が見えるようになってからは、今を生きている人とどのくらい伝統的な仏教がズレているかも解かるようになってきました。決して悪いわけではなく今の時代を生きる人に伝わりづらいという事なのですが、例えると、自動車が全盛のこの時代に最高の馬車について語るくらいの感じでしょうか。どちらも人にとって素晴らしいものなのですが、時代に合っていた時というのがあるのです。

そこで私としては、仏教の良い部分をしっかりと残しつつも現代の人たちの悩み苦しみを解くお手伝いが出来ないだろうかと思うのです。

新しい事をやるということは変化を望まない人たちに嫌われることでもあります。しかし、お釈迦様もおっしゃったとおり、常に世界は変わり続けるということを私も心に刻んで変化を受け入れています。

最後に、仏教は正しく学ぶことで人生を豊かで自由にします。

私がそうでしたから。

是非、一緒に人生をより良い方向に変えましょう。(住職)

 

 

 

法事が遠方で行けないという方にお奨めです。月刊仏事より

2016326155337.jpg

法事には行きたいけど遠い費用が無い、気軽に頼めるお寺が無いなどの様々な法事にまつわる問題を解決する為の当寺の「どこでもお墓参」がこの度、月刊仏事に掲載されました。

現在、お寺は付き合い方が難しいといわれ敬遠されつつある時代です。しかし、本当に良いご供養は残された家族や関係者にお徳が巡り、多くの人を幸せにしていくのです。

決してご供養無駄ではありません

それどころか、栄えている一族でご先祖様を大事にしていない家がないほどです。人と人とが思いやりをもって接していく事が繁栄の近道なのです。その気持ちをもっとも持ちやすい儀式が、法事です。

さっこんでは面倒だという理由で省略されつつある法事ですが、昔の人は無駄なことなどしていません。むしろ、豊かに幸せに生きるためには人が人を思いやる気持ちを社会に出していくことがとても大切なのです。

遠方で法事に行けない、お布施が高い、頼むお寺がない、などの問題は当寺の「どこでもおお墓参」で解決できます。是非、お悩みの方はお電話でも結構ですので相談してください。一緒に良い法事をしましょう。(住職)

どこでもお墓参のページ
http://www.kongouhouji.or.jp/contents/tenkuryo/dokodemo/

昔から大人気の無料の恋愛おみくじ

20163612617.JPG

たまには、堅苦しい仏教の話以外も書きたくなるので今回は当寺に昔からある無料の恋愛おみくじについて色々と語ろうと思います。

当寺がホームページをつくった時には、お寺のホームページが世界に3つしかないといったような時代だったのです。なにを発信していくべきか、試行錯誤の中でおみくじでも引けるようにしたら喜ぶ人いるかな?と思ってかるーい気持ちで製作し始めたのです。

まあ、結論だけ言うと結構大変でした・・・。
当時はおみくじも恋愛に特化したものは少なかったですし、どうやって引くたびに違うおみくじを表示するプログラムを作るかなど。今もそうですが、基本なんでもお寺で手作りなんです

当寺の恋愛おみくじにも一つのポリシーがありまして、引いた人を不愉快にしないという事があります。仏教の大事な教えで、明るい気持ちは明るい未来を引き寄せてくれるという考え方があります。おみくじを引いてくださった方が、結果見て勇気付けられたり、何かに気が付いたり、色々な学びを得たり、人生にとって前向きなものであって欲しいのです。

当寺の無料、恋愛おみくじの運勢の順番は、
大吉>小吉>吉>半吉>末吉の順です。凶はありませんので安心して引いてくださいね。

恋愛おみくじといっているように、恋をしている人、愛を求めている人、パートナーとの今後の関係に悩んでいる人、そんな人の希望を生み出してくれると良いなと思って作っています。

恋愛で上手くいくために必ず必要なものがあるとすれば、一歩踏み出す勇気です。色々な人と縁結びのお話をしていますが、結論は失敗を恐れずに明日の自分の為にチャレンジしましょう。きっと、望む未来が開かれます。私も精一杯応援していきますので一緒にがんばりましょう。人生に無駄なことなど一切ないのです。きっと、今の苦労を笑える日が来ると信じる人だけが、明日への努力をするのですから。

というわけで、なんでも気軽に相談してくださいね。(住職)

http://www.kongouhouji.or.jp/contents/enmusubi/omikuji/ 恋愛おみくじのページ

 

いい葬儀マガジンにどこでもお墓参が掲載されました。

2016222215755.jpg

結果において先進的な取り組みな感じである「どこでもお墓参(おーぼさん)」がいい葬儀マガジンさんに取り上げられました。

http://www.e-sogi.com/magazine/?p=1573

とても、丁寧にいきさつなどをご説明されておられるのでどんなことするの?どうやって申し込むのという方には是非一読していただきたい記事です。やっていることはすごく時代を先取りしているように感じるかもしれませんが、実際には従来やってきた遠隔地のご供養をより丁寧にしてだけのものです。これによって今まで対応できなかった散骨樹木葬手元供養などのお坊さんを呼ぶのはちょっと・・・というご供養でも対応できるようになりました。

どこでもお墓参は、いつでもどこでも何度でも本格的なご供養が動画を通じて出来る日本初の試みです。ご不明な点がございましたらいつでもお問い合わせください、。皆様のお悩みがすこしでも解けるよう精一杯のお手伝いをさせていただきたいと思います。

また、永代供養などの費用はそんなに出せないけどしっかりしたところがいいという方にも当寺のどこでもお墓参はお奨めです。是非、ご遺骨でお困りの方永代供養をご検討の方もご相談ください。(住職)

仏教哲学は宗教とどう違うのか

2016219145811.JPG

哲学の目的は思考の論理的明晰化である。(イマヌエル・カント)

哲学が取る立場と宗教がとる立場は基本的には大きく異なる。端的に言うならば、宗教は教えによる救済が目的となり哲学はその思想が人間にどういう影響をもたらすのかという思想の論理性の明晰化であると思う。

宗教者としての立場から、仏教哲学を語ると一言に己が身でその文献に書いてある事を実践しどんな結果がもたらされたのか検証してみたほうがいいと言いたい。そうすることでより哲学としての論理性をより飛躍させることができると思っている。実践は経典の単純な矛盾や、ノイズの傾向などが現場という新しいデータによってより論理性が明確にされるもので偉大な結果を生んだ仏陀の解釈にとても役に立つ

海外では、仏教は宗教ではなく哲学であるという論調がある。私も、実際に仏教の実践的応用を語る中で、これは科学に近いとか、物理学みたいだとか様々な言い方で評されることがある。あくまで、原始仏典の話をしている時のみなのだが。少なくとも原始仏典にはそれだけの論理性が備わっているというのは事実なのである。これを海外の方々が触れればやはり宗教ではないと言うかもしれない。

しかし、現代の日本に伝わっている仏教は様々な要素が加わって救済の現実的な仕組みとして宗教の特徴をよく含んだものとなっている。このことから一般的な日本人には仏教=宗教という構図は変わらないのである。しかし、仏教哲学≠宗教だと私は考えている。(住職)

ページ上部へ