ホーム>スタッフブログ>住職

住職

自宅墓「おくぼ」~自宅でご供養、自宅でお墓参り~

金剛宝寺天空陵の墓碑や墓碑彫刻を依頼している石材店、山野石材株式会社(本社:福岡県福岡市。以下、山野石材)が先月、自宅墓「おくぼ」という新しい様式のお墓を開発、発表しました。
 
202191135052.png
 
 
超少子高齢化時代に突入している日本では近年、「終活」という言葉の広まりに伴い、市井では、「お墓」に少なからずの関心が寄せらていると見聞します。
 
しかし、そのお墓の継承者がいなかったり、お墓の維持・管理費用が負担になったり、そもそも新しくお墓を建てるには費用が高額になったりと、様々な課題を抱えているのが現状です。
 
そのような社会背景の中、今夏、山野石材が開発・発表した自宅墓「おくぼ」は、これらの課題を解決する方法のひとつとして画期的な商品と言えるでしょう。
 
自宅墓「おくぼ」は、その名称の通り、ご自宅で故人を偲び、ご供養する非常に小さなお墓です。室内装飾品のような趣を持ち、自宅のお部屋にあっても違和感がありません。
 
20219113523.jpg
 
 
 
しかし、自宅墓「おくぼ」もいずれは、誰かが何処かに、改めて埋葬しないと、自宅墓「おくぼ」は行き先を失ってしまいます。
 
その様な不安を解消するため、当寺、樹木葬型墓地「天空陵」の永代供養合葬墓とのセットプランをご用意し、将来に渡ってご供養が出来る仕組みをご提案、ご提供します。
 
自宅墓「おくぼ」にご興味・ご関心を持たれた方、詳細をお知りになりたい方は、是非、リンク先のウェブサイトをご参照くださいませ。
 
住職
 
20219113534.jpg
 

週刊朝日さんのメディア取材をお受けしました。

2021626142237.JPG

先日、週刊朝日から取材をお受けしました。
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=22983
 
内容は、新型コロナウイルス(COVID-19)禍に於けるオンライン葬儀についてでした。
 
記事にも記述されていますが、オンライン葬儀に抵抗感や否定的な感情等を持たれている方がおられるのは当然のことと私共は受け止めています。
 
ただ、当寺では「(葬儀を)行えないより、オンラインで出来るなら行う方が良い」という考えです。
 
ただ、一番大事なことは亡くなられた方を弔う気持ち、節目節目で故人やご先祖様にご供養の気持ちを持つことだと感じています。
 
何処にいても、何時であっても、この気持ちを大切にして参りましょう。
 
住職
 
2021626142427.JPG

不安な時代こそやるべき事

 例年、この時期になると冬の大祭である星祭りの儀式について語っております。とはいえ、今年はコロナ禍の中で様々なことを考え直させられる一年でしたので語る内容も少し変えようかと思います。

 古来、宗教者は祈りを持って一般の方々の不安を軽くするという役目を担ってきました。コロナ禍のような混迷の時代に於いて、祈りの必要性が高まっていることを感じますが、仏教の祈りは宗教的要素だけではありません。

 因果応報と言っているようにしっかりとした原理原則があってのものです。星祭りという儀式もそういった論理的部分と、神仏の御加護という二つの要素が組み合わさって祈りを捧げる人の問題が解決すように設計されています。

 また、星祭りは自分の生まれ年を供養することで運命を変えるというものですが、人生はその人が普段、無意識に思っていることが形になり、世界はそれを受け取り返されたもので決まります。心に良いことを思い、その良いことを他者に実践し、また、それを受け取ることが人生なのです。

  すべての行動の始りである人が“無意識に思う”という部分に、的確に迫ることで運命を良い方向に変えていこうということが星祭りの最も重要な部分です。

 

202012316241.jpg

 

 人は年の初めや節目の月、節目の日等、気持ちを新たに、以前の自分とは違う人生を目指して志を持ちます。それこそが、運命変える重要なきっかけとなるのです。同時に、星祭りでは世の中の未来に対する不安な気持ちを神仏の御加護で軽くし、日々を平穏に過ごせるよう祈りも捧げております。

 こんな時代ですので生きていく上で様々な課題や不安等があるでしょうが、それこそが“自分の魂を磨くきっかけ”であると、すべてを受入れた上で乗り越え、感謝していくことがとても大事なことだと思います。幸福も不幸も自分の心が見せる影です。  

 しっかり自分の心を見つめて良い人生にしていきましょう。         ( 住職 )

 

朝日新聞さんに当寺のオンラインの取り組みを取材いただきました。

2020722154214.JPG

朝日新聞さんに葬儀の簡素化拡大という記事で取材していただいたのですが、オンラインの取り組みはもともと供養に関する問題解決の一つとして行っております。実際に年間500件近くのご供養に関する相談を受けておりますが、悩みは実に多様です。

管理してくれる人がいない、墓じまいをしたい、永代供養がいい、費用をかけれない、ご遺骨の数が多い、などなど。

その結果、実に遠方の方がここしか解決できないという結論になって当寺にお世話になるという結論を選ばれます。遠いところではアメリカ、スイス、タイ、アフリカ、韓国などの海外を始め関東、関西などの大都市からもご依頼をいただいておりますが、この方々は日頃のお付き合いはネットを通じてになります。

そこで遠隔の法事、簡素な葬儀などニーズが発生しておりました。今回、コロナ禍でお参りの形が多様化するなかでお困りの方々のお力になれると思いさらに対応範囲を拡大して、よりオンラインで完結するようにクレジットカード決済なども導入させていただきました。これによってお支払いの半分がクレジット決済に移行しより皆様の負担を下げることも出来ました。

私たちの運営のコンセプトは、関わった方々の負担を下げて自由で幸せな人生のお手伝いをするというものです。高額で不透明という業界の常識を変え、透明で相場の10分の1というのを心がけ、出会えて良かったと思っていただける寺院を目指して日々精進させていただいております。

オンライン葬儀という新しい分野ですでに多方面から取材を受けておりますが、本当に皆様にお薦めしているのは当寺の問題解決能力です。難しい問題をどうにかして解決する、そして皆様を楽にするこれこそ私たちが社会のお役に立てる部分であると考えております。

どうぞ、お困りの方がおられましたらどのような内容でもご相談くださいませ。誠心誠意お答えさせていただきます。

永代供養コンサルタント 井上仁勝

 

ネット葬儀、オンライン葬儀の未来とは

当寺は、数年前からオンライン法事を行っておりましたが今回コロナ禍の移動制限や3密を避ける為に葬儀の規模を縮小しなくてはならないなどの社会情勢を考え、当寺のオンライン法事を葬儀にも対応させました。

世間では、ネット葬儀やオンライン葬儀というのはなんか寂しいとか、葬儀の意味がないなどの意見も聞かれますが実際のところは当寺では葬儀がオンラインに対応したというものです。普通に来寺できる人は実際にご葬儀に参列できますので、同時にライブ配信もされているというものです。

オンラインですべてを済ますのではなく、実際の葬儀にオンラインの要素をプラスしただけなのです。
今まであれば、遠方で縁も少し遠い方の葬儀は残念ですが参列しないという選択を取られる方が多くいました。経済的負担、時間的な負担が大きな障害となっていたのです。

それがオンラインで参加できるとなると、喪主の方に挨拶だけでもしておこう、時間も1時間程度なので参列させていただこうという人も増えていくかと思います。葬儀に対する選択肢も増えていくことでしょう。著名人であれば尚更、参列したい人が多いので是非やっていただきたいとなるのではないでしょうか。

最新の技術と伝統分野というのは一見相性が悪いように思われる方も多いのですが、実際に両方に携わっている立場からいえば経済的な負担、時間的負担で出来なくて困っている人に協力するというのも十分に仏教の分野でないかと思います。

また、ネット葬儀という言葉だけが議論されることが多いですが実際は葬儀、法事、お墓にまつわる負担をどうしていくかというのが社会で本当に求められる事の本質だと思っています。

当寺では「一日葬墓」という考え方を通じて社会で出来ないと苦しんでいる方にお力になれればと日々精進しておりますので、葬儀、法事、お墓でお困りの方は是非ご相談ください。お力になります。(住職)


一日葬墓(いちにちそうぼ)
https://www.soubo.co.jp/

 

 

2020528145613.jpg

大分合同新聞 5月15日掲載の当寺の記事からの転載
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/05/15/JD0059220784

一日葬墓の解説動画が出来ました。

本日も直葬から葬儀、お墓までを一日で行いたいという相談をお受けしました。

不要な外出を避け、必要なことを無駄なく素早く行うというのは時代のニーズだと感じております。

 

202041919612.jpg

ただ、専門家がサポートをしないと費用も時間も手続きも複雑なのでそのあたりもしっかりケアしていきたいと思っております。

とりあえず、どういうことをするのかイメージがわきづらいところもありましたので流れの解説動画を作らせていただきました。

 

自分が、素人ながら作ったので出来は見てのとおりですが短い時間で理解はしやすいかと思います。

少しづつではありますが、リモートでのお墓の見学等も増えており以前作った360度のお墓のVR動画も活躍しています。

急速に変化する時代にどれだけお役に立てるか、伝統的な業界ではありますが時代を革新するチャレンジし続けたいと思います。

 

永代供養コンサルタント

井上仁勝

一日葬墓という新しい葬儀とお墓の形

202041154748.jpg

新型コロナが流行し、緊急事態宣言や東京のロックダウン(都市封鎖)の可能性などが報じられています。東京オリンピックも延期となり、感染爆発を抑止するために不要不急の外出を控えるように、集会およびイベントの自粛、地方では首都圏への往来を控えるように呼びかけが行われています。

コロナ感染が猛威を振るっているスペインではついに葬儀の中止が要請されました。日本でも愛媛県においてある葬儀の参列者からコロナ感染が出ました。

大変に心痛める事態だと思います。

また、高齢者が多く集まる葬儀は集団感染の可能性を高める集団感染を招きやすい密閉、密集、密接の条件がそろいやすい儀式行事にあたります。

このような社会情勢の中で金剛宝寺では現代の技術を用いて集まることなく個人への葬儀を行いお別れができる葬儀のライブ配信での対応を開始致しました。またこれから生じるであろう経済的な困難に対応するため、葬儀・埋葬の簡素化により1日で葬儀から埋葬まで必要なことは執り行う「1日葬墓」を4月1日より開始いたしました。

これにより葬儀・埋葬にまつわる経済的な負担を軽減し、皆様の生活の防衛に役立つ時代に適応した新しい葬送の形を提案させていただきます。

新型コロナの流行はまだしばらく継続する可能性があります。これからも社会情勢の変化に適応して皆様の課題解決を専門家として提案していきたいと考えております!

これまで経験したことのない大変な社会情勢ですが、皆で知恵を出し変化しながら協力して困難を乗り越えていけばなんとかなると信じて行動していきましょう!
 

永代供養コンサルタント
井上仁勝

 

詳しい内容は下記の一日葬墓のページをご覧ください。

https://www.kongouhouji.or.jp/contents/tenkuryo/soubo/

コロナウイルス流行に対する当寺の姿勢

 

今回のコロナウイルス流行に関連して、各種イベント・外出の自粛、関連する産業、経済への被害が日々広がっております。

当寺としましてはこの未曽有の危機に対して少しでも皆様とともに立ち向かい乗り越えることができるように活動していきたいと考えております。
 

2020310124812.JPG


具体的には

 

1、当寺が提唱する新しい葬儀・法事・お墓を通じて終活関連費用を1/10にし、皆様の老後の資産防衛に積極的に協力をしていきます。

 

2、「どこでもお墓参」を用いたテレワークによる葬儀・法事を行うことで集会によるコロナウイルス感染リスクを減らすことに取り組みます。

 

3、強いストレスやままならない状況下でも心の専門家として平常心をもって事業に取り組み明るく前向きに問題解決できることを追及してまいります。

 

皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

金剛宝寺住職 井上仁勝

650名ものご参拝の中、無事に夏の大祭を終えました!

無事夏の大祭を終わらせていただきました!
今年は天気も良く、650人ほどのご参拝をいただき大いに盛り上がりました!

年々良くなっていますねという皆様からのお声もいただきましたが、来年はもっともっと進化出来るよう一層の精進を致します!

最後にご参拝ならびにご協力や協賛くださった皆様本当にありがとうございました!(住職)

 

2019729111654.jpg

 

大道芸人のはせがわ天晴(あっぱれ)さんのステージ

 

2019729111719.jpg

 

大迫力の豊後潮太鼓さん

 

2019729111847.jpg

 

神事を見守る方々

 

2019729111924.jpg

 

職衆の入場光景

 

2019729111950.jpg

 

住職の宝剣の儀

 

2019729112020.jpg

 

福岡の人気店 LINKの出店

 

2019729112039.jpg

 

地元あさじばの有志の皆様によるかき氷

 

2019729112117.jpg

 

フィナーレの餅蒔き

 

2019729112440.jpg

 

博多駅に帰っていく福岡直行バス

 

 

 

 

永代供養コンサルタントとして取材で頑張りました!

今回、当寺としては初の試みである終活バスツアーがTNCももち浜ストアさんに取材されました。番組は7月4日にTNCももち浜ストアで放映されます。

 

20197192629.jpg

 

大雨警報が出てる中でしたが、タイミングよく外にいるときは雨は止み、滞りなく終わる事が出来ました。

博多駅から当寺までのバスの中では相続セミナー、樹木葬の見学、永代供養コンサルタントとしての終活の講話、参加者にプレゼントするメイク付きの遺影写真やエンディングノートなどなど盛りだくさんでした。

 

20197192931.jpg

 

また、楽しみの一つである食事は実際に法事の後に出す弁当を取り寄せました。刺身付きの結構豪華な弁当です。

 

2019719290.jpg

 

それでいて参加費はなんと2980円という破格で提供させていただきました。博多から黒川温泉に行くバス代より安いです。。。

 

20197192751.jpg

 

自分は相談コーナーで永代供養というお寺が扱うものを良い形で専門家としてコンサルティングさせていただきました。この辺りは民間の方々とコラボをよくやっているのでとても得意です。

 

20197192823.jpg

 

最後に、この終活バスツアーの映像は
TNC ももち浜ストア 
7月4日 9:50〜11:15の間で放送されます。
ご興味のある方は是非ご覧ください。

関係者の皆様お疲れ様でした。

 

永代供養コンサルタント 井上仁勝

ページ上部へ