ホーム>スタッフブログ>永代供養>永代供養の相場っていくらぐらい?管理料はかかる?
永代供養

永代供養の相場っていくらぐらい?管理料はかかる?

皆さんは、永代供養の相場をご存知でしょうか?やはり永代供養自体がそこまで知られているわけではないので、知っている方は非常に少ないのではないでしょうか。
そこで今回は永代供養の相場についてご紹介させていただきます。
 
2018311114649.JPG
 

◆永代供養について

 
永代供養とは、寺院や霊園が、身内がいない方のために遺骨を預かり、供養や管理を代行してくれることです。
最近では、供養に対する意識の違いや、お墓の継承者や管理者がいないことが増えてきているので、お墓の必要のない供養方法として注目されています。
子供が遠方に住んでいる場合など親族に管理の負担をさせたくないと考える方も多くいるので、お寺に任せられる安心感が、永代供養の需要を高めています。
 

◆永代供養の相場

 
お墓を新しく建てるには、墓石が全国平均134万円と永代使用料が全国平均77万円など、高額な費用がかります。
永代供養ならお墓を用意する必要がなく、費用を抑えることができます。永代供養にかかる費用は一般的なお墓と比べると安価です。
 
その理由は埋葬方法にあり、永代供養ではご遺骨は他の方と一緒にされるのが一般的です。合祀というのですが、骨壺から焼骨を取り出し、生前全く関係のない方のご遺骨と共にひとまとめに埋葬する方法のことです。
いろいろなタイプの永代供養があるので、種類別に相場をご紹介していきます。
 

★合葬墓

多くの人々と共同でひとつのお墓に遺骨に入れ利用します。埋葬後はお寺や霊園に任せることができるので、管理や費用の心配は一切いらず、安心して任せることできます。
相場目安:20万円前後
立地やつくりによって違うので幅があります。年間管理料などの維持費はかかりません。
 
★単独墓
 
個別のお墓を建てて本骨を納骨し、胴骨は共同の納骨室に収蔵してもらえるものです。
期間的には33回忌までの所が多いです。
相場目安:50万円前後
 
★集合墓
墓石は一つで、その下に納骨するような個別に分かれているような墓です。
期間はこちらも33回忌までの所が多いです。
相場目安:30万円前後
 
◆永代供養を検討するならするべきこと
遺骨の供養は永代に渡ることなので、ご自身や大切な家族と相談し、しっかり検討しましょう。
電話で問い合わせる、資料を請求する、実際に足を運んでみるなどしてご自身で確かめてみましょう。
 
 
今回は永代供養の相場についてご紹介させていただきました。
永代供養にも様々な種類があるので、ご自身の希望に合ったものを選ぶことをおすすめします。参考になれば幸いです。(スタッフ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kongouhouji.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/190

ページ上部へ