ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

永代供養とはどんなもの?一般的なお墓との違いは?

一般的なお墓の場合、その子孫たちは代々墓守をしなければなりません。手入れをしなくなったお墓はすぐに草も生えてきて苔むして、朽ちていってしまいます。
とはいえ、最近は田舎にいるのは年寄りばかりで若者は皆都会に出て行ってしまっているので遠方から通い続けるのは大変です。
それに少子化・晩婚化も進む中で身寄りがなくなったり跡継ぎがなくなったりする可能性だってあります。そのため、永代供養を希望する方が増えているのです。
 
永代供養の場合は、一般的なお墓と違い遺骨を管理・供養するのは霊園や寺院です。
「永代」とは期限を設けることなくいつまでもという意味であり、子どもや家族にお墓を継承することなく霊園や寺院が遺骨を管理・供養することになるわけです。
 
管理し続けるのが大変だからと自分の代で永代供養に踏み切る人もいます。
子供には墓守の苦労はかけさせないために・お墓に費用をかけるよりも子供たちが自分たちのために使えるようにお金を遺してやりたいからと、親や祖父母たちが次の代のことを考えて行うケースもあります。
 
201851615652.JPG
 
 
期限を設けずいつまでも供養し続けるとなると費用がかなりかかりそうなものですが、実は一般的なお墓よりも安価にできることが多いです。
なぜなら、それぞれの家ごとに分けて埋葬する一般的なお墓と違い、遺骨は合祀・すなわち合わせて祀られるからです。
一度永代供養にした遺骨をやはりお墓に戻したいと考えても、それはもう無理です。
 
なぜなら焼骨は骨壷から取り出されて、血縁のあるなしに関係なく他の人々の遺骨とひとまとめに埋葬されているからです。
占有スペースがなく共有のお墓で、個別に墓石を建てる費用が不要となるため安くなるわけです。
土地代もどんどん高くなる現在、費用が工面できないからとこちらのやり方を選ぶ方も増えています。
 
お墓があるせいで交通費がかかっても何度も田舎に帰ってこなければならなくなったり、行けないままになってどんどん朽ち果てていってしまうよりは、他の人とひとまとめとはいえきちんと管理されたところで見守ってもらえる方がよい場合もあります。
自分たちなりに考えて良い埋葬方法を決めるようにしましょう。
 
寺院などであれば、毎日のように読経を唱えてもらえるため御先祖様たちも安心していられるのではないでしょうか。
一度やってしまったら、もう二度と元に戻すことはできないからこそ、よく考えた上で決めましょう。
一般的なお墓がよいか永代供養がよいか、自分だけでなく親戚一同で話し合った結論で決めたほうが無用な争いごとが起こらずに済むでしょう。

負担を減らす永代供養のメリットとデメリットとは?

自分が亡くなったあとのことを考えると自分のことをしっかりと供養してくれるのか心配になるかもしれません。
 
特にお墓を建てることをお考えの方であれば、無縁墓地が増加している話を聞くので
「自分が亡くなった後で、お墓はしっかりと受け継いでもらえるのか?」といった心配をされている方も多いと思います。
 
そこで今回、お話していくのが永代供養についてです。
 
◆お墓を持たない供養方法とは?
近年では、お墓を持たない供養方法が注目を集めています。
 
その1つが永代供養です。
 
永代供養は、先ほども簡単にお話ししましたが、寺院や霊園が遺骨を預かり、忙しい家族や親族の代わりに供養や管理してくれる供養方法のことです。 
 
お墓を建てる際には、どうしてもお墓を管理してくれる人やそのお墓を受け継いでくれる人が気掛かりになります。
 
今いる自分の家族や親族は、お墓の管理をしてくれてもその先となると、どうしても分からないことになってきます。
 
そのため、自分のお墓は大丈夫かなと心配になってくるかもしれません。
 
その心配を解決してくれのが、寺院や霊園が遺骨を預かり、供養や管理を行ってくれる永代供養です。
 
寺院や霊園の方が常に管理してくれるので、お墓の受け継ぎや管理の心配をせずにお墓に入ることができます。

2018416142948.JPG
 
 
◆永代供養のメリットとデメリット
 
〇永代供養のメリット
永代供養のメリットは寺院や霊園に供養・管理をしてもらえるので、お墓の負担を減らすことができます。
 
ただし、供養にも回数制限や頻度が決まっていることが多いので、故人の命日など供養を希望する時期は事前に確認しておきましょう。
 
また、合同墓の場合は墓石代がかからないので、お墓を建てるよりも費用が安くなります。
 
家族に少しでも多くのお金を残したいと考えている方も多いと思います。
そういった時にお墓にかかる費用を削って、お墓の負担も減らすことができる永代供養は一石二鳥とも言えるでしょう。
 
〇永代供養のデメリット
永代供養で預かったご遺骨は、他の方と一緒のお墓で管理されます。
そのため、他の人と一緒にお墓に入るので、再び遺骨を取り出すことができなくなります。
 
ですので、永代供養で埋葬する際には、トラブルを避けるためにも家族や親族と十分に相談した上でお墓に入るようにしましょう。
 
 
◆ここまでのまとめ
永代供養は、これまで家族や親族への負担となっていたお墓の負担を寺院や霊園が代わりに担ってくれます。
 
そのため、自分のお墓のことを気にせずにお墓に入ることができます。
自分が亡くなったあとのことを考える際には、永代供養を考えてみてはいかがでしょうか。(スタッフ)

家族や親族の将来のことを考えた永代供養とは?

みなさんは、身の回りで親族が亡くなられた場合には、どのような供養の方法を考えられますか。
 
日本人が昔から行っているようにお墓に供養するのか、それとも霊園に供養するのかなど最近では永代供養という形態の供養もできるようになってきました。
 
その人の好みに合わせて、どのような選択肢を選べるようになってきた世の中ですが、選択肢を知っていなければ選ぶこともできません。
 
今回は、そんな様々な供養形態の中でも永代供養についてお話したいと思います。

2018416142548.jpg
 
 
◆永代供養とは一体何なのか?
これまでは、お墓を購入してそのお墓に亡くなると入るという形が一般的でした。
 
しかし、お墓参りをしたことのある方なら分かるかもしれませんが、墓地はどうしても郊外にあることや先祖からの続くお墓の場合には地方にあるかもしれません。
 
そうなってくるとお墓参りには、頻繁に行くこともできず、お墓の管理もずさんになっていっているのが現状です。
 
故人や祖先の供養をするためにあるお墓の管理がずさんになってしまうのは、故人や祖先に申し訳ないことです。
 
そこで、お墓参りが忙しくてできない、行けない方の代わりに寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法が永代供養です。
 
常に寺院や霊園が管理を行ってくれるので、もし自分が亡くなった時に、お墓などのことで残った家族に迷惑をかけたくない方やお墓を継ぐ人がいなくなり無縁墓地になることもありません。
 
こういった安心感から永代供養を選ばれる方も多くなっています。
 
 
◆永代供養は永代使用とは違う
永代供養と似た言葉に永代使用という言葉があります。
 
この2つの言葉を混同される方がいますが、この2つの言葉全く意味が違ってきます。
 
永代供養は先ほど説明しましたが、お墓参りが忙しくてできない、行けない方の代わりに寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法のことです。
 
一方で、永代使用はお墓を建てる際に使用される言葉です。
永代使用は、その土地を永代にわたって使用するために使用料を払って権利を取得することです。
 
お墓を建てる際に使用される言葉なので、供養の方法を調べられる途中で混同しやすいので気をつけてください。
 
 
◆ここまでのまとめ
ここまで永代供養についてお話してきました。
 
永代供養は、寺院や霊園が管理を行ってくれるのでこれまでのお墓よりも家族や親族への
負担が軽く、お墓を受け継ぐ必要もないので身寄りのない独身者や子どものいない方などは永代供養を考えていただくといいかもしれません。(スタッフ)

お墓の負担を軽くしてくれる永代供養とは?

みなさんは、永代供養をご存知でしょうか。
 
言葉だけなら、聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
日本では、これまでは先祖代々続くお墓に亡くなると祀ることが一般的でした。
 
しかし、近年では多くの人が、地方を離れて大阪や東京などの都市部に移り住むようになってきました。
 
その結果として、これまで先祖代々続くお墓は誰からも供養も管理もされなくなり無縁墓地とかしてきています。
 
そんな無縁墓地を無くすことはもちろんですが、やはり故人に想いを馳せる場所を無くさないためにできたのが、永代供養です。
 
ここでは、そんな永代供養について詳しくお話したいと思います。
 
2018416142440.JPG
 
◆永代供養とはどのようなものなのか?
これまでであれば、亡くなってしまうと代々受け継がれてきたお墓に埋葬されるのが一般的でした。
 
しかし、墓地の多くが地方にあることや交通の便が悪いところに多く、なかなかお墓の管理や供養をすることが難しいのが現状だと思います。
 
特に、大切な故人であるからこそお墓を常に綺麗にしてあげたいと思っていても、今住んでいる所から2~3時間もかけて行くとなると時間を作ることも大変ですし、時間があってもなかなか行こうとは思えないかもしれません。
 
永代供養では、供養やお墓の管理をお寺の方が家族や親族の代わりにお墓の管理を行ってくれます。
そのため、頻繫に墓地に行きお墓の管理をする負担が減り、お墓参りが必要な時や久しぶりに故人に想い出したくなったらお墓に訪れるようになります。
 
 
◆永代供養を選ぶことは、残される家族や親族にとっても良い
これまでのようにお墓を代々受け継ぐことももちろん大切な慣習ではあります。
 
しかし、亡くなる者にとってはいいかもしれませんが残された家族や親族にとっては、お墓を管理していくことは負担かもしれません。
 
特に、お墓を受け継ぐ者がいなくなり、自分のパートナーだけになってしまったときにお墓に埋葬してもらうことが本当に良いのかということなのかと疑問が残ります。
 
残された者にとっても負担が少ない方が今後の生活のためにも、そして故人のためにもなります。
 
 
◆まとめ
ここまで、永代供養についてお話してきました。
 
永代供養は、これまでのお墓よりも維持するための負担が軽いので、身寄りのない独身者や子どものいない夫婦の方などお墓を受け継ぐ人が少なくない方や受け継ぐ方が高齢の方になり始めているのであれば永代供養を考えるのもいいかもしれません。(スタッフ)

家族に迷惑をかけない永代供養の相場とは?

近年、昔のようにお墓を建てない方が増えてきました。
 
その中で、お墓を建てない、持たない形の1つとして永代供養という言葉を耳にされたことのある方も多いと思います。
 
しかし、お墓を持たなければ家族や親族に迷惑をかけずに済むので最近は特に永代供養を選ぶ方も多くなってきました。
 
しかし、気になるのが費用ではないでしょうか。
お墓に入った後もお布施代などの費用がかかることも聞くと永代供養に必要な費用はどのくらいなのか気になるものだと思います。
 
今回は、そんな永代供養の相場についてお話ししたいと思います。

2018416142322.jpg
 
 
◆相場を知る前に永代供養とは?
 
永代供養とは、寺院や霊園が遺骨を預かり、忙しい家族や親族の代わりに供養や管理してくれる供養方法のことです。 
 
お墓を建てるとどうしてもお墓を管理する必要性が出てきます。
お墓の管理を頻繁にするということはとても大変ですね。
 
その上、お墓を持つと次の代にお墓の管理を受け継いでもらう必要が出てきます。
そうなってくると、この少子高齢化社会の中でお墓を引き継いでもらえるのか心配な部分も残ることだと思います。
 
しかし、永代供養なら寺院や霊園が毎日管理しているので、お墓の心配をする必要もなく、お墓の引継ぎをする必要もないので、家族には時間のある時にお墓参りをしてもらうだけになります。
 
 
◆永代供養の一般的な相場は?
永代供養の費用は、一般的に10万円~150万円と大きく幅があります。
 
この幅ができてしまう理由は、大きく分けて3つの種類の永代供養のお墓が存在するからです。
 
 
1つ目は合祀墓です。
他の方と一緒にお骨を納められて合祀されるお墓になります。
 
他の人と共にお骨を納めるので通常の墓石より大きめの墓石や仏塔が造られていますが、一般的なお墓と同じように周りにお花を飾れる所があるお墓です。
 
 
2つ目は、納骨堂です。
お寺の本堂や室内に設けられた納骨堂で永代供養する形になります。
供養を室内で行えるので、天気に左右されずお墓参りをすることができます。
 
3つ目は、個別墓です。
将来的にお墓を受け継いでくれる人が身の回りにいない方で、知らない人と納骨されるのに抵抗のある方が選ぶことが多いです。
 
この個別墓は、墓石や区画を新しく必要とするので、永代供養墓の中でも相場は高い部類になります。
 
 
◆ここまでのまとめ
どのお墓に納骨してもらうかで費用は大きく変わってきます。
 
永代供養 天空陵では、間管理費0円、墓石、工事費、永代供養込みで、追加費用なしの40万円で永代供養を行わせていただきます。(スタッフ)

永代供養とは?永代供養にはどんな種類があるのか?

近年では、供養の形にも変化が生じるようになってきました。
 
依然として、祖先から代々続くお墓に納骨される方も多くいらっしゃる中で最近では、お墓を持たない形で永代供養をされる方が多くなってきました。
 
お墓を持たない形などは、一昔前では考えられないかもしれませんが、近年では、そうした形を利用される方が増えているのも事実です。
 
こうした永代供養の方法を選択する人が増えていますが、永代供養と言ってもいくつかの種類があることをご存知でしょうか。
 
今回は、そんな永代供養の種類についてお話したいと思います。
 
 
◆家族の負担を減らしてくれる永代供養
 
永代供養とは、供養やお墓の管理をお寺の方が家族や親族の代わりにお墓の管理を行ってくれる供養の方法です。
 
これまでは、家族や親族の負担になっていたお墓の管理をお寺が代行してくれるので、常にきれいな状態を保ってくれます。
 
これまでであれば、先祖代々続くお墓が地方にあるので、年に1度お墓参りができるかできないかという方も多くいました。
 
しかし、永代供養であれば常にお寺の方が管理をしてくれているので、時間が取れる時にお墓参りをするだけになるので、これまでに比べて負担がグッと減らすことができます。
 
2018416142227.JPG
 
◆永代供養の様々な種類
ここからは、永代供養の様々な種類についてお話したいと思います。
 
〇永代供養墓での永代供養
永代供養の種類の1つである永代供養墓です。
 
永代供養墓は、簡単に言うと寺院が管理してくれるお墓に骨を納骨するという形になります。
 
特に、永代供養墓の中でも知らない方と遺骨が一緒に供養される合祀型の永代供養は、多くの方がイメージされる永代供養の形だと思います。
 
このスタイルは、他の方と一緒のお墓に入ることになるので他の供養の方法よりも費用が少なくてすみます。
 
一方で、他の方と一緒にお墓に入ることが好きではないという方もいらっしゃると思います。
 
そんな方には、個別の墓での永代供養の形もあります。
家族単位や個人単位などお墓の種類も豊富にあるので、自分の求めるお墓を探してみるのもいいかもしれません。
 
〇納骨堂での永代供養
最近増えてきている永代供養の形は、納骨堂での供養方法です。
 
納骨堂は、室内の納骨スペースに遺骨を納骨、供養する方法です。
 
納骨堂の種類としては、ロッカー式や棚式といった種類も多くあり、交通の便が良いところにある場所が多いです。
 
 
 
◆ここまでのまとめ
永代供養の形も近年では、大きく変わってきました。
自分が亡くなった後に、家族に負担をかけないような供養の方法も増えているので、様々な方法を調べて、家族にあった供養の方法を選びましょう。(スタッフ)

4月28日、福岡の天神でシニアライフカウンセラーの講師をします


今年も4月28日に、九州の事務局様のご推薦でシニアライフカウンセラーの「葬儀・遺骨の弔い方」の講師をします。場所は福岡の天神で開催です。前回は30名以上の方で会場は満員御礼となりました。
 
これからはシニアと呼ばれる方々がいかに幸せな生活を続けるかということでアドバイスをする人を養成したり、自分が豊かに生きる知識として勉強したりと様々な方が参加されます。

201842492455.JPG
 
もちろん、認定試験があって後日シニアライフカウンセラーとしての認定書が送られてくるという資格を取れるしっかりとした会です。
 
自分の講義内容は、葬儀後どういうことをしなくてはならないのか?なぜ、新しい葬儀のスタイルが生まれたのか?どうすれば、老後の資金を守りつつ良い葬儀ができるのか?どうすれば理想のお墓を用意できるのか?などを、しっかり織り込みつつ講義するつもりです。
 
当寺は樹木葬、自然葬、永代供養などの部門で九州一の内容をだとという自負があります。最新の事情も踏まえ、シニアの方々が豊かで幸せな生活を送れるようにお手伝い出来ればと思っております。
 
興味がある方はお早めにシニアカウンセラー事務局にお問合せください。ちなみに、前回の講義後の皆様の声としましては、わかり易くて聞きやすかったと好評をいただいております。
 
最後に、お寺が皆様に全面的に協力していけば、法事や葬儀、お墓の建立、お墓関連の費用は10分の1程度に下がります。きっとこれは皆様の生活をより豊かにするはずです。是非この事実を多くの方々に知っていただけるようこれからも様々な会を通じて皆様に知っていただきたいと思うところです。
 
是非、興味がある方は聞きにきてください。
 
(住職)

永代供養も供養形態によって大きく変わってくる?供養形態とは?

自分が亡くなった後のことを考える終活が最近では盛んになってきました。
 
終活を考える上で、気になるのは自分がしっかりと供養してもらえるのかということではないでしょうか。
 
自分が亡くなった後のお墓を建てたとしてもお墓の管理をしっかりと行ってくれる人がいなければ、無縁墓地のような形になってしまいます。
 
そんことにならないためにも終活はしっかりと考える必要があります。
 
自分が亡くなった後もしっかりと管理してくれる1つの方法として永代供養という方法があります。
 
永代供養とは、寺院や霊園が遺骨を預かり、忙しい家族や親族の代わりに供養や管理してくれる供養方法のことです。 
 
この方法ならば、自分が亡くなった後の心配を深くする必要もなくなります。
 
今回は、そんな永代供養についてお話ししたいと思います。


2018416142024.JPG
 
 
◆永代供養の供養形態はどのような形なのか
 
永代供養とは、先ほども説明しましたが、永代供養は、寺院や霊園が家族や親族の代わりに供養や管理してくれますが、いくつかの形態があります。
 
ここからは永代供養墓と納骨堂の2つの形態についてお話ししましょう。
 
 
〇永代供養墓とは一体どんな形態なのか?
これまでは、家族や一族ごとにお墓を建てることが多くなっていましたが、永代供養墓では、寺院など管理しているお墓に入ります。
 
そのため、お墓を維持するのにかかる費用がかからないので近年問題になっている身寄りのない方や跡継ぎがいない方の無縁墓になることを防いでくれます。
 
お墓の種類は様々ですが、他家のご遺骨と一緒に入る合祀墓や個人や家族単位で通常のお墓よりも小さな個別安置型永代供養墓などがあります。
 
一般的なお墓を建てるよりも少ない費用で供養してくれるので、家族にできるだけ多くの財産を残してあげることにも繋がってきます。
 
 
〇納骨堂での永代供養とは?
納骨堂とは、室内になる納骨できるスペースのことです。
 
遺骨をお墓に納めるのが一般的でしたが、最近では納骨堂に遺骨を納骨される方も増えています。
 
納骨堂の種類としては、ロッカー式や棚式といったシンプルな形で遺骨を納めている場所も多くあります。
 
また、仏壇式や墓石式といった形の納骨堂もあります。
 
◆ここまでのまとめ
永代供養にもいくつかの形態があるので、自分の亡くなった後は永代供養とは言わずにどのような形態で供養してもらうのかもしっかりと考えておきましょう。
 
特に永代供養墓と納骨堂とでは、大きく形が違ってくるので確認しておきましょう。(スタッフ)

自分の死後に家族に迷惑をかけない永代供養とは?

みなさん、こんにちは。
 
みなさんは、自分が亡くなった後のことを考えたことはありますか。
 
自分の死後、自分の家族や親族には生前に多くの迷惑をかけたから、死んだ後ぐらいは迷惑をかけたくないと考えていらっしゃる方も多いのかもしれません。
 
亡くなった後に家族や親族の負担になりやすいのが、お墓や供養の方法です。
 
お墓は管理が大変で特にお墓が地方にある際には、お墓の手入れをするために移動する必要があり、わざわざ時間が取らないといけない場合もあります。
 
今回はそんな負担を家族にかけない供養の方法として永代供養についてお話ししたいと思います。


2018416141757.JPG
 

◆家族に迷惑をかけない永代供養とは?
永代供養とは、お墓参りが忙しくてできない、行けない方の代わりに寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法です。
 
これまでのように祖先から代々続くお墓に入る場合には、どうしてもお墓を管理する人が必要でしたが、どうしてもお墓を管理する負担がかかってしまいます。
 
また、お墓をしっかりと受け継いでもらえないと無縁墓となってしまいかねません。
 
そういった不安を解消してくれるのが永代供養です。
 
お寺の方が常に管理、供養してくれるので家族や親族に迷惑をかけることなくお墓に入ることができます。
 
また、お墓を次の世代に受け継ぐ手間もかからないので、無縁墓になることもありません。
 
これまでのお墓であれば、維持するために必要になっていた手間を永代供養であれば、お寺が担ってくれるので、家族に迷惑をかける心配もありません。
 
 
◆合祀型の永代供養を選ぶことで家族に残せる財産も増える
 
お墓を建てるとなるとこれまでなら、どうしても費用がかかっていました。
しかし、合祀型の永代供養を選ぶことでこれまでかかっていた費用がグッと少なくなります。
 
理由は、合祀型のお墓はお寺が管理しているお墓で他の方と一緒に遺骨を納骨して供養する形になります。
 
他の方と一緒にお墓に入ることに何の抵抗もない方であれば、費用が少なくて済むので家族に残すことのできる財産も多くなります。
 
この先の家族のために、一円でも多く家族に残したい考える方にはこの型の永代供養はいいかもしれません。
 
◆ここまでのまとめ
ここまで永代供養についてお話ししてきました。
自分が亡くなった後に家族に迷惑をかけずに生活を送ってもらう1つの方法としては永代供養は良い方法ではないでしょうか?
 
もし、終活をお考えの際には永代供養を選択肢の一つとして考えてみてください。(スタッフ)

永代供養の相場っていくらぐらい?管理料はかかる?

皆さんは、永代供養の相場をご存知でしょうか?やはり永代供養自体がそこまで知られているわけではないので、知っている方は非常に少ないのではないでしょうか。
そこで今回は永代供養の相場についてご紹介させていただきます。
 
2018311114649.JPG
 

◆永代供養について

 
永代供養とは、寺院や霊園が、身内がいない方のために遺骨を預かり、供養や管理を代行してくれることです。
最近では、供養に対する意識の違いや、お墓の継承者や管理者がいないことが増えてきているので、お墓の必要のない供養方法として注目されています。
子供が遠方に住んでいる場合など親族に管理の負担をさせたくないと考える方も多くいるので、お寺に任せられる安心感が、永代供養の需要を高めています。
 

◆永代供養の相場

 
お墓を新しく建てるには、墓石が全国平均134万円と永代使用料が全国平均77万円など、高額な費用がかります。
永代供養ならお墓を用意する必要がなく、費用を抑えることができます。永代供養にかかる費用は一般的なお墓と比べると安価です。
 
その理由は埋葬方法にあり、永代供養ではご遺骨は他の方と一緒にされるのが一般的です。合祀というのですが、骨壺から焼骨を取り出し、生前全く関係のない方のご遺骨と共にひとまとめに埋葬する方法のことです。
いろいろなタイプの永代供養があるので、種類別に相場をご紹介していきます。
 

★合葬墓

多くの人々と共同でひとつのお墓に遺骨に入れ利用します。埋葬後はお寺や霊園に任せることができるので、管理や費用の心配は一切いらず、安心して任せることできます。
相場目安:20万円前後
立地やつくりによって違うので幅があります。年間管理料などの維持費はかかりません。
 
★単独墓
 
個別のお墓を建てて本骨を納骨し、胴骨は共同の納骨室に収蔵してもらえるものです。
期間的には33回忌までの所が多いです。
相場目安:50万円前後
 
★集合墓
墓石は一つで、その下に納骨するような個別に分かれているような墓です。
期間はこちらも33回忌までの所が多いです。
相場目安:30万円前後
 
◆永代供養を検討するならするべきこと
遺骨の供養は永代に渡ることなので、ご自身や大切な家族と相談し、しっかり検討しましょう。
電話で問い合わせる、資料を請求する、実際に足を運んでみるなどしてご自身で確かめてみましょう。
 
 
今回は永代供養の相場についてご紹介させていただきました。
永代供養にも様々な種類があるので、ご自身の希望に合ったものを選ぶことをおすすめします。参考になれば幸いです。(スタッフ)
ページ上部へ